記録すべきサバー様

葦原中國者、磐根・木株・草葉、猶能言語。夜者若熛火而喧響之、晝者如五月蠅而沸騰之(『日本書紀』神代下)

 おはようございます。山田です。今朝の道の駅豊北、雲はあるけど晴れています。明日から寒くなるそうですが、道の駅豊北も明日1/24は定休日。お買物はお早めに!

太翔館展示 サバー送り

 2023年1月23日、文化庁の文化審議会が「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」として選択した3件の中に、「北浦地方のサバー送り」が選ばれました。そう、豊北町ではいつの間にか道端に居て、気づいたら消えている、不思議な藁のアレ。

 「北浦地方のサバー送り」は、長門市から下関市にかけて広域的に行われる、虫送りの行事です。田植えの後、「サバーサマ(サバー様)」「サネモリサマ(実盛様)」という騎馬武者姿の藁人形2体を、住民がリレー式に順次、ムラの外に送り出し、害虫を追い払い、無事な生育を祈願するもの。

長門市の飯山八幡宮をスタートして、豊北町域まで移動し、時には豊浦町域にも進み、最後は海に流されるとか。これだけ遠くまで送り継がれる例は、全国的にも稀だそうです。生業の変化や過疎化によって、藁人形の作り手の高齢化や運び手の減少が進んでいることから、早急な記録の作成を必要として、今回選択されました。

葦原中國者、磐根・木株・草葉、猶能言語。夜者若熛火而喧響之、晝者如五月蠅而沸騰之(『日本書紀』神代下)

葦原中国(あしはらのなかつくに)は、岩や木や草までよくしゃべる。夜は炎のようにやかましく、昼は五月蠅(さばえ)のように騒がしい。

 今回の冒頭は『日本書紀』神代下から。天の神様が、天上から後に日本となる土地を眺めて発した台詞。「騒がしく落ち着きのない国をひとつにまとめて行かなければならない」とする場面で、騒がしい例えとして「五月蠅(さばえ)」という言葉が使われています。

太翔館展示 サバーサマ

 現代の豊北町では、「サバーサマ(サバー様)」の「サバー」は稲につく害虫ウンカのことですが、およそ1300年前に書かれた『日本書紀』にある古い言葉。日本は古くから、稲作によってたつ国だったのです。

 「サネモリサマ(実盛様)」は、源平合戦の時代の武士・斎藤実盛(さいとうさねもり)。加賀国(石川県)篠原合戦で、乗っていた馬が稲の切り株につまづいて討死したので、怨んで稲につく害虫となったという伝説があります。

文化庁HPより 文化財体系図

 「文化財」とは、我が国にとつて歴史上、芸術上、学術上価値の高いとして認められたもの。サバー送りのような生活に根差した行事は、「国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの」として「民俗文化財」と呼ばれます。サバー様は、建物や民具と異なり、行事そのものは形のないものなので、「無形民俗文化財」に分類されます。

 「北浦地方のサバー送り」は、2009年、山口県によって文化財に指定され、今回は国によって「特に記録作成などの必要のあるもの」として選択されました。今記録しておかないと、いつなくなるかわからないサバー送り…夏に豊北町へお越しなら、ぜひサバー様に見参を!

道の駅豊北お米売り場

 道の駅豊北では只今、サバー様に守られた豊北町の田んぼで作ったお米を販売しています。こちらもぜひ☆

ええ子にしちょったから⁉ 夢が叶いそうです

こんにちは 中野です

 

唐突ですが、 皆さまにとっての「ごはんのお供」って何が思い浮かびますか?  海苔? お漬物? 山口県民なら、しそわかめ??

