出ましたー⸜(´ ˘ `∗)⸝*¨*•∗記念のゴールデンきっぷ✨

皆さま こんにちは!
菊地です🙋

まだまだ暑い日が続きますが最近の朝や夜は涼しく過ごしやすくなってきたように感じます✨

今日の豊北町は快晴☀
美しい景色が今日も目の前に広がっています(´▽`)

さて・・・

全国には1145駅もの道の駅が点在しているのはご存知でしょうか?
今ではドライブしていると本当に多く道の駅に立ち寄りできるくらい「道の駅」の存在は私たちにとても身近な場所になって来ていますよね♪

私も昔から道の駅を発見したら必ずと言っていいほど立ち寄り、ご当地ものなどを味わったりするのがもはや日課のよう( ´艸`)

そこにしかないもの✨って魅力的ですよね♪

皆さまは「道の駅記念きっぷ」って知っていますか??
販売していない道の駅もあるようですが、だいたいの道の駅では販売しているその駅オリジナルの記念きっぷなのですが・・・

中身を開けて見るとなかなか奥が深い・・・(/・ω・)/💦
コレクターやマニアも収集に凝るのが何だか分かるような気がしたのはまさに今日!!!

今日道の駅記念きっぷを購入された女性が手にしたのは「2222」のゾロ目のきっぷ✨

そうなんです!ゾロ目や連番の記念きっぷは何と!
GOLDきっぷなんです(*´▽`*)✨

GOLDきっぷの他にも道の駅ロゴマークの部分が赤色や緑色、青色のきっぷもあるんですよ~|•’-‘•)و✧
カラー切符は100枚に1枚の割合で出現します♪

記念すべきこのゴールドの記念きっぷがいつ出るかと今日はドキドキ💕していました~( *´艸`)

ゾロ目や連番の記念きっぷを購入された方には記念品として切符フォルダーも贈呈されます♪

思いがけずゴールド記念きっぷと記念品を手にされたお客さまはこちらの美しい女性✨
本当に思いがけずの出来事で、さらに初めてのGOLD記念きっぷとのことでとても喜んでいました💕

次のGOLDきっぷは「2345」🌟

この記念きっぷを手にするのは誰なのでしょうね~٩(*´∀`*)۶楽しみ🎶

皆さまも記念の1枚
いかがですか?

菊地でした🌟

 

秋桜のお祭り

皆さまこんにちは、平田です。

今朝は鮮魚コーナーにこんな商品が並んでおりました。

小さいアワビだと思いましたか?

実はこれ、トコブシという貝なんです。

この辺りではセンネンと呼んだりもします。

よくアワビの子どもと間違えられますが種類の違う貝なのでお間違えなく。

焼いたり、お刺身でも食べられますが

やはり煮付けが美味しいですので、ぜひご賞味ください。

 

さて、先日までの酷暑とも呼ぶべき暑さから一転

どこか涼しげな風が吹き、ともすれば秋がきたかな、

とさえ勘違いしてしまいそうです。

夏祭りも各地で行われ、残すところもあと少しといったところでしょうが、

本日は少しずつ近づいてきた秋のお祭りのご案内。

お隣豊浦町で行われます「コスモス祭り」

一面に咲いたコスモスを眺めながら、イベントや美味しいものが楽しめますよ!

また会場のリフレッシュパークには楽しい遊具もありますので、

お子さまといっしょに行ってみてはいかがでしょうか?

八+十+八=米

みなさま、こんにちは白石です。

本日、8月18日はお米の日です。

何故この日が米の日なのかと言いますと、タイトルにもありますが、米という漢字を分解してみてください。『八』『十』『八』と分解できます。この分解してできた数字の部分を818と見れば8月18日になるわけです。また、8プラス8ということで、8月8日がお米の日という説もあります。

お米の日は誰が制定したのかというのはありません。自然に発生した記念日だと言われています。

また、もう一つの理由に米作りは88の手間がかかると言われている事が8のつく日がお米の日になったという理由もあります。

しかし、いくら記念日だからと言って8月は収穫の時期から一番遠い米を食べている時期です。

この様な時期にお米を美味しく食べるコツを紹介いたします。

古い米を美味しく食べるコツ。

①米を洗い冷たい水に30分以上つける。

②1合の米につき30g程度の氷を入れる。

③氷をいれたまま目盛り通りの水を入れる。

④後は普通に炊くだけ。

この方法で炊くと古い米も新米同様のモチモチのお米が炊けるようです。しかし新しい米でこの方法で炊いても別に美味しくなるわけではないのでご注意を。

また、道の駅北浦街道豊北では、普通のお米だけではなく古代米や米粉を使ったお菓子なども販売しております。

たまご農家が、「米たまご」をたっぷり使って、バウムクーヘンを自社工場にて製造。バウムクーヘンは、県産米粉を使用してグルテンフリー(小麦不使用)ですので、健康志向の方や小麦アレルギーの方にも安心して召し上がっていただけます。

山口県の米粉と自社農場の卵をたっぷり使って焼き上げた、
たまごの風味豊かになっています。こちらも小麦粉は使用していないグルテンフリーの商品です。

興味のある方は、ぜひ記念日におひとついかがでしょうか。

豊北梨!待望の「豊水」の地方発送まもなく!

