角島大橋開通20周年!

皆様こんにちは、平田1号です。

本日は全国的に「文化の日」ということでお休みの方も多いかと思います。
文化の日、すなわち日本国憲法が公布された日ということで、
歴史上大変重要な日である今日ですが、
豊北町民としては、本日はそれと同じくらい重要な日でもございます。

「角島大橋、開通20周年記念日」

ということで、事前に何度か当ブログでも紹介させて
いただきましたが、本日からちょうど20年前、
今でこそ当たり前のように車でその全国屈指の絶景を眺めながら
渡れる橋もまだなく、定期便の船で本土と行き来していたころ
その二つを架ける橋が完成しました。

▲建設中の角島大橋
私は当時小学生でしたが、記念セレモニーに参加し、
歩いて橋を渡ったことは今でも覚えています。
とはいえ、その当時はもちろん道の駅ほうほくも存在せず、
ましてやこの景色を求めて全国から観光に訪れる方がいるなどとは
おそらく誰も思わなかったのではないでしょうか

そんな角島大橋の20周年を記念して。
先日から販売を開始した記念切手シートはあっというまに
完売続出、道の駅ほうほくでも販売しており、残りわずかですが
在庫もございますので、お買い求めの方はどうぞお早めに!

また本日から、
下関市立豊北歴史民俗資料館(太翔館)2階講堂におきまして、
角島大橋開通20周年企画展「角島の祭りと信仰」を行っております!


角島大橋開通20周年にあたり、島の風土、歴史、生活文化体系のなかで
伝承されてきた祭りや信仰が架橋前後でどのように変化してきたのか、
写真や映像を中心に紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

道の駅豊北にも、この角島大橋をモチーフにした素敵な

お土産物も各種ご用意しておりますので、お買い求めくださいませ!