人類最古の木の実とガラポン抽選会

みなさま、こんにちは白石です。

本日9月30日はクルミの日です。

長野県のクルミ愛好家らが、「ク(9)ルミ(3)は丸い(0)」の 語呂合せで制定しました。寒い地方のリスたちは10月も末になると、冬越しの準備のため、せっせとクルミを集めはじめます。人間にとっても、クルミは大切な栄養素を含んでいて、毎日の食事に適量を摂り入れると、善玉コレステロールが増加します。

また、木材としてのクルミの木は、硬い材質なのに微妙な「粘り」があり、歩き心地がいい床材として人気です。木質は緻密で、なおかつ非常に美しい木目をしています。フローリングの専門家も、家を建てるなら床はクルミで、と思うほどの材質です。
クルミは英語でいうと「ウォールナット」。チークやマホガニーと並び、世界三大銘木の一つに数えられています。

そのようなクルミを道の駅北浦街道豊北では、中村菓子流通センターとふじ珈琲さんが販売いたしております。

また、本日は9時より新米ガラポンチャレンジをエントランスホールにて開催いたしております。お1人様1回100円無くなり次第終了とさせていただきます。

12時30からは350万人達成記念大抽選会を開催いたします。空くじなし千円以上のレシートでお1人様1回先着350名様限定とさせていただきます。

どちらも数に限りがございますのでどうぞお早めにお越しくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です