おはようございます。橋本です

台風15号から16号、17号、18号、19号と立て続けに発生していますね~

また19号の下から20号も発生しそうだとの事・・・・被害少なく去ってくれればいいのですが・・・・。皆さまも台風情報、防災情報等に十分お気をつけ下さいませ

豊北町は昔から自然災害が少なく、今回の15号や18号も雨が降って少し風が強かったくらいで過ぎ去り、今日は朝から雲の少ない良いお天気に恵まれています

そろそろ秋の気配か、昨日、今日と朝からとても涼しく思えました。まぁこれからの時間で暑くなるんでしょうけども~今までは暑さで目を覚ましていた分、秋に近づいているのを感じますね~

秋と言えば豊北町では『梨』が最盛期

現在、豊北梨組合さんでは梨の地方発送を受け付けております

もちろん道の駅ほうほくでも梨の地方発送を承っておりますよー

現在は「幸水」ですが、8月22日(水)から人気の「豊水」が選果が始まります

豊水は人気が高く、「幸水」と「イ-33」(「いしいわせ」×「にじっせいき」)の交雑によって生まれたと推察されています。平均の重さが350g~450gで幸水より少し大きめになる品種で、果肉は果汁が多く、非常に糖度が高くなる傾向にあります。その分酸味も伴い、全体として濃厚な味わいになっています

地方発送は受付日の一番近い選果予定日にもいだ物を発送しますので、贈答やお土産にぜひお買い求めくださいませ~

 

夏休み終盤☆手づくり雑貨体験教室 受付中

こんにちは 中野です

 

お盆休みが終わり、今日からお仕事再開という方も多いのでしょう。

道の駅ほうほくも 昨日までのにぎわいに比べるとほんの少し落ち着いています

 

帰省された方、国内外へ旅行された方 など 様々いらっしゃる中、

なんと “ ほっくんの大ファン ” という女性 から こんなに嬉しい写真を送っていただきました

Processed with MOLDIV

ほっくん、旅のお供をする。

ほっくんが大好きというこの女性は、この夏 海外へ出かけられた際に 愛用のキャリーケースとリュックサックを ご覧のように ほっくん仕様にデコってくださったそうなんです

ほっくん、 海を渡ってからも 現地の方とのコミュニケーションに役立っているそうで、新しいお友達作りのきっかけ にも 大活躍とのこと  ほっくん☆超感激 のお便り、ありがとうございました

 

さて、 お盆が過ぎて お子さまが夏休み終盤戦に突入

宿題のやっつけ方には、いろんなタイプのお子さんがいらっしゃると思いますが(笑)、私も自分の時代を振り返ってみると、 工作と読書感想文がいつもギリギリまで片付かなくて 半泣きになるのが 8月終わりの風物詩でした

 

・・・そんな 私と同じようなタイプのお子さまに “ 朗報 ”

8月25日・26日  10時~15時(荒天中止)

道の駅ほうほく 手づくり雑貨体験教室  開催

ただいま ご予約受付中 

道の駅ほうほく出荷者協議会工芸部会の主催で、 

サマースノードーム イヤリング や ピアス 造花  などを 手づくりできる体験コーナーが 2日間にわたって 交流広場に登場します 

体験料 は 500円~800円(体験内容によって異なります)

当日飛び込み参加もしていただけますが、いずれも定員に限りがございますので、ご予約されることをおススメします

当日は 対象の工芸品500円以上のお買い上げでガラポン抽選会 にもご参加できます

 

8月25-26日 道の駅ほうほく 手づくり雑貨体験教室

ご予約・お問い合わせ先  083-786-0111

 

 

TSUNOSHIMA JAM2018@晴ル家 今年も開催!

皆さま こんにちは!
菊地です🙋

お盆に入り連日多くのお客様で賑わいをみせている豊北町。
昨日がピークだったのでしょうけれど、本日も朝からたくさんのお客様で賑わっています!

