土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムの古代ハス

皆さま

こんにちは!菊地です 😀

梅雨真っ只中の昨今はテラスから角島を含めその他の景色がモヤモヤ~ンと霞がかる日が続いております。

でも

でもですよ?

その霞がかった景色でも、美しい!と言ってくださるお客さまもいるんですよ(^-^)

晴れてる時だけが美しいってわけではないのですね。
美しいものはどんな時だって美しいってことですねッ!

様々な視点から景色を眺めることもやっぱり大切なんですね~(^-^)

お客さまの一言から学ぶこと感じることが本当に多い毎日です♪

 

そんなことを感じながら昨日テラスに出て見ましたら茶碗蓮の神秘的なピンク色の花が目に入りました 😯

 

あぁ

もう蓮の花が咲き出す時期だぁ・・・

 

 

帰宅後、真っ先に向かったのは町内にあります我が国唯一の人類学専門の博物館である『土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアム』

この施設の敷地内には植物学的にも極めて貴重な古代ハス(大賀ハス)の池があります。

古代ハス(大賀ハス)についてはこちら(ウィキペディアフリー百科事典より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B3%80%E3%83%8F%E3%82%B9

 

まだ早いかなぁ?

とは思いましたが、一路その古代ハスの池へ

昨年は池の上の架橋が老朽化のため通行不可能でしたが、昨日行った時はそのような表示もなかったので(恐る恐る・・・)橋を歩き池の中で丈を伸ばしている古代ハスたちを近くで観察♪古代ハスの花はまだ1割にも満たない程度の開花状況でしたが、蕾がふくよかに膨らんでいたので数日後にはどんどん開花すると思いますよ

見頃はおそらく今月末あたりからでしょうね♪
またその時になったらお知らせいたしますね(^-^)

 

それにしても蓮の花って・・・本当に神々しく華やかで清楚で上品な花ですね・・・(*´∀`)

蓮の花を見ていると何か心の奥から深く息ができるというか、心が穏やかになりますね。

昨日は夕日に照らされオレンジ色が透けて見える蓮の花と蓮の葉っぱたちに心癒されて来ました。

土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムの蓮池の隣には紫陽花の花たちも美しい彩りで花を咲かせていましたよ♪

ミュージアム内には、遺跡から発掘された貴重な出土品、人骨や指輪などが展示されています。お越しの際はぜひミュージアムへも足を運んでみてください(^-^)

歴史を超えて花開く古代ハスと弥生時代のロマンを豊北町で感じてみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしております♪

以上

菊地がお届けいたしました 😀