きくいも

 

今日はあいにくのお天気で
朝は曇っていましたがお昼から小雨が降ったりしてます。
最近晴れが続いていたのでたまには雨も必要ですね☂
こんにちは。大下田です。

今回は本日入荷されていた『きくいも』が気になったので
ちょっとご紹介したいと思います。

この『きくいも』ですが、
スーパーフードと呼ばれているようです。

菊芋(キクイモ)がスーパーフードと呼ばれるようになった理由が、「イヌリン」という成分の含有率。すべての野菜の中で、イヌリンが最も多く含まれているのが菊芋なんです。イヌリンというのは、100%植物由来の水溶性食物繊維。血糖値の急上昇を防ぐ効果が期待できることから、糖質や血糖値が気になる方、糖尿病が心配な方に選ばれるようになり、今では「天然のインスリン」などと呼ばれるようになりました。

ちなみに菊芋は、名前に“芋”とつきますが、実はキク科の植物でデンプンをあまり多く含まないという特徴もあり、「奇跡の健康野菜」として健康雑誌やテレビ番組などで取り上げられているんです。

豊富なイヌリン(水溶性食物繊維)を含む菊芋がこれほどまでに有名になった理由は、血糖値の急上昇を抑える効果が期待できる点。

イヌリンは体内で水に溶けるとゲル状になって余分な糖質を包み込み、結果的に消化・吸収を阻害すると言われています。菊芋を食前や食事中に摂取することで、急激な血糖値の上昇を抑えられるとされる理由がこれなんです。

血糖値の急上昇は糖尿病やさまざまな生活習慣病の原因になると言われているため、糖尿病が心配な方や血糖値を気にする方から大注目されているというわけですね。

血糖値の急上昇は、脂肪の蓄積にもつながると言われていますから、血糖値が気になる方はもちろんダイエットにも菊芋はおすすめ素材と言えるんです。

きんぴら、天ぷら、中華炒め、きくいもチップ、酢漬け、かき揚げ、わかめサラダと
さまざまな調理法がありますので、飽きずに食べられますね^^

私のおススメはツナマヨ和えと甘唐揚げです。

『きくいものツナマヨ和え』材料(2人前)
きくいも  200g
ツナ油漬け  70g
調味料
マヨネーズ 大さじ2
ごま油   小さじ2
砂糖    小さじ1
小ねぎ (小口切り)適量
作り方
準備.
きくいもは水で洗い、汚れを落としておきます。 ツナ油漬けは油切りをしておきます。
1.きくいもは5mm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで火が通るまで3分ほど加熱します。
3.2に、ツナ油漬け、調味料を入れ、味が馴染むまで和えます。
4.器に盛り付け、小ねぎを散らしたら完成です。

『きくいもの甘辛揚げ』材料(3~4人分)
菊芋  300g
片栗粉  大さじ3
★醤油  大さじ2
★砂糖  大さじ2
★みりん 大さじ2
白ごま  大さじ2
*オリーブオイル(サラダ油)適量
作り方
1.きくいもは綺麗に土をそぎ落とし、一口大に切る。
ボールにきくいもを入れて上から片栗粉を入れボールを振りながら均一に片栗をまぶす。
2.大目の油、低温でじっくりきくいもを揚げ、取り出す。
3.フライパンに★の調味料を入れ煮立たせ、揚げたきくいもを入れ、
汁けがなくなり照りがでるまで煮詰めたら、白ごまを振って出来上がり。

気になったかたはお試しくださいませ(*´ω`*)