ありがとうございます✨

お盆の時期の人の多さに本当に毎年毎年驚かされます💦

昨日はやはり・・・角島大橋の上は車が太陽に反射してキラキラ・・・の数珠繋ぎ状態( ˙◊︎˙◞︎)◞︎
思いがけず渋滞に巻き込まれた方は前に速やかに進みたくとも進めず・・・しかも後戻りもできずで車中での滞在時間は何とも言えない心境だったこととは思いますが・・・

普段は車でものの3分ちょっとで渡り切ってしまう角島大橋からのパノラマビューを「もう結構です~(;’∀’)💦」と言うほど堪能できたと・・・思います(;’∀’)

一本の橋なので渋滞が回避できないのが難点ですが、時間帯によっては比較的スムーズに角島と本土側を行き来できるので、やはり渋滞のピークを迎えるお昼頃は避けて早め早めのご移動をお勧めします!

さて!!

本日のブログは夏らしくここ豊北町のメインランド“角島”の目の前で行われる素敵なミュージックイベントのご紹介٩(*´∀`*)۶🎶

昨年角島を望む丘の上に建つ素敵なカフェレストラン「晴ル家」で開催された
豊北町地域活性夏音楽祭 “ TSUNOSHIMA JAM ”♪

その時に出演したアーティスト

♪一生いっしょにいてくれや~♪

のフレーズで一世を風靡した当時の三木道山はDOZAN11として生まれ変わって活動中なんです✨

今年もそのDOZAN11(ex三木道山)がやって来ますっっ|•’-‘•)و✧YES

DOZAN11を筆頭に、夏のBGMとして様々なワンシーンを彩るにははずせないMUSICと言っても過言ではないレゲエサウンドを様々なアーティストが時を奏でます✨

迫力あるステージを目の前で楽しむことができますよ

晴ル家さんには本当に美味しくて目でも楽しめるメニューがたくさんありますが・・・私は必ずといっていいほどラーメン(大盛り)を食べます( *´艸`)

魚介と鶏の特製ダブルスープが絶妙なんですよ~✨

TSUNOSHIMA JAM2018は8月26日(日)に晴ル家で開催!
会場OPENは12時から!!
ライブは13時30分からスタートです🎶

美味しい料理と目の前に広がる角島と海の絶景を堪能しながらゆった~りまった~りと生のステージを見て、サウンドにのって・・・夏を満喫してみてはいかがでしょうか??

お問合せはこちら
「晴ル家」
℡:083-786-0123

チケットはこちらからも購入できますよ♪⇒http://tsunosimajam2018.peatix.com

菊地でした

 

 

長門ユズキチ、初入荷!

皆さまこんにちは、平田です。

ふとカレンダーをみると、ちょうど一週間前は立秋にあたる日だったんですね。

月日が経つのは早く、カレンダーには既に秋の文字が。

しかし、現実に目を向けると今日もまた相も変わらずに続く、暑さ&熱さ。

立秋を迎えると、以降は暑中見舞いではなく、残暑見舞いになるのですが

はたしていかがなものでしょうか。

そんなお客様の火照りを少しでも和らげようと、道の駅ほうほくでは

期間限定、冷水サービスを行っております!

キンッキンに冷えたお水で一時の涼をお取りくださいませ!

さて、本日は今シーズン初入荷のこちらをご紹介

長門ユズキチ

見た目はユズに似ていますが、

ユズよりもひと月ほど早く搾汁できるのがこのユズキチの特徴です。

さらに中を割って見ると……

ほとんど種がなく、果汁がぎっしりと詰まっています!

そして切った瞬間、あたりに広がる爽やかな香りがなんとも言えません。

使用方法は様々で、

皮ごとすりおろして冷奴やソーメンの薬味

鍋物・刺身・焼き魚・酢の物にしぼって

果汁を氷と砂糖に混ぜてスカッシュに

焼酎・紅茶などに輪切りで

等々、その他どんなものにも合う、まさに天然の調味料ですね。

さらに道の駅ほうほくには、そんなユズキチを使った商品のございますよ。

道の駅ほうほくのスタッフにもファンが多い長門ユズキチ。

是非一度ご賞味くださいませ。

迎え火や精霊馬

みなさま、こんにちは白石です。

早いもので、もう8月も折り返し間近になりました。

本日8月13日はお盆の入りとなっています。

今回はお盆の風習を少し紹介したいと思います。

お盆の風物詩でもある「迎え火」と「送り火」について紹介したいと思います。

迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。一般的には、盆入りの7月または8月13日の夕方に行われます。前日の12日に行う場合もあります。この日をお盆の迎え日とも呼びます。

送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です。一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。

