豊北町阿川の『こば爺の菖蒲園』が見頃を迎えています!

 

こんにちは!

菊地です!(^ⅴ^)!

突然なのですが・・・・
この度、当駅の事務員の荒石さんと私で豊北町観光協会の事務局員として窓口を担当することになりました

私はまだ下関市民になり約6ヶ月で、正直、観光案内は自信がないのですが大ベテランの荒石事務員と、当駅のスタッフと協力しながらいろいろ吸収して学びながら頑張りたいと思っておりますので今後ともよろしくお願いいたします!!

 

 

とっ!!言うことでさっそく観光協会からの地域情報をお知らせいたします

豊北町の阿川には『おじいちゃんの菖蒲園』と呼ばれ地元住民に親しまれている菖蒲園があります(#^ⅴ^#)

これがまた素晴らしい菖蒲園なんです!

この菖蒲園の管理をしているのは豊北町阿川の小林誠治さん(90歳)です。御年90歳でほぼお一人で菖蒲園を管理されています!!すごい!!

そしてこれまたすごいのは、この菖蒲園を始めたきっかけなんです(#^ⅴ^#)

こば爺こと小林さんは、病気で寝たきりになった奥様のことを想い、きれいなお花を見せて元気を付けて喜んでもらおうと、ハナショウブやアジサイをコツコツと育て始めたのがこば爺の菖蒲園ができたきっかけとのことなのです!!

なんて素晴らしい~

山間にある自宅前の荒れ果てた休耕田を少しずつ開墾し「ハナショウブ」や「アジサイ」を植えながら景観を整えてきて今は約3千平方メートルにまでの広さになっており、毎年美しいハナショウブやアジサイが花を咲かせ、まるで桃源郷のような景色になるとのこと
奥様の病状も小林さんの思いが通じたのか良くなり、こば爺の菖蒲園は今現在では豊北町の観光名所の一つとなっていて毎年この時期は大勢の観光客の皆様が訪れています!(^ⅴ^)!

なんて心温まる・・・愛のこもった菖蒲園なのでしょう(T∀T)

そして今、その菖蒲園が見頃を迎えております♪

現在のこば爺の菖蒲園の画像をいくつかご紹介いたします(*^ⅴ^*)

 

左の画像は当駅の駅長が朝6時くらいに菖蒲園へ行って撮影したものです。

早朝なので少し靄がかかってるように見えますね(^^)

 

 

朝でもこんなにたくさんのハナショウブやアジサイの花がキレイです

 

 

 

こば爺こと小林さんはこの菖蒲園のお花たち約3万本をほぼ一人で作り、今も管理されてるんです!!

奥様への深い愛情がつよく伝わってきますね~

 

そしてこれ以降の写真は下関市役所豊北支所の末永さんから頂いた菖蒲園の写真です

 

ピンクや白、紫の花々が奥までキレイに並んで咲いていますね

 

 

紫色や薄紫、白色のハナショウブがキレイに花を咲かせています

 

アジサイの花がハナショウブを囲んでいて何だか園内は柔らかさがありますね(#^ⅴ^#)

 

小林さんは、今年アジサイをたくさん植えたとのでアジサイとハナショウブの調和を見て欲しいとのことです

皆さんも是非この見頃を迎えたこば爺の愛のこもった菖蒲園へ足を運んでみてはいかがでしょうか(#^ⅴ^#)?

国道191号線(阿川ガソリンスタンドの交差点)から阿川駅方向に200mほど進み、『こば爺の菖蒲園』ののぼりと看板が見えて来たら左折した後しばらく進むと到着いたします!

こば爺の菖蒲園へのアクセス

車でお越しの際は園の下にある砂利の駐車場をご利用下さい駐車場には20台ほど駐車可能とのことです>^_^<

そして『こば爺の菖蒲園』の観覧料は無料です(#^ⅴ^#)
無料ですが愛のこもった菖蒲園なので、訪れる際は皆様も愛を込めてお花を眺めて頂ければ小林さんも喜ぶと思います

見頃は6月中旬まで続くとのことです!ただ雨に打たれると花がダメになってしまうとの情報もありますのでお天気予報を確認しての訪問をお勧めいたします!(^^)!

お天気が良い時を見てお早目にお越しくださいませ(#^ⅴ^#)/

菊地でした