最も寒い日に

みなさま、こんにちは白石です。

本日1月20日は大寒です。

大寒は二十四節気のひとつで、小寒から立春の前日までの「寒の内」の真ん中あたり一年でも最も寒い時期です。各地で一年の最低気温が記録されることが多いです。「大寒」の朝の水は腐らないとか、この日に産まれた卵は栄養価が高いなどといわれます。

ということで、今回は大寒の日に食べると良いとされている食品を紹介したいと

思います。

卵です。

品種改良や飼育環境によって、現代では一年中卵を産むニワトリですが、ひと昔前までは寒い季節に卵を産むのは珍しいことでした。

そのため、寒い時期に産まれる卵は大変貴重なものであり、寒さに負けることなく産み落とされた卵は栄養満点で、卵を食べると1年間病気知らずに過ごせると言われるようになりました。

甘酒です。

日本の伝統的な飲み物であり発酵食品である甘酒は、飲む点滴と言われるほど栄養価があります。甘酒は疲れを癒し、身体が温まる飲み物として大寒の日にもピッタリな飲み物です。

興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。