パン工房 ラメール ◇ 食パンのご予約も承ります

焼きたてパン工房 メゾン ド ラ メール では、

地元を中心にたくさんのお客様からのご要望をいただきまして、

『 食パン 』 も 好評販売中 です

 

◆  月 ・ 水 ・ 金 → ホテル食パン(山型) 1斤 230円

◆  火 ・ 木     → 小麦の匠 食パン 1斤 300円

※スライスはしておりません。

Processed with MOLDIV

 

店頭販売分は 数に限りがございます。

前日までに 事前のご予約 をおすすめいたします。

ご予約・お問い合わせ  ☎ 083-786-0786

 

なお、 “ 焼きたて ” の場合は 2斤サイズでの販売となりますので

予めご了承くださいませ

 

 

 

5月15日(火) 定休日のお知らせ

いつも 道の駅北浦街道ほうほく をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

5月15日(火)は 定休日 と させていただきます。

 

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒 よろしくお願い申し上げます。

Processed with MOLDIV

わくわく亭 ◇ 一部メニューリニューアルのお知らせ

レストラン わくわく亭は、

2018年5月より メニューを一部リニューアルいたしました

 

地魚のにぎり寿司セット、豊北くじら御膳、くじらかつ丼  などが新登場しております

団体のご予約も受け付けしておりますので、 まずはお電話でお問い合わせくださいませ☎

※ 10名様以上40名様まで、土日祝や大型連休等は ご予約を受けておりません。

 

メニュー表は、道の駅豊北 ホームページ:トップページの『 レストランわくわく亭 』 より ご確認くださいませ

https://michinoeki-houhoku.jp/wakuwakutei.html

 

Processed with MOLDIV

 

うまいもん市もわくわく港まつりも開催中~(^^)v

おはようございます。橋本です。

GW後半の2日目!!道の駅ほうほくは朝から沢山のお客様がお越しいただいています(^O^)

昨日から道の駅ほうほく店内入口前交流広場では『うまいもん市』が展開しています。

お馴染みの「焼き鳥一心」の焼き鳥や「かあちゃん食堂」のぶっかけ瓦そば、揚げイカ、新顔の「紅金」の焼き立て焼きちくわが美味しそうな臭いを漂わせています(^m^)

焼きちくわは高速回転しながら焼いて、焼き色を付けていくんですが、初めて見る方も多いらしく立ち止まって高速回転するちくわに見入ってらっしゃいました^m^

ホクホクで弾力があって美味しいのでぜひ食べてみてください♥

うまいもん市は明日5日(土)まで開催しています。

そして、今日4日(金)、5日(土)の2日間で道の駅ほうほくのすぐ下にある和久漁港におきまして、「わくわく港祭り」が催されています。

さざえのつぼ焼きやあわびの踊り焼き、ほたてやイカ焼きそばなど美味しい海鮮がいっぱいです♥♥♥

朝9時から開始ですが、すでに沢山のお客様で賑わっていました(^O^)

すぐ横のテント内でも食べれますので海を見ながらの食事も楽しめますよ~!(^^)!

是非、こちらにも足を運んでみてくださいませ<m(__)m>

GWに入り、各地でイベント・お祭りが開催されています。

下関駅(壇ノ浦付近)では毎年5月2日~4日で「しものせき海峡まつり」が開催されています。

お隣の福岡県でも毎年5月2日~4日で「博多どんたく」が開催され、広島県でも3日~5日で「フラワーフェステバル」が開催されています。

毎年たくさんの観光客で賑わうお祭りなので交通規制などもあり渋滞したりしますが、皆さま、どうぞ心にも車の燃料にも余裕を持って、事故にはお気を付けて楽しいGWをお過ごしくださいませ(^O^)♥♥♥

 

和久の奥様から届いた アカモク☆レシピ

こんにちは 中野です (^^)

 

いよいよゴールデンウィーク後半戦に入りました☆

昨晩、閉店後に事務所を出た時、

駐車場にはキャンピングカーを中心に すでに20台以上が停まっていました !!

