歴史を超え誕生✨純米吟醸『精一杯』

皆さま こんにちは!
菊地です🙋

今日はゴールデンウィーク最終日。
天候はあいにくの雨💦
最終日とあって昨日に比べるとかなり落ち着きを見せています。

 

当駅では開業から被災地支援として物販ほうほく夢市場に東日本復興支援コーナーを設け、東北6県の特産品の販売を続けています。

 

 

 

 

 

 

 

東北の特産品の品数はどんどん増え、ありがたいことにお客様への浸透率も高くなっていて、お問合せなども増えてきています。

当駅には日本全国からお客様がいらっしゃるのですが、その中でもやはり東北の方は『なんで西の端っこのここに東北の商品が売ってるの??』と驚くようです(*´▽`*)

以前には宅配の受付にいらっしゃったご夫婦の荷物の送付先が岩手県山田町だったので(耐え切れず)話しかけてみたら、やはり共通の知人がいました✨
岩手県にいた頃は繋がっていなかったけれど、初めてここで会い、共通の知人や東日本復興支援の商品について話ができることは奇跡というか、不思議な感覚というか・・・

感動的です✨

その東日本復興支援ブースに新しい商品が仲間入りしました🍶

東京の銀座にあるハチミツ製造会社の株式会社銀座ミツバチさんを介し、福島県で育てられたお米を山口県で醸造した純米吟醸の『精一杯』

日本酒造りで福島(会津)と山口(長州)を繋げよう!と幕末の戦いを超え、約1200キロの距離をも超え、この『精一杯』が福島と山口を繋ぎます。

山口県は山陽小野田市の永山酒造さんで酒米『五百万石』を使用し、カルシウムを多く含む硬水でお互いの良さを引き出し、華やかな香りと旨味、そして甘さの中にも淡麗さがある味わい。

銀座ミツバチさんは『銀座ハチミツプロジェクト』として、銀座の屋上で養蜂を開始。ハチミツ作りを介し農市農村交流ツアーを行い地方の活性化や被災地の支援などを行っています。

その活動の中で福島市の方々と出会い、ミツバチのための菜の花・アサカノナタネを植えたことが『精一杯』が誕生するそもそものきっかけだったとのこと。

福島の田んぼを起こし、福島県、山口県、銀座ミツバチさんで一緒に田植えと稲刈り。
福島で育った酒米を醸造するのは永山酒造さんにとっては初めてのことでしたが意気を感じた永山さんは自ら福島へ出向き田植えと稲刈りに参加しこの『精一杯』の醸造に思いを込めました。

吉田松陰先生の『夢なきものに理想なし』

夢なくば行動も起こらない、行動なければ成功までも行きつかない。

純米吟醸 精一杯

明治維新から150年。
東京で偶然出会った福島県と山口県との『縁』がこうして歴史を超えて繋がり、想いのこもったお酒となりました。

透き通った薄い青色の姿も美しく甘口で飲みやすいと評判の『精一杯』

皆さまもぜひお試しください✨

菊地でした✨

 

 

 

 

和久の奥様から届いた アカモク☆レシピ

こんにちは 中野です (^^)

 

いよいよゴールデンウィーク後半戦に入りました☆

昨晩、閉店後に事務所を出た時、

駐車場にはキャンピングカーを中心に すでに20台以上が停まっていました !!

角島大橋に加えて 元乃隅稲成神社の混雑も考慮して、朝イチバンで行動される方がものすごく増えました (@_@)

私も 今朝イチバンで ガソリンを満タンにして来ました。

角島や元乃隅稲成神社へ行かれるご予定の皆さま、

お時間とガソリンには余裕を持って 事故のないよう お楽しみくださいね☆

 

さて!

