ぶちえー飴ちゃん

みなさま、こんにちは白石です。

本日11月15日は、のど飴の日です。

1981年(昭和56年)11月に、日本で初めて商品名に「のど飴」と名のつくのど飴「健康のど飴」を発売したカンロ株式会社が制定しました。2011年の発売30周年を記念したものです。日付は発売月の11月と、11月中旬より最低気温が一桁になりのど飴の需要期になること、11と15で「いいひと声」と読む語呂合わせなどからです。

ということで、今回は飴につい紹介したいと思います。

豊北町産の長門ゆずきちを使用した「ぶちえーゆず飴」です。

そもそも「長門ゆずきち」とは、スダチやカボスの仲間の香酸カンキツです。

長門の国で生まれ、ユズより優れているとの意味から”長門ゆずきち”と命名された北浦

地区の特産品です。

「ぶちえーゆず飴」は、11月以降に収穫された完熟の長門ゆずきちの果汁と果肉を丁

寧にジャムベーストに炊き上げ、ぎゅっと凝縮したオリジナルののど飴です。

香り豊かでマイルドな食味と優しい味わいで、これからの季節にもピッタリな商品と

なっています。

興味のある方はぜひお手に取りご覧下さいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です