ご飯のお供とひじきの日

みなさま、こんにちは白石です。

本日9月15日はひじきの日です。

カルシウム・鉄分等のミネラル、食物繊維が豊富で、添加物など一切使用していないひじきは、健康食・長寿食として親しまれています。

これからの高齢社会に向け、単に寿命が延びるだけでなく、健康に長生きしていくことが大切である、との考えから、「ひじきをもっと食べて健康に長生きしてください」との願いを込めて、昭和59年に三重県ひじき協同組合が9月15日(旧敬老の日)を【ひじきの日】として今日に至っております。

今回はそんなひじきと今旬な新米にピッタリなご飯のお供について紹介します。

ゆずみそ

地元の農家さんが作っています。人気のジェラート店「ポポロ」にも採用されている万能商品です。

わかめ入青のり&こんぶ梅

青のりに茎わかめを加えた佃煮と紀州梅と北海道昆布を炊きこんだ人気商品です。チューブタイプなので食卓にも最適です。

バターしょうゆ

「スマステ」「ヒルナンデス」等で全国に紹介された山口県の商品です。ガーリックがかなり強いので、好き嫌いがわかれる商品ですが、色々な料理と相性抜群。

ひじきのり佃煮

山口県産の「海苔」と「ひじき」のコラボです。温かいご飯に最適です。磯の香りをお楽しみください。

アカモク生ふりかけ

アツアツご飯に乗せると、アカモクのネバッとした食感。胡麻とカツオの風味が広がり、卵かけご飯にもおすすめです。

わかめしぐれ

下関の良質なわかめを独自の製法で佃煮にしました。おにぎりの具にしたり、お茶漬けと美味しく召し上がりいただけます。

たまごかけごはんしょうゆ

地元で、たまごかけの醤油といえばさしみしょうゆ「吟上」。そういった声に背き試行錯誤を重ね、たどりついた味。甘口仕立なので子供受けが良いみたいです。

きざみわかめ(限定数量)

長州藩(山口)のお侍が、刻んだわかめを熱いご飯にふりかけて食べるのを見て、びっくりしたというお話があります。地元豊北町の天然わかめで作りました。

味わかめ&茎わかめ

味わかめは、パリパリした食感が大人気の商品です。茎わかめは、こりこりした歯ごたえのわかめの茎の佃煮です。

百姓の塩(限定数量)

生産量が少なく、入荷が中々できない商品です。全国から注文が殺到しています。夏塩は旨みが強く、冬塩はさらりとした旨みです。

興味のある方はぜひお手に取り下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です