先日のニュースで知ったのですが、総務省の調査によると、ご飯のお供の代表格ともいえる「梅干し」の 1世帯あたり(※)の消費量が ここ十年で約40%も減少しているんだとか・・・  (※) 2人以上

私は、特に体調を崩した時なんかは 梅干しくらいでしかごはんが喉を通らないくらい助けてもらっているんですが、 統計の中身をもっとみてみますと、 29歳以下の若い世代の消費量が年々減っているようです。(2021年では、70代以上が834グラムに対して、29歳以下は303グラム)

梅干し独特の強い酸味が苦手!という方が若い世代に多いそうで、「え、 あの酸いぃぃ~~のがイイのに!」と 感じる私はずいぶん大人になりました笑   

ほうほく夢市場には、豊北町内のお母さん・おばあちゃん世代の生産者さんが手づくりされた昔懐かしい梅干しも並んでいます。写真を眺めるだけで ツバが出てきちゃいますが笑、 あの「酸っっっぱ」さが 体調を整え、疲労回復につながります、さぁ、食べましょう

 

*******

さて、 実は 今月、 私の長年の夢の一つが叶います! 昨日、その観覧チケットを求めて、下関市 市民プールへ行きました

下関にサーカスが やってきた!

3月6日まで、ワールド・ドリームサーカス 下関公演 が開催中🤡 もう知っちょるいね!という声も聞こえてきますが笑、 場所は 下関市長府にある「市民プール」駐車場の大テント特設会場(下関ボートレース場・JR長府駅から車で3分)。

子どもの頃から「一度はサーカスを観に行ってみたい」と 思っていました ええ子にしちょったらサーカス観に行けるよ!と、ウン十年前の私に教えてあげたい笑

 

ここで、皆さまにも朗報がございます🤡

道の駅北浦街道豊北の情報コーナーには、ワールド・ドリームサーカス下関公演の割引券を置いております。「エール券」というコロナ禍復興応援券で、通常料金より大変お安く観覧申込ができます。

お申込み方法や公演日程等の詳細は、公式HPをご確認ください

https://world-dreamcircus.jp/shimonoseki/

 

昨日、チケットを買いに行った時に、運よくピエロ(と思われる風貌の方)に遭遇しました 手を振ったらウインクしてくれました ♪ キュンでした笑

 

 

 

重要文化財の105、さらに12。

こんにちは 中野です

 

皆さま、昨日-1月11日は 鏡開き🍊されましたか?

私の家では、夕飯をしっかりと食べた後、さらにしっかりとぜんざいにお餅を入れて食べました たしか、胃袋は七草粥でリセットしたはずなのに・・・笑

 

 

*******

とはいえ、甘い物は極力控えなければならないお年頃。ほうほく夢市場には そんな私の強い味方が増えました

山口県・日本海産

荒波のまるごと うるめ ジャーキー

ちょっと小腹が空いた時とか、お酒のつまみにも(少し炙ったりして)丁度いいんですよ。味も濃くて。健康には「咀嚼」も大切だ、という話もありますが、このジャーキーもしっかりと噛んで味わって食べられます! おすすめです!!

 

*******

さて、

まだなんとなくお正月気分が抜けきれない自分に気合いを入れなければ・・・ と、思い、 登りました。

2019年1月以来、3年ぶりです

令和2年 国 重要文化財指定

角 島 灯 台 

重要文化財でありながら、今も現役で稼働している角島灯台。初点灯は明治9年3月ですので、かれこれ145年余り 船の航行をサポートしているんですね。

 

登 り ま す 。

まずは、螺旋状の階段が延々と105段ほど続きます。2人がようやくすれ違えるくらいの狭さです。途中、「半分です」「あと20段です」といった貼り紙に励まされます

 

登りながら、レトロな窓からはこんなふうに日本海も見えます。

 

 

ハァ、ハァ、と息切れしながら登りきった105段ですが、最大の難関はここからさらに登る12段。

ほぼ真上に登る感じですね。このロープがなければ、私は上まで行けないと思います💦  ちなみに、降りる時はもっとスリリング

 

*******

心身ともに疲労を重ねて!? たどり着いた場所ではこんな絶景に出会えます!