角島大橋に加えて 元乃隅稲成神社の混雑も考慮して、朝イチバンで行動される方がものすごく増えました (@_@)

私も 今朝イチバンで ガソリンを満タンにして来ました。

角島や元乃隅稲成神社へ行かれるご予定の皆さま、

お時間とガソリンには余裕を持って 事故のないよう お楽しみくださいね☆

 

さて!

ほうほく夢市場に 待望の “ 北浦産 天然アカモク ” が登場して早1ヵ月。

道の駅ほうほくでは、 120g入・冷凍パック・270円 で販売中 (^^)

テレビや雑誌でもたびたび特集される注目食材ともあって 入荷数量も限られておりますので、今年は「おひとり様 10コまで」とさせていただいています。

そんな中、 地元にお住まいの奥様から また“ 新しいアカモクの食べ方 ” を教えていただきました☆

アカモク入り ふわっとろっ お好み焼き

キャベツや豚肉など お好みの具材と一緒に おたまに軽く一杯分のアカモクを入れてみてください(^^)  それはそれは  “ ふわっふわ ♪ とろっとろ ♪ ” の 贅沢なお好み焼きが完成するそうです! 山芋の代わりみたいな感じでしょうかね☆

 

こちらは奥様に教えていただいた アカモクおやき です(^^)

アカモクに 小麦粉と水を混ぜて、シンプルに焼いただけですが、 晩酌にピッタリのおつまみに大変身 !!  生姜の効いた 天つゆ(めんつゆ)などにつけて 食べると最高ですね、これは(^^)

 

皆さまも 「こんな食べ方 あったよ!」の アカモク情報がございましたら、

ナカノまでお寄せください(笑)

ホワイトビーチ島戸発🌟あの絶品食材が奇跡のコラボ✨

皆さま こんにちは!
菊地です🙋

昨日の豊北町は真夏のような天候で私は終日半袖で過ごしましたが
今日はゴールデンウィーク半ばにしてあいにくの雨模様💔

ですが!

やはりさすがゴールデンウィーク!
お昼近くになると駅の中があっという間にお客様の声で賑やかに✨

レストランや物販コーナーも賑わいを見せてます🎶

 

さて!!

豊北町が誇る景勝地
角島大橋を左手に眺めながら海水浴や水上サイクリング、マリンスポーツなどを楽しむことができるホワイトビーチ島戸🌊

そのすぐ目の前にこのゴールデンウィーク5月3日から6日限定でOPENする『島戸テラス』では絶品の食材がコラボした丼ぶりが話題を呼んでいます٩( ”ω” )و

その名も
『うにく丼』

何の食材のコラボでしょう??

丼ぶりの姿を見ればもう一目瞭然です( *´艸`)

ウニと国産牛のコラボ丼です✨

見た目も豪華!
食べたら絶品!!

しかも
使用されているウニはムラサキウニ。

繁殖力が旺盛で特産品のサザエやアワビのエサとなる海藻を食べてしまうムラサキウニを1ヶ月に数回、ライフセーバーの方々が駆除しています。

その駆除したムラサキウニは今まで廃棄処分、または肥料などに使用されていましたが、何とかそのムラサキウニを有効活用しようと試作を重ね生み出されたのがこの『うにく丼』

ミョウバンを使用していない取ったままの磯の味が濃~いムラサキウニと国産牛の柔らかい赤身肉が絶品と話題沸騰中です🎶

ちょっと天気は悪いですが・・・
ホワイトビーチ島戸の美しい景色と潮風を浴びながら開放的にお食事ができる『島戸テラス』へぜひこのゴールデンウィーク行ってみてください✨

マリンスポーツやアウトドア体験など興味のある方は島戸ホワイトビーチすぐのホテル西長門リゾート敷地内の海耕舎オフィスさんまでお問合せくださいね✨

(画像:asoview!より)

夏場にはマリンスポーツもいけますよ(`・ω・´)ゞ
美しい海と美味しい食材!

最高の夏を思いっ切り楽しむのはやっぱりここ!
豊北町で決まりですね💛

菊地でした🌟

 

 

どれがお好み?

こんにちは

内山です。

今日から5月ですね!

今現在は晴れの豊北町☀

これからお天気崩れる予報なのでお出掛けの際には

傘が必要になるかもしれませんね。

せっかくのGW。

明日は雨のようですが、後半はまた晴れそうなので

アウトドアも楽しめそうですよ~!