送り火は、一般的に8月16日の夕方に行われます。前日の15日に行う場合もあります。この日をお盆の送り日とも呼びます

次に精霊馬です。

九州地方出身の方などは、お盆の時に飾る
なすやきゅうりと言われてもピンとこない人が多いそうです。

精霊馬を飾る習慣は日本全国にあるものではなく、西日本ではほとんど行われていません。

西日本では精霊馬で先祖を送り迎えするのではなく、精霊舟で送り迎えするようです。精霊馬は、お盆のお供え物のひとつで、精霊棚に飾り付けます。

きゅうりとなすを用いて作る、馬や牛型の人形のことをいいます。割りばしや爪楊枝などを利用して、それぞれの野菜に足を刺して作ります。

それぞれの動物は、祖霊の乗る乗り物に見立てられています。

また、迎え盆に牛を作り、送り盆に馬を作るなど、地域ごとに作る順番もさまざまです。
馬は早く先祖の霊に帰ってきてほしい、牛はゆっくりあの世へ戻ってほしいとされているところもあれば、ゆっくり丁寧にお迎えしたいから牛で迎えて、急いで帰ってもらうために馬をお供えするという逆の地域もあります。

作り方は、まずキュウリ1本、ナス1本、割り箸(つまようじ)2膳(割り箸)、8本(つまようじ)を用意します。

次に(割り箸の場合)馬、牛の足となるバランスを考えて長さを整えるようカットします。

最後にキュウリ、ナスのヘタ側を頭部に見立て、割り箸(つまようじ)を足の位置へさします。これで完成となります。

簡単なので、道の駅のキュウリやナスを使って作ってみてはどうでしょうか。

また、道の駅北浦街道豊北ではお盆お供えする植物としてシキミやシバなども販売しております。

人気の為お早めにお買い求めくださいませ。

村林さんのほうほくメロン

こんにちは 中野です

 

台風の影響でしょうか、 昨夜は 蒸し暑くて寝苦しかったです

寝起きもスッキリしなかったので、 出勤前にリフレッシュ

 

Processed with MOLDIV

こちらは 美祢方面から豊北町へ続く国道435号線の途中、

少しだけ山あいに入った場所にある 農業公園 “みのりの丘” 

公園内の大きな池に咲く 蓮の花が 見頃を迎えているようです

今日は朝から気温が高くて暑かったのですが、 蓮の大きな花と大きな葉が 風に揺れて とても涼しげに感じました

農業公園 “みのりの丘” は 道の駅ほうほくから 美祢・豊田方面へ 車で約20分(国道435号線)、途中に案内板がございます 30m四方ほどの池一面に花が咲いている様子は、見事です よろしければ ぜひ 足を伸ばされてみてください リフレッシュ

 

さて、今朝 開店直後のほうほく夢市場には、

地元 豊北町・村林さん(村林農園)の メロンなんと 約60個 並びました

地元産(新鮮)で お値段も 400円~1000円程度 と 大変お求めやすく、 “お盆の御供え用”にと ご近所の奥様方をはじめ、開店からご来店くださったお客様に大人気

村林さんのメロンは、 今日から 8月15日まで 通常より多めに入荷予定です  売り切れゴメン 

お盆の時期ですので 午前中 早い時間に なくなってしまいそうです 村林さんのメロンに会いたいわ~という方は、どうぞお早めにご来店くださいませ

 

豊北のアカモクで新商品~( *´艸`)

こんにちわ、橋本です

お盆休み初日!!!今日から故郷へ帰省する方も沢山いらっしゃるようで、お天気も良く、道の駅ほうほくにも朝から沢山のお客様で賑わっております。特に今日は、菊の切り花やシバ、榊を販売していますが、出荷者さんが持ち込んだ途端、売り切れ御免の完売状態となっていますので、売り切れの際はご理解ください。

さて、本日は賑わう店内で何か紹介できるものがないかと彷徨っていると、カメラを持つ私に出荷者さんが「何の写真撮りよるん?」と声をかけてくれ、そして手に持っているものを見せてくれました。そこにあったのは・・・・。

これから旬を迎えてくる『栗』!!!まだまだ青い手の平サイズの毬栗でした~声をかけてくれたのは、お土産用の焼き物を出していらっしゃる出荷者さんで、ご自分の作品に乗せて可愛く演出してらっしゃいましためっちゃ!可愛い~

これ以外にも、お土産に嬉しい、縁起物!無事カエルくんもおススメです

そして、本日から発売開始!!!!

吉田水産さんから『あかもく香り佃煮』!!!!!

豊北町産のアカモクを使った新商品になります。甘辛めの味付けとネバネバが白いご飯にあうっ!!!!

アカモクは、フコイダンやフコキサンチン、食物繊維、ビタミンK、ポリフェノールが豊富でそれらは、免疫力の向上や健胃作用、抗アレルギー効果、肝機能向上、抗がん効果、脂肪燃焼作用、糖尿病の予防、美肌、アンチエイジング等々の効果のあるそうで、健康食品として注目されている食品です

道の駅ほうほくでは、阿川漁協さんが出している湯通し細かく刻んだだけのアカモクもあります。自分好みの味付けをしたり、お味噌汁の具やお好み焼きの具にもできます

豊北町産のアカモク!ぜひお土産にどうぞ~