~観光地紹介~

 

 

↑ 上記写真はH25年4月4日(木)撮影のものです

 

みなさん こんにちは !

走ることとビールが大好きな 山本 です。

本日は隣町(下関市豊浦町)にあります、国指定天然記念物、川棚のクスの森を

紹介いたします。

☆ 国指定天然記念物、川棚のクスの森

    日本三大樟樹の一つ(下関市豊浦町川棚下小野)

天を覆いつくすように枝を広げる一本の樟(クス)の巨樹で、まるで森のように見える

ことから、こう呼ばれています。日本三大樟樹の一つで、樹齢約1,000年、

目通り幹周り11.2m、樹高27m、枝張り東西58m、南北53m。

平成2年6月には「新日本名木百選」に選ばれています。すぐ近くには俳人:種田山頭火

の句碑が建てられています。

道の駅『北浦街道 豊北』から車で行かれる場合は 国道191号 ⇒ うかほんごうより

県道260号 ⇒ 大河内温泉を通過 ⇒ 県道35号 ⇒ 川棚クスの森着

走行距離=22Km、所要時間=約30分 です。

先日、駐車場等も整備されたばかりで、とても見学しやすくなっております。

尚、詳しいお問い合わせは 豊浦町観光協会 ☎ 083-774-1211まで

当道の駅で、響灘(日本海)の素晴らしい景色を見た後は

森林浴 ! としゃれて見てはいかがですか ?

 

以上、山本がお伝えいたしました。