個性豊かな新米たち

みなさま、こんにちは白石です。

本日10月25日は新潟米の日です。

日本を代表する美味しいお米の産地、新潟県。その新潟のお米をもっと多くの人に食べてもらおうと「JA全農にいがた」が制定しました。日付は新潟米のコシヒカリと、こしいぶきが、いいお米の代表であることから、10月25日(1025)を「い(1)いお(0)米、に(2)いがたコ(5)シヒカリ、こしいぶき」と読む語呂合わせからです。

ということで、今回は豊北町産の新米について紹介したいと思います。

先ずは田耕 中河内のお米です。

豊かな自然の中でのびのびと育てられたお米になります。

次に上畑 八城の里米です。

狗留孫山の麓に位置し、きれいな水と中山間特有の昼夜の温度差で美味しいお米にな

っています。

そして、粟野 はぜかけ米です。

はぜかけ米とは、稲刈り後の稲を「はぜ」にかけ、昔ながらの方法で天日乾燥したお

米になります。

興味のある方はぜひお手に取りご覧下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です