ほうほく夢市場に 待望の “ 北浦産 天然アカモク ” が登場して早1ヵ月。

道の駅ほうほくでは、 120g入・冷凍パック・270円 で販売中 (^^)

テレビや雑誌でもたびたび特集される注目食材ともあって 入荷数量も限られておりますので、今年は「おひとり様 10コまで」とさせていただいています。

そんな中、 地元にお住まいの奥様から また“ 新しいアカモクの食べ方 ” を教えていただきました☆

アカモク入り ふわっとろっ お好み焼き

キャベツや豚肉など お好みの具材と一緒に おたまに軽く一杯分のアカモクを入れてみてください(^^)  それはそれは  “ ふわっふわ ♪ とろっとろ ♪ ” の 贅沢なお好み焼きが完成するそうです! 山芋の代わりみたいな感じでしょうかね☆

 

こちらは奥様に教えていただいた アカモクおやき です(^^)

アカモクに 小麦粉と水を混ぜて、シンプルに焼いただけですが、 晩酌にピッタリのおつまみに大変身 !!  生姜の効いた 天つゆ(めんつゆ)などにつけて 食べると最高ですね、これは(^^)

 

皆さまも 「こんな食べ方 あったよ!」の アカモク情報がございましたら、

ナカノまでお寄せください(笑)

島戸ホワイトビーチ発🌟あの絶品食材が奇跡のコラボ✨

皆さま こんにちは!
菊地です🙋

昨日の豊北町は真夏のような天候で私は終日半袖で過ごしましたが
今日はゴールデンウィーク半ばにしてあいにくの雨模様💔

ですが!

やはりさすがゴールデンウィーク!
お昼近くになると駅の中があっという間にお客様の声で賑やかに✨

レストランや物販コーナーも賑わいを見せてます🎶

 

さて!!

豊北町が誇る景勝地
角島大橋を左手に眺めながら海水浴や水上サイクリング、マリンスポーツなどを楽しむことができる島戸ホワイトビーチ🌊

そのすぐ目の前にこのゴールデンウィーク5月3日から6日限定でOPENする『島戸テラス』では絶品の食材がコラボした丼ぶりが話題を呼んでいます٩( ”ω” )و

その名も
『うにく丼』

何の食材のコラボでしょう??

丼ぶりの姿を見ればもう一目瞭然です( *´艸`)

ウニと国産牛のコラボ丼です✨

見た目も豪華!
食べたら絶品!!

しかも
使用されているウニはムラサキウニ。

繁殖力が旺盛で特産品のサザエやアワビのエサとなる海藻を食べてしまうムラサキウニを1ヶ月に数回、ライフセーバーの方々が駆除しています。

その駆除したムラサキウニは今まで廃棄処分、または肥料などに使用されていましたが、何とかそのムラサキウニを有効活用しようと試作を重ね生み出されたのがこの『うにく丼』

ミョウバンを使用していない取ったままの磯の味が濃~いムラサキウニと国産牛の柔らかい赤身肉が絶品と話題沸騰中です🎶

ちょっと天気は悪いですが・・・
島戸ホワイトビーチの美しい景色と潮風を浴びながら開放的にお食事ができる『島戸テラス』へぜひこのゴールデンウィーク行ってみてください✨

マリンスポーツやアウトドア体験など興味のある方は島戸ホワイトビーチすぐのホテル西長門リゾート敷地内の海耕舎オフィスさんまでお問合せくださいね✨

(画像:asoview!より)

夏場にはマリンスポーツもいけますよ(`・ω・´)ゞ
美しい海と美味しい食材!

最高の夏を思いっ切り楽しむのはやっぱりここ!
豊北町で決まりですね💛

菊地でした🌟

 

 

春の柑橘を満喫

みなさんこんにちは、平田です。

先日までの寒さが嘘のように春到来といった感じですね。

毎日最高気温も20度近くになり、すっかり桜も咲きましたね。

我が家でも食卓にツクシやタケノコが顔をだし、

春の味覚を楽しませてもらっています。

 

さて、本日はそんな春先が旬のこちらの果物をご紹介

春のみかん「晩柑」せとみ

せとみとは「清見」と山口県原産の「吉浦ポンカン」を交配して

品種登録されたもので、

山口県のオリジナル品種なんです!

今朝もたくさん店頭に並びました。

中を切ってみると甘い香りと鮮やかなオレンジが食欲をそそります

食べてみると、甘く瑞々しい果汁が口の中に広がります。

薄皮ごと食べられるので一つ、また一つとついつい手が伸びてしまいます。

結局1個でやめるつもりが3個もペロリと食べてしまいました。

 

ぜひ山口県オリジナルの春の味覚をご賞味ください!

