イカについて

みなさんこんにちは、平田です。

雨が降ったり降らなかったり降ったり降られたり

梅雨まっさかりの水無月ですね

水無月というより気持ち的には水有月といった感じでもありますが

この日本特有のじめじめした気候を逆手にとって

日本のTUYU体験ツアーなんて海外向けに組めば流行るのではないでしょうか。

紫陽花とかきれいですしね。

さて、本日はこちら

イカです。

漢字で書くと烏賊となります。

初めてこの漢字をみて正しく読める人はいないでしょう。

それどころかこれが海の中で泳いでいるものとも思わないでしょうが・・・。

私は道の駅ほうほくで初めて生で泳いでいるイカを見ました。

もちろんそれまでもテレビや本などで見てその姿は知っていて

もしかすると水族館でも見たことがあるのかもしれませんが

その泳ぐ姿に心を奪われてしまいました。

大げさでもなんでもなくその泳ぐ姿のかわいさといったら・・・。

犬派か猫派かと訊かれて迷わず、うさぎ派と答える私ですが

うっかりイカ派になってしまいそうなそのくらいの衝撃でした。

閉店後水槽を眺めているとついつい時間を忘れてしまうことも

道の駅ほうほくには多数のイカをつかった商品がございますし、

レストランでも活作りを食べることができます。

しかしその前にぜひそれらが加工される前の、調理される前の姿を見てほしいと思います。

このかわいさは写真では決して伝わらないと思います!

以下写真