こんなにも輝く!?というくらいお日さまのラインが美しい

 

先方には大浜海水浴場。さらに奥に見えるのは牧崎風の公園。

 

第一等フレネルレンズという多面式のレンズは、1874年にイギリスで設計・製造されたものが今も現役で使われています。階段をのぼり、レンズ近くにたどり着くと、「グォングォン・・・」という重厚な機械音が鳴り響きます。

 

 

下をのぞけば、ちょうど見頃となった水仙の丘。

 

角島灯台の参観料は、 大人(中学生以上)300円です。現役の重要文化財ですよ、ぜひ一度は中に入ってみていただきたいです

悪天候の日は参観中止になることが多いですので、おだやかなお天気の日をおすすめします♪

 

 

 

 

 

女神もほろ酔い⁉の限定酒、あります

2023年初登板の中野です

本年も クスッと笑っていただけるようなブログを発信してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします

 

*******

豊北町のお正月は、三が日とも快晴 

極寒だった昨年のお正月と比べれば寒さも幾分ゆるやかで、たまに薄着のお客様もお見かけするほどです

レストラン・わくわく亭からは、 お食事とともに 道の駅自慢のこのすばらしい景色もお楽しみいただけました ♪ 何年も勤めて見慣れている私でも 思わず足をとめて感動してしまいます

 

あらためてのご案内ではありますが、 いい日和の時には、 視界の一番先に「角島大橋」も くっきり見えます

平成3年(1991年)着工・平成12年(2000年)完成・全長1,780m・橋脚は28本(基)(←情報コーナーではあまりご質問を受けたことがありませんが、ご存知ですか?)

この橋がなかった頃は、1日7便くらいの町営渡船が角島~本土間を連絡していました。私も渡船に数回ほど乗船したことがあって、100% 船酔いしていた苦い思い出があります笑

 

*******

角島大橋までは道の駅から車で約10分、橋を渡ってさらに5分ほどでたどり着く「角島灯台」では、 スイセンが開花しました ❁

豊北町観光協会さんインスタグラムより

角島灯台のスイセン 見頃は1月中旬

冬の日本海、冬の角島、、、 お察しのとおり、 ものすごく寒いです ダイナミックな波しぶきを横目にうかうかしていると 体ごともっていかれそうな突風が吹いたりもします(大丈夫です、穏やかな日もあります) そのような環境の中、 毎年 健気に一生懸命咲いているスイセンの姿もぜひご覧になってくださいね ♪ 

 

*******

さて、 実は私、明日はお正月休みなんです 

これからお財布との協議に入るところですが、 お許しが出れば、ほうほく夢市場でぜひ☆買って帰りたいお酒があります。すぐにでも肩に担いで帰りたいくらいすごく魅力的なお酒( ´艸`)

山口県産山田錦・純米大吟醸限定酒・しぼりたて生酒

 女  神  の  初  夢

こちらのお酒は「地域商社やまぐち」さんのプライベートブランドで、 全国的にも人気の美酒となった「東洋美人」の蔵元「澄川酒造場」さんが製造 された 一升瓶サイズの限定酒です 

1,800ml・3,630円

生酒独特のものでしょうか、少し黄色がかった色にも特別感があって、ますます期待してしまいます~ 

ま、お正月なんですから、気持ちだけでも 女神になったつもりで⁉ 優雅に酔っぱらってみてもいいかなぁ、なんて笑。残すは、難航しそうなお財布との話し合いだけです~

 

 

