クセになるモックモク

みなさま、こんにちは白石です。

本日9月9日は日本の食文化・燻製(スモーク)の日です。

大阪府寝屋川市に本社を置き、スモークサーモンなどの燻製商品の製造販売を手がける株式会社ヒラオが制定しました。燻製をブームで終わらせずに日本の食文化のひとつとして根付かせるとともに、燻製文化を通して魚介類の消費拡大にもつなげていくのが目的です。日付は9と9で燻製を作るときの燻煙をイメージした「モク(9)モク(9)」から。

ということで、今回は燻製に関する商品を紹介したいと思います。

燻製塩です。

桜のチップでじっくり燻製し、スモークの香りをしっかりと残したお塩になります。
おつまみに少しかければ自宅で簡単燻製気分を味わえます。

いぶりがっこです。

ならの木、桜の広葉樹を日夜燃やし続け真白な大根をきつね色に干し上げた、昔なが

らの素朴な風味となっております。

また、燻製におすすめの商品も紹介したいと思います。

ポテトチップです。

お手軽に試せるのが、ポテトチップの燻製です。

短い時間でささっと燻製の香りをつければ、大人のおつまみに大変身です。

たこです。

噛みしめれば噛みしめるほどうまみが出てくる食材です。噛みしめることにより一層風味を楽しむことができます。

ちくわです。

燻製したちくわは香ばしく、お酒のおともにぴったりです。

そのままでもおいしいですが、マヨネーズやわさび醤油とも相性抜群です。

興味のある方は先ず燻製塩から試してみてはいかがでしょうか。