あれから8年、これからも想いを

皆様こんにちは、平田1号です。

本日、3月11日は皆様ご存知の通り
ちょうど8年前、東日本大震災が起こった日です。

8年という時間で、たくさんの人の想いが集まり、
今日の形になったのだと思います。
しかし今もなおその傷跡に苦しむ人たちは確かに存在します。

道の駅ほうほくには東北支援のコーナーがあり、
その売り上げの一部を毎年、義援金という形で支援しております。

また鮮魚コーナーでは東北のカキやホタテを扱うなど、
復興支援にかかわる商品も多く取り扱っております。

また先日は店内に設置してある募金箱とともに
寄付し、多くのメディアに取り上げていただきました。

それらはすべて、少しでも多くの方に
被災地の復興を思う機会になっていただけたらと思っております。

天災が頻発する昨今、東北に限らず多くの場所で
その被害に苦しむ人たちがいます。
これからもそんな人たちを想う、ふとしたきっかけを作っていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です