初日の出を訪ねて・・・

みなさま、こんにちは白石です。

もう1月も2日目ですね。

道の駅北浦街道豊北では、本日1月2日まで10時開店(レストランわくわく亭は11

時)ですので、ご注意ください。

さて、みなさまは昨日の元日はいかがお過ごしだったでしょうか。

いつもより少し出勤時間に余裕があったので、初詣と初日の出を見に豊北町滝部にあ

る滝部八幡宮に行って来ましたので、紹介したいと思います。

お正月ということもあり、境内はすっかと飾り付けられていました。

日の出まで少し早く、お参りに行った直後はこのような状況でした。

また、早朝ということもあり暖を取るための焚火も行われていました。

授与所も設けられており、巫女さんがお守り等を授けていました。

自分もお守りを授かりました。

色々と境内を見て回っていると、いつの間にか日の出の時間が近づいてきました。

神職さん等も初日の出をそわそわと待ちわびるようでした。

そして、いよいよ初日の出が姿を現しました。

やはり、このような場所で見る初日の出は特別感があるような気がします。

初日の出を拝んだ後に毎年恒例のおみくじを引きました。

皆様は今年はもうおみくじを引かれたでしょうか。

因みに私は今年は大吉でした。

滝部八幡宮を後に急いで道の駅北浦街道豊北に向かい、道駅からの初日の出も拝んで

きました。

今年も、皆さまにとって素敵な1年になりますように。

今年の最後の○○納め

みなさま、こんにちは白石です。

気づけば29日です。今年も残りわずかです。

もういくつ寝るとお正月です。

ここまで来ると寝ずにお正月を迎えてみたいですね。

さて、話は変わりますが先日のお休みに今年最後の角島の夢崎にスイセンを見に行っ

たので紹介したいと思います。

スイセンです。

角島灯台の周辺に咲いています。

まだまだ2~3分咲ですが灯台の周辺を歩いていると可愛らしいスイセン達がお出迎え

してくれます。

年の瀬ということもあり、夏場とは違った雰囲気でとても不思議な感じでした。

この時期の空気は澄んでおり冷たい風が吹き抜ける感覚も心地よいものです。

スイセンが咲き誇る頃にまた、訪れたいと思います。

今年も色々とありましたが、みなさまはどの様な1年だったでしょうか。

年明けまで残りわずかですが、あと少し全力で頑張っていきたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

クリスマス寒波に乗ってやってきた!

こんにちは 中野です

 

昨晩、しんしんと雪が降り続いていましたので、「こりゃー、明日の朝はわやじゃ!」(わや=大変)と心配したんですが、 日付が変わって 積雪も凍結もひどくなることはありませんでした

皆さま お住いの地域の様子はいかがでしょうか? 

そういうわけで、心配してかなり早起きした今日は、雪模様のJR特牛駅で道草を。屋根に白い薄化粧をしたレトロな駅舎も素敵です ♪

時間帯からして下関北高校の生徒さんでしょうか、待合室で背中を丸めて列車を待っていました。暖房でぬくぬくとした車でやって来た私は、申し訳ない気持ちになりました

 

*******

そんな、今年のクリスマス🎅イブ。

ほうほく夢市場では、今年最後の生本マグロ即売会を開催しました!

毎月 この本マグロの即売会を楽しみにされているお客様は、今日のこの極寒の天気の中も足を運んでくださいました 

きっと、私と同じく、念のためにいつもより早くお家を出発されたはず・・・❄、 ありがたいですね ♪ 

 

*******

生本マグロ即売会では、 大トロ・中トロ・赤身 を 前面に推して⁉ 販売しておりますが、 実は それ以外にも!鮮魚加工室でマグロを解体する中で出てきた「中落ち」や「 ブツ切り」なんかも 並びます🐟

ナカノの好みは「 ト ロ ブ ツ 」

お財布の中身によっては断念する日のほうが多いですが笑💦、 何としても食べたい日は 何としても買っています

このまま豪快にほおばるも良し、漬けにして丼にするも良し。

脂がのったトロの部分 や 赤身の部分などが入り混じっているので、私は このトロブツが一番好きなんですよ~ ♪ 

 

 

皆さま、明日は素敵なクリスマスをお過ごしください🎅

 

 

ようこそウサギさん! 別れたくないよトラさん!

こんにちは 中野です

 

天気予報のとおり、今朝、道の駅周辺では横殴りの雪が吹き、その雪で角島大橋が見え隠れするような寒い一日がはじまりました❄ 「局地的吹雪」とでも申しましょうか💦

角島大橋が視界から消え、海も大荒れです

 

*******

嬉しいような寂しいような、、、今年もそんな時期になりました。

 

🐯 干支 の 離任式着任式 🐰

思い起こせば、 こちらの干支の木彫りの設置は「午年」(2014年)からはじまって、10体目。下関市内にあります安永庭園の安永さんが毎年制作してくださっています!

安永さんが手塩にかけた干支の作品は、本当に表情豊か。思わずほおずりしたくなるような愛くるしさ ♪  毎年、たくさんのお客様を和ませてくれる大切な存在です

着任した来年の干支のウサギさん🐇  真っ赤なおめめ・とても他人とは思えないモフモフしたくなるお腹まわり笑、最高にかわいい

本日より展望テラス入口に設置しておりますので、ぜひ 撫でてあげてください ♪♪

 

*******

反面、けっこうツラいのが トラさんとのお別れ・・・ 

周囲が悲しまないように⁉ 満面の笑みで去って行く姿を見て、 より一層 さみしさが増していきました。

安永さんにやさしく抱っこされて、一緒に帰っていきました

 

