幻の魚を

みなさんこんにちは、平田です。

まだまだ寒いかなと思い厚着をすると意外と暖かかったり、

そう思って薄着でいるとやっぱり寒かったり…。

季節の移り目は安定しない気温に振り回される日々ですね。

 

さて、来たる3月24日に6周年を控えた道の駅ほうほく、

情報コーナーの飾りも一新し、その日を待っております!

もちろん6周年にはたくさんのイベントをご用意して

お待ちしております。

本日はその中の一つ、クエ鍋の振舞いをご紹介したいと思います。

 

クエ鍋、ということでもちろんメインとなる食材はクエなのですが

そもそもこのクエという魚、どのような魚なのでしょうか?

この地域ではアラとも呼ばれていますが、

名前は聞いたことあるけど食べたことはない、

そんな方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、クエはその希少性から幻の魚と珍重され、

専門の漁師ですら月に何本も取れないことが多い魚だそうです。

さらに味の方も身は淡泊ながら脂がのりもっちりとした食感、

皮にはたっぷりのゼラチン質が含まれ

おなじみ下関市名物であるフグと比べても、

勝るとも劣らない味わいだそうです。

ちなみにこんな姿をしております↓

今回はそんなクエの味を余すことなく堪能できるよう鍋にして

皆様に振るわせていただきます!

 

北浦産 クエ鍋振舞い
3月24日(土)
11時~
先着100名様

ぜひこの機会に幻の味を堪能してみませんか?