育てて食べて元気よく

みなさま、こんにちは白石です。

本日7月19日は愛知のいちじくの日です。

特産物であり日本一の出荷量を誇る愛知県産のいちじくを、もっと多くの人にアピールし、その美味しさを知ってもらおうとJAあいち経済連が制定しました。

日付は愛知県産のいちじくが数多く出回る7月から10月までの4ヶ月の、「いちじく」の語呂合わせからそれぞれ19日としました(7月19日・8月19日・9月19日・10月19日)。

本日はイチジクについて紹介したいと思います。

イチジクは古くから栽培されていた果実で、果糖、ブドウ糖、ビタミン、カリウムなどのさまざまな成分が含まれ、食物繊維も豊富な独特の甘みのある果実です。

道の駅北浦街道豊北ではイチジクの苗木なども販売しております。

イチジクは育てやすく家庭向きの果樹ですが、耐寒性がやや弱く、関東地方北部以北では庭植えでの栽培は難しいようです。また、カミキリムシの被害が多く、ただ植えておくだけでは枯れることが多いので、防除が必要です。
収穫が始まると、毎日少しずつ長期間収穫できます。熟果は雨に弱く、また鳥害を受けやすいので注意が必要です。

また、イチジクのジャムも販売しております。

いちじくジャムは香り高く上品な味わいが特徴です。いちじくのやわらかな甘みはしつこさがなく、酸味も強くないため優しい味わいで食べやすいジャムとなっています。
甘い香りは華やかさがあり、色は落ち着いた淡いピンク色をしたジャムです。食感も特徴的で、いちじく独特のプチプチとした食感はジャムにも残っているため、食感の楽しいジャムを好む方におすすめです。

興味のある方はぜひお手に取りご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です