 

さて、パン工房ラ・メール、

5月は【メロンパンフェア】

 

その前に…本日のラインナップ

(毎日、全ての商品が揃うのは11時頃となっております)

この充実した棚をみるだけでニコニコ嬉しくなっちゃいます(笑)

 

では気になるメロンパンのご紹介♬

今日のメロンパンは6種類!!!

 

お馴染みのメロンパンからカラフルなメロンパンまで

どれも美味しそうなメロンパンがたくさん♡

皆さま、どのメロンパンが気になりましたか??

私が気になったのは

『北海道メロンパン』です。

サクサクビス生地にとってもそそられます(笑)

今日の夕方まで残っていたら買おうかと企んでいます。

皆さまもこの機会に

お好みのメロンパンをさがしてみてくださいね♪

春の柑橘を満喫

みなさんこんにちは、平田です。

先日までの寒さが嘘のように春到来といった感じですね。

毎日最高気温も20度近くになり、すっかり桜も咲きましたね。

我が家でも食卓にツクシやタケノコが顔をだし、

春の味覚を楽しませてもらっています。

 

さて、本日はそんな春先が旬のこちらの果物をご紹介

春のみかん「晩柑」せとみ

せとみとは「清見」と山口県原産の「吉浦ポンカン」を交配して

品種登録されたもので、

山口県のオリジナル品種なんです!

今朝もたくさん店頭に並びました。

中を切ってみると甘い香りと鮮やかなオレンジが食欲をそそります

食べてみると、甘く瑞々しい果汁が口の中に広がります。

薄皮ごと食べられるので一つ、また一つとついつい手が伸びてしまいます。

結局1個でやめるつもりが3個もペロリと食べてしまいました。

 

ぜひ山口県オリジナルの春の味覚をご賞味ください!

東北の郷土菓子「ずんだ餅」

こんにちは 中野です 😀

 

今朝、出勤の時に 少しだけ寄り道をして JR特牛駅 へ。

(特牛駅 こっとい-えき)

本日時点で(3/28) 特牛駅の “ 桜のトンネル ” は、7分咲き という印象です :-D 道の駅からは 車で5分の場所ですので、 見頃を迎える今週末、皆さまも寄り道されてみませんか?

 

さて、先日このブログで紹介した「東日本復興支援コーナー」の “ カシス&木いちごのフルーツソース ”(山形県)、

なんと、ブログを読んで買いに来ました!というお客様に遭遇

毎日 ブログ(Facebook)を更新していて、こういう時の胸の高鳴りというのは、何物にも代えがたい 本当にうれしい瞬間です

 

今日は ちょっと調子に乗って(笑)もう一品、東日本復興支援コーナーから ナカノおすすめの商品をご紹介 😀

まずは、私がその商品を使って 実際にこしらえてみたものをご覧ください

東北地方の郷土料理に使われる『 ずんだ 』(茹でた枝豆をペースト状にすりつぶしたもの)の ずんだ餅  です 😀

ほうほく夢市場の東日本復興支援コーナーでは、 岩手県-㈲オノデラ食品さんの「ずんだあん」(250g入・324円)を 販売中。

ほうほく夢市場では、現在 入荷待ち という人気ぶり

普段 小豆の餡子を食べ慣れているので、 はじめて口にした枝豆の餡子は なかなかインパクトがあると思います 😯

大豆になる前のまだ青いうちに収穫するのが枝豆。

そういうことも関係あるのか、小豆の餡子よりも フレッシュで爽やかな風味がします

東北地方では、お盆やお彼岸のお供え物としても 定番の郷土菓子といわれる “ ずんだ餅 ” 。  最近では “ ずんだシェイク ” とかも テレビでよく紹介されていますね 😀

 

もし、お正月のお餅が冷凍庫にまだ残ってる!という方、

ぜひ一度☆お試しになってみてください

 

 

 

 

豊北町最大の民俗祭礼行事『浜出祭』まであと5日!