東北の郷土菓子「ずんだ餅」

こんにちは 中野です 😀

 

今朝、出勤の時に 少しだけ寄り道をして JR特牛駅 へ。

(特牛駅 こっとい-えき)

本日時点で(3/28) 特牛駅の “ 桜のトンネル ” は、7分咲き という印象です :-D 道の駅からは 車で5分の場所ですので、 見頃を迎える今週末、皆さまも寄り道されてみませんか?

 

さて、先日このブログで紹介した「東日本復興支援コーナー」の “ カシス&木いちごのフルーツソース ”(山形県)、

なんと、ブログを読んで買いに来ました!というお客様に遭遇

毎日 ブログ(Facebook)を更新していて、こういう時の胸の高鳴りというのは、何物にも代えがたい 本当にうれしい瞬間です

 

今日は ちょっと調子に乗って(笑)もう一品、東日本復興支援コーナーから ナカノおすすめの商品をご紹介 😀

まずは、私がその商品を使って 実際にこしらえてみたものをご覧ください

東北地方の郷土料理に使われる『 ずんだ 』(茹でた枝豆をペースト状にすりつぶしたもの)の ずんだ餅  です 😀

ほうほく夢市場の東日本復興支援コーナーでは、 岩手県-㈲オノデラ食品さんの「ずんだあん」(250g入・324円)を 販売中。

ほうほく夢市場では、現在 入荷待ち という人気ぶり

普段 小豆の餡子を食べ慣れているので、 はじめて口にした枝豆の餡子は なかなかインパクトがあると思います 😯

大豆になる前のまだ青いうちに収穫するのが枝豆。

そういうことも関係あるのか、小豆の餡子よりも フレッシュで爽やかな風味がします

東北地方では、お盆やお彼岸のお供え物としても 定番の郷土菓子といわれる “ ずんだ餅 ” 。  最近では “ ずんだシェイク ” とかも テレビでよく紹介されていますね 😀

 

もし、お正月のお餅が冷凍庫にまだ残ってる!という方、

ぜひ一度☆お試しになってみてください

 

 

 

 

豊北町最大の民俗祭礼行事『浜出祭』まであと5日!

皆さま こんにちは!
菊地です 🙂

もうすっかり春らしい陽気になりましたね♪
寒い日の方が少なくなって来たように感じます

ふと景色を見渡すと白や淡いピンク色、濃いピンク色の梅の花や可愛らしい黄色い菜の花などが色鮮やかに咲き誇っていて「春」という季節を実感することができます。

我が家の庭にも春の訪れを感じられる花たちが咲き始めて賑やかになっていますが・・・その分雑草も急成長中・・・(~_~;)

そろそろ草刈りをしないとなりません(汗)

 

今日のテラスからの眺めは・・・

う~ん

少し残念ですね。黄砂とPM2.5の影響からか霞んでしまっていますが、天候が良いので多くのお客さまがテラスで思い思いにくつろいでいました♪

 

 

さて・・・

以前にもブログで紹介させていただきましたが

来る4月1日(日)、豊北町の民俗祭礼行事・大祭典である「浜出祭」が7年ぶりに執り行われます。

開催間近となり、当駅豊北町観光協会にも浜出祭についてお問合せが多くなってきています。

公共の交通機関の運行についてや浜出祭で行われる各儀礼の開催時間、どこからどこまで行列が歩くのか、祭典自体の開催時間についてなどなど・・・

 

4月1日(日)の浜出祭当日の行列は朝9時に神玉側は神功皇后神社から、そして田耕側も田耕神社から同時出発し、堀切(豊北梨の選果場付近)で直子(のうし)自治会館から出発した「山田佐平治組」の行列と集結(出合)します。
※堀切への到着予定時間は12時30分頃

上の写真は土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムの企画展で撮影したもの)

合流後、堀切では双方による「口上儀礼」が行われ、終了後には隊列を組み直し、三行列となって土井ヶ浜の祭場まで練り歩きます。
※合流後の出発予定時刻は13時25分頃

一の宮である住吉神社(根崎)へ到着後は波原地区を経由し土井ヶ浜へ。

15時頃に土井ヶ浜の祭場へ到着後、15時30分より祭典が始まります。

神功皇后神社、田耕神社の宮司を中心とした「神官座」による神事の後には、浜出祭の一番の見どころとも言われる「波原座」「岡林座」を加えた三座で“座”の行事が行われます。

