今年もスタート!宮古市 “ さんまふるさと便 ”

皆さま

こんにちは。菊地です。

 

 

猛暑も落ち着き秋の風を感じられるようになった今日この頃。

岩手県宮古市から今年もあの旬の○○○がやって来ます!

『宮古さんまふるさと便』

 

受付期間は10月10日(月・祝)まで!私はすでに注文済み!

脂ののった新鮮なさんまを是非この機会に味わってみてください!!

新鮮なのでお刺身がオススメ!

もちろん焼いても揚げても美味!!

申込用紙は当駅情報コーナーにも設置していますので興味のある方は是非どうぞ。

 

 

 

その“さんまの名産地”宮古市なのですが・・・

今回の台風10号により甚大な被害を受け、今現在も復旧に追われている状況。

(台風被害を受けた宮古市役所前の様子)

 (宮古市街地の様子)

『さんまふるさと便』を受け付けている宮古水産物商業協同組合の島香さんに連絡して状況を確認。

島香さんの元気な声を聞けて何だかホッと一安心。島香さんの会社も冠水し今も復旧・清掃作業に追われているようでしたが『さんまふるさと便』に関しては受付続行とのこと。

宮古市にある母の実家は何とか無事でしたが、私の同級生の1人は勤務先が被災し毎日泥の排除作業や瓦礫などの撤去作業で肉体的、精神的にも大変だと言っていました。

見慣れた地域が変わり果てた姿で放送され、何もできずにただただテレビに食い入るだけの自分がもどかしいです。

 

このたびの台風により被害を受けられた皆様に対しまして心よりお見舞いを申し上げます。
また、お亡くなりになりました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族、ご友人の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
一日も早い復旧と復興を心からお祈り申し上げます。

 

 

5年前に発生した東日本大震災で巨大地震と巨大津波の被害を受け、今もまだ復興と復旧段階の中でのこの自然災害。

 

これまでの台風は西日本付近への上陸が多く見られましたが、台風10号に関しては今までに例のないルートで急速に発達しながら・・・そして“迷走”しながら列島を北上し東北へ観測史上初の上陸。記録的大豪雨のため発生した川の氾濫、堤防の決壊などが相次ぎ“想定範囲外”の被害をもたらしてしまいました。

 

自然災害はいつどこで起きるか誰にも分かりません。

今回の岩手県の台風被害も誰も予想だにしていなかったと思います。だから起きてしまった『まさか』の災害。

どんな場所でも自然災害は起こるということは忘れないで欲しいです。

海がそこにあるなら“津波”“高潮”
山があるなら“なだれ”“土砂崩れ”“噴火”・・・
川があるならば“水害”“氾濫”などなど・・・

自然災害に関しては“過信”は絶対にせずに、万が一何かが起きたとしても落ち着いて対処、避難できる体制を整えておくことが大切ということを、まざまざと思い知らされた今回の台風被害。。。自然はいっさい容赦しませんからね。。。

 

津波に打ちのめされ

そしてこうして台風の被害にも負けずに踏ん張りながらも日々頑張っている東北の自慢の旬の幸“新鮮さんま”を是非この機会にご堪能いただき東北にエールをお願いします!!!!

菊地でした!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>