絶品 ☆ 北浦のウニ

こんにちは 中野です 😀

 

先日、

阿川から滝部に向けて 山あいの道を車で走っておりましたところ、

首がびっくりするくらい 二度見する光景 が 目に飛び込んできました 😯

 

 エッ(゚Д゚≡゚Д゚)   エッ(゚Д゚≡゚Д゚) 

田植えが終わった今の時期は、

水路や田の様子を見て回ったり、

苗の植え継ぎをされる農家の方の姿をよく拝見します

この日も ご覧のように コツコツと 植え継ぎをされている女性がひとり・・・

・・・ Σ(・∀・;)!! 

か 、 か か し  っ っ (驚)!! 

さて。

1

こちらも先日の話題になりますが、

7月12日、 いよいよ夏の高校野球 山口県大会が開幕します 😉

気になる豊北高校 の 1回戦 は、

大会3日目 下関球場にて  青嶺高校(美祢市) との対戦です 

1

もう何年前のことになるでしょうか・・・

豊北高校時代の夏の思い出といえば、炎天下の野球応援の練習

中庭やグラウンドで、

とにかく 大きな声を張りあげて

歌う、、、いや、吠える!?   《 校歌 ♪ 》   と  《 若い力 ♪ 》  

狗留の霊峰 遙か~    青雲は高嶺に湧けり~

若い力 と 感激 に~    燃えよ若人  胸を張れ~

今でも全部覚えています(^▽^)♪

1

この北高伝統!?の応援練習、今もまだ行われているのでしょうか 😯

1

1

1

さて、さて。

今日はもうひとつ、旬の話題を 😀

阿川地区のウニ漁の様子をお届けしましょう

北浦のウニ漁は 毎年 6月末頃から解禁となり、

豊北町内各地の海岸では、漁期の8月頃まで収穫が続きます 😀

1

こちらは、

紫ウニ(この辺りではクロガゼと呼びます)

      紫ウニ しごの前(before)

       しごをされています 😛

       紫ウニ しごの後(after)

1

※ ウニを殻から出し、内臓や小さな殻など余分な物を取り除く作業を

    この辺りでは 『 ( ウニの ) しごをする 』 と 言います

1

こちらは、

ばふんウニ(この辺りではウマノコと呼びます)

1

こちらは、

赤うに(この辺りではアカガゼと呼びます)

1

私も温かいごはんに とれたての生ウニをのせていただいたことがありますが、

何とも言い表せないウニ独特の濃厚な甘み、

ふわふわ~っとした やわらかい食感 は ・・・ 格別の味です

道の駅ほうほくでは、

四季を通じて 北浦のウニを使用した商品をお買い求めいただけます 😛

とりわけ 長期保存がきく瓶詰めウニは、お土産やご贈答に 大変人気です

また、ウニ漁がはじまり、

レストランわくわく亭では、

北浦の美味しいウニ丼 も お召し上がりいただけますので

皆さま 豊北町へお越しの機会にはぜひ、

今が旬の 美味しい北浦のウニ を ご堪能くださいませ