“三座”による行事では、行事のはじまりを告げる「入亭主新左衛門挨拶」にはじまり、「奉幣行事(田行列の幣持が持ってきた大幣で各座を祓うもの)」を行い、「神官座」「岡林座」「波原座」の各座で“口上”と“刀さばき”の行う口上儀礼の後には神子の舞、神酒三献、そして浜出祭の中で行われる儀礼のうち“古式”を残したものといわれている「魚据・鰤切行事」が行われます。

魚据・鰤切行事は各座事同時に手を使うことなく鰤を切る珍しい神事で、各座の“鰤据え役”によって持ち込まれた鰤を田耕地区の“鰤切り役”によって鉄箸と包丁のみで手を触れることなく鰤を切ります。

切られた鰤は「膳据行事」で各座ごとに酒粕などで味付けされ“膳据え役”によって各座に運ばれ食されます(直会)。 

17時30分、三座の行事が終わり各神社で神還しが行われると7年に一度に行われる大祭典『浜出祭』が終了となります。

 

いろいろと調べながらこのブログを書いているのですが、浜出祭の歴史もさながら、こうして今現在も地元の方々によって大切に引き継がれ開催を迎えるという「世代を超えて受け継がれていく精神」といいますか、それを守ろう、続けようと地域の皆さまが一体となって取り組んでいる姿には本当に熱いものを感じます。

 

7年に1度の大祭典『浜出祭』開催まであと5日です。

皆さまも日本でも希少な祭の1つである『浜出祭』をぜひ実際に見て、700年以上も世代を超え受け継がれてきた豊北町の歴史を感じてみてください。

浜出祭の当日は行列で時間帯により道路が大変な混雑になるようです。

●9時00分~11時30分・・・国道435号・市道    田耕~滝部間
●11時30分~12時50分・・・県道・市道   滝部~神田口~堀切
●13時30分~15時00分・・・市道    堀切~波原
●14時30分~15時30分・・・国道191号   波原~土井ヶ浜

通行される際、特にお急ぎの方はご注意くださいませ。

菊地でした 😉

 

 

 

癒しの緑(‘∀`)

こんにちは。

ウチヤマです

晴れの日が続いて気持ちがいいですね

今日が終業式の学校も多いと思いますが

学生の皆さんは待望(?)の春休みですね

道の駅ほうほくも6周年を迎え、

新たな気持ちでスタートです

新たな…と言えば…

エントランスホールの一角に

新しい商品が入りましたので紹介しますね

モスボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの容器の中に色々な種類の苔。

緑がとてもキレイです

部屋に緑があるとなんか落ち着きますよね~

じーーっとみてるだけで癒されます

どうぞご購入の際はじっくりみて癒されながら

楽しんで選んでくださいね

 

一万個のお餅!春の空に舞う~ヽ(^o^)丿

おはようございます。橋本です

今日は朝から薄い雲が空を覆ってはいますがお天気的には晴。降水確率0%です。気温も昨日から上がっていて出勤途中お阿川八幡宮のソメイヨシノが咲き始めていました

4月に阿川公民館では「さくらまつり」が行われる川沿いの桜の木々にもチラホラと咲き始めています今年は4月7日(土)に行われるようですよ地元の小さなお祭りで夜桜を楽しみながら舞踊やカラオケ大会や抽選会などのステージイベントもあります。これから満開になる桜が楽しみで

 

さて昨日、3月24日(土)開駅6周年を迎えました

朝からたくさんのお客様も来られ、、COME ON!FMさんの公開生放送やクエ鍋の無料振舞いなどでとても盛り上がってましたよ~

そして今日は6周年イベントの大トリ!!『餅まき大会』が開催されました!!!!!

 

2時を回ったあたりから続々と特設会場へお客様が集結!

よりたくさんのお餅をゲットするには場所取りも重要なんですよね~

ほっくんも昨年よりリニューアルした『ほっくん専用餅まきマシーン』を駆使して沢山のお餅を撒きに参加。

まずは「すま餅」ならぬ「ほっくんぬいぐるみ」が撒かれ餅まき開始

用意していた1万個のお餅やお菓子がどんどん春の空を舞います

一万個のお餅はあっっっっというまに終わり~時間を見るとまだ開始3分ちょっとで終了でした

 たくさん取れた方も、取れなかった方もご参加くださった皆さま、本日はありがとうございました

またこれからも「あの道の駅にまた行ってみたい!」と思っていただけるようにスタッフ一同精進してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します

 

本日無事☆6周年です!! ありがとうございます!!

