少し早目の雛飾り

みなさま、こんにちは白石です。

早いもので三が日からもう10日もたちました。

店内では、お正月の飾りからすっかりと変わり、ひな人形が飾られています。

一段目に飾られている女性を俗称でおひなさまといい、男性を俗称でお内裏さまと呼んでいます。二人の両端にあるものを雪洞(ぼんぼり)、間にあるの物を三方揃(さんぽうそろい)といいます。

二段目に飾られている三人の女性を三人官女といいます。

向かって右の官女が長柄(ながえ)という道具を持っています。真中の女性が島台(しまだい)という道具を持っています。左の官女には提子(ひさげ)という道具を持っています。三人官女の間に置かれているものは、菱台といい菱餅を置きます。

ひな祭りまでまだ時間がありますが、今のうちにゆっくりと準備を始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です