 

大 根 の 山 、 大 歓 迎 。

こんにちは 中野です

 

下関は、昨日 初雪が舞いました 

私の住まいは内陸部にあるので、舞うというより吹雪いていました。 ご近所にあるお店へご飯を食べに行くと、暖炉に火が・・・🔥 ストーブともエアコンともちがう独特な温かさがイイですよね ♪

今朝、橋本さんと「 大人になっても、初雪って、なんか、うれしいよねと、寒さで背中を丸めながら話したところです。

 

*******

11月中旬頃から、道の駅周辺に迷い込んで来たように飛来していた「オオワシ」(幼鳥)さん。実は、先週、12月10日の午後から その姿が見えなくなりました。 どうやら次の地へ旅立っていったようです。

20日間余り、地元の皆さん や 遠方か来られていた愛鳥家の皆さんに やさしく見守られていたオオワシさん。「大ちゃん!」「オオちゃん!」「わっくん!(地名の和久から)」などと、さまざまな呼び名で すごく愛されていました。どうか、どうか元気に成長して、来年も戻って来てくれたら、うれしいです。

 

*******

海のコンディションがあまり良くないせいか、地物のお魚の入荷が少ない日が続いております💦 その反面⁉というわけでもありませんが、お野菜コーナーは 「キャベツの山」・「サツマイモの山」・「ブロッコリーの山」・「白菜の山」などなど、 さまざまな景色をご覧いただける時期となりました笑

 

大根も然り。豊北町内から複数の生産者さんが毎日よーけ出荷しちょってです!おでんとか煮しめとか、とにかく大根☆大活躍のシーズンですので、よーけ並んでいても ほぼ完売!

先日、下関市・狗留孫山(くるそんざん)の名物「でんがくみそ」が手に入ったので、久しぶりに ふろふき大根にしました ♪

ふろふき大根を軽くみてはいけません。芯の辺りは少し時間をおいても熱々🔥 あまりの熱さに悶絶しました笑💦 おいしかったけれど、今も口の中が大惨事になってます

 

*******

ふろふき大根の日から数日。

ふと、母がよく作っていた「大根の甘酢漬け」が食べたくなり、 教えてもらうことに ♪  ほうほく夢市場から 選りすぐりの青首大根を数本・約5キロ分を調達し、昨日 挑戦してみました! 

 

大根の皮は剥かずにそのまま、太い大根はほど良き寸法に切って、樽に投入します。酢や砂糖、焼酎などを混ぜた調味液には、母のこだわりで、裏庭から柚子をもいできて その皮と果汁も加えました ♪

この上に漬物用の重石をのせて、現在、玄関で放置されております笑。 10日もすれば食べられるそうで、とても楽しみです~

思い立ったが吉日といいますが、 新鮮な大根が安価でたくさん調達できたからこそ!大根の出荷者さんに感謝!

 

 

 

 

 

 

 

文化花咲く太翔館 JAZZ LIVE

みなさま、こんにちは白石です。

本日は一段と寒く外では初雪がちらりと降っています。

さて、今回は下関市立豊北歴史民俗資料館(太翔館)で開催予定のイベントを紹介し

たいと思います。

「文化花咲く太翔館 JAZZ LIVE」です。

期間は2023年1月8日(日)開場14時30分 開演15時

前売り3000円 当日券3500円 全席自由席

販売場所 にしじま書店 リビングカワノ 花舗にしむら 戸原酒店

また、同時開催で「たきべマルシェ」も開催予定です。

時間は11時から17時まで 地元バザーや直売キッチンカー等

※マルシェに関しては雨天縮小の可能性あり・荒天時には中止となります。

会 場:太翔館(下関市立豊北歴史民俗資料館)

下関市豊北町大字滝部3153-1 TEL:083-782-1651

お問い合わせ:文化花咲く実行委員会

deviltsuma@yahoo.co.jp(※お問い合わせはメールへお願いします。)

興味のある方はいかがでしょうか。

また、企画展「豊北の食卓-四季を彩る食の民具-」も2023年1月22(日)まで開催予

定です。

こちらも併せていかがでしょうか。