皆さま こんにちは!
菊地です 🙂

もうすっかり春らしい陽気になりましたね♪
寒い日の方が少なくなって来たように感じます

ふと景色を見渡すと白や淡いピンク色、濃いピンク色の梅の花や可愛らしい黄色い菜の花などが色鮮やかに咲き誇っていて「春」という季節を実感することができます。

我が家の庭にも春の訪れを感じられる花たちが咲き始めて賑やかになっていますが・・・その分雑草も急成長中・・・(~_~;)

そろそろ草刈りをしないとなりません(汗)

 

今日のテラスからの眺めは・・・

う~ん

少し残念ですね。黄砂とPM2.5の影響からか霞んでしまっていますが、天候が良いので多くのお客さまがテラスで思い思いにくつろいでいました♪

 

 

さて・・・

以前にもブログで紹介させていただきましたが

来る4月1日(日)、豊北町の民俗祭礼行事・大祭典である「浜出祭」が7年ぶりに執り行われます。

開催間近となり、当駅豊北町観光協会にも浜出祭についてお問合せが多くなってきています。

公共の交通機関の運行についてや浜出祭で行われる各儀礼の開催時間、どこからどこまで行列が歩くのか、祭典自体の開催時間についてなどなど・・・

 

4月1日(日)の浜出祭当日の行列は朝9時に神玉側は神功皇后神社から、そして田耕側も田耕神社から同時出発し、堀切(豊北梨の選果場付近)で直子(のうし)自治会館から出発した「山田佐平治組」の行列と集結(出合)します。
※堀切への到着予定時間は12時30分頃

上の写真は土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムの企画展で撮影したもの)

合流後、堀切では双方による「口上儀礼」が行われ、終了後には隊列を組み直し、三行列となって土井ヶ浜の祭場まで練り歩きます。
※合流後の出発予定時刻は13時25分頃

一の宮である住吉神社(根崎)へ到着後は波原地区を経由し土井ヶ浜へ。

15時頃に土井ヶ浜の祭場へ到着後、15時30分より祭典が始まります。

神功皇后神社、田耕神社の宮司を中心とした「神官座」による神事の後には、浜出祭の一番の見どころとも言われる「波原座」「岡林座」を加えた三座で“座”の行事が行われます。

“三座”による行事では、行事のはじまりを告げる「入亭主新左衛門挨拶」にはじまり、「奉幣行事(田行列の幣持が持ってきた大幣で各座を祓うもの)」を行い、「神官座」「岡林座」「波原座」の各座で“口上”と“刀さばき”の行う口上儀礼の後には神子の舞、神酒三献、そして浜出祭の中で行われる儀礼のうち“古式”を残したものといわれている「魚据・鰤切行事」が行われます。

魚据・鰤切行事は各座事同時に手を使うことなく鰤を切る珍しい神事で、各座の“鰤据え役”によって持ち込まれた鰤を田耕地区の“鰤切り役”によって鉄箸と包丁のみで手を触れることなく鰤を切ります。

切られた鰤は「膳据行事」で各座ごとに酒粕などで味付けされ“膳据え役”によって各座に運ばれ食されます(直会)。 

17時30分、三座の行事が終わり各神社で神還しが行われると7年に一度に行われる大祭典『浜出祭』が終了となります。

 

いろいろと調べながらこのブログを書いているのですが、浜出祭の歴史もさながら、こうして今現在も地元の方々によって大切に引き継がれ開催を迎えるという「世代を超えて受け継がれていく精神」といいますか、それを守ろう、続けようと地域の皆さまが一体となって取り組んでいる姿には本当に熱いものを感じます。

 

7年に1度の大祭典『浜出祭』開催まであと5日です。

皆さまも日本でも希少な祭の1つである『浜出祭』をぜひ実際に見て、700年以上も世代を超え受け継がれてきた豊北町の歴史を感じてみてください。

浜出祭の当日は行列で時間帯により道路が大変な混雑になるようです。

●9時00分~11時30分・・・国道435号・市道    田耕~滝部間
●11時30分~12時50分・・・県道・市道   滝部~神田口~堀切
●13時30分~15時00分・・・市道    堀切~波原
●14時30分~15時30分・・・国道191号   波原~土井ヶ浜

通行される際、特にお急ぎの方はご注意くださいませ。

菊地でした 😉