こんにちは 中野です 😀

 

てるてる坊主増員作戦が成功しまして(笑)

快晴の春の空の下、

開駅記念日の本日 3月24日

道の駅北浦街道豊北 は、 無事、 開駅6周年を迎えることができました

2012年から あっという間の6年間、

たくさんのお客様や地域の皆さまに支えられて 今日を迎えられたことを 本当にうれしく、 感謝の気持ちでいっぱいです

 

開店の8時30分前から、 交流広場には長蛇の列ができ、

先着200名のお客様には 6周年を記念して 心ばかりの品をご用意しました 😀

6年前の3月24日と同じように、

『 おめでとう』『 がんばってね』と あたたかいお声をかけていただいて、 朝からすでに 胸がいっぱいなんです

 

Facebookなどでもすでに告知しておりました通り、

午前10時からは、 交流広場の特設スタジオより

開駅6周年記念番組☆カモンFM☆道の駅ほうほくへ行ってみよう公開生放送いたしました

・・・ 私も 5分間くらい生出演したんです 😯  

噛むし、かぶるし、 ・・・で、ドタバタしてしまいましたが(笑)、

またひとつ貴重な経験ができました。

クエ鍋を試食する パーソナリティーの川上さん

クエとお汁をすする 美味しそうな音が マイクに乗って、

たくさんの方のお耳にも届いたことと思います(笑)

 

そうです

カモンFMさんの公開生放送中、に同時進行で開催したのが・・・

皆さまお待ちかねの “ 北浦産 クエ鍋 の 振舞い ” 

正真正銘☆北浦産のクエ

前日から クエのアラでじ~っくり取った出汁、たっぷりのクエの身、たっぷりの野菜、万全の態勢で臨んだ 高級クエ鍋

交流広場に広がるクエ鍋の香り ・・・

福岡県からご家族4人で遊びにきてくれた しゅうじ君

4歳にして おそらく人生初めてのクエの味、どうですか?

“ おいし~ぃ ” 

 

カモンFMの生放送は、お昼12時まで

道の駅スタッフの他にも、

春から校名が変わる県立下関北高校(現:豊北高校)の生徒さんや、

豊北町内で農業や漁業に携わる 若い世代の方々も たくさん出演してくださいました

 

番組の終盤、やっぱり トリを務めたのは この人

パーソナリティー 申さんのインタビューを受けるほっくん

「 ねー、申さーん、まだ出たいんだけどー」とアピールする ほっくん(笑)

 

さぁ、明日 3月25日(日)は  いよいよ

6周年記念イベントを締めくくる “ 一万個の餅まき大会 ”

昨日、 平田くんが高らかに宣言しましたので、お天気のほうはまず心配ないでしょう(笑)

餅まき大会は 14時30分から、展望テラスの下:和久漁港内特設会場です 😀

 

 

 

いよいよ明日!6周年!

みなさんこんにちは、平田です。

とうとう明日ですね、道の駅ほうほく開駅6周年!

心配していた天候も、今週はどこもお天気マーク

今日も明日も降水確率は

0% 0% 0%

と、まさにハレの日に相応しいものとなっています!


久々の快晴に、古墳公園から角島を眺める風景も気持ちがいいですね

ふと古墳公園から足元に目を向けると、

そこには春を待った花々が小さくもしっかりと咲き始めていました。


こんな天気のいい日は展望テラスで潮風を感じながら

写真撮影をされる方も多く見かけます。

中には一緒に来た人みんなで写真に写りたい、でも知らない人に頼むのは……と

いう方もいらっしゃると思います。

そんなときは、ぜひ情報コーナースタッフに一言お声かけ下さい!

皆さまの素敵な思い出作りのお手伝いをさせていただきたいと思います!

オススメは角島を背景にほっくんといっしょにハイ、チーズ。

空と海の青も眩しいですね。

横断幕の”まもなく”の文字も明日には取れますよー
この土日は楽しいイベントがたくさんの道の駅ほうほくへ、

ぜひ遊びに来てくださいね!