身近ないい湯

みなさま、こんにちは白石です。

本日11月26日は、いい風呂の日です。

11月下旬になると、お風呂でゆっくり温まって疲れを取りたいという人が増えることと、11と26で「いい風呂」と読む語呂合わせから日本浴用剤工業会が制定しました。入浴剤の効用と普及拡大をアピールするのが目的です。

ということで今回は、身近な物でお風呂に入れるといいものを紹介したいと思いま

す。

ショウガです。

ショウガの効果は

・汗や加齢臭などの臭いの元となる菌を殺菌し、消臭する効果
・湯上り後も温かさが持続
・発汗作用、血行促進で代謝アップ、冷え性改善
・神経痛や腰痛の緩和

等があります。

お風呂の入れ方は、すりおろした生姜をお茶パックやガーゼに包み、中身が出ないよ

うにします。

ゆずです。

ゆずの効果は

・ゆずのいい香りでリラックス効果
・ゆずの皮にたっぷり含まれるビタミンCは肌に潤いとハリを与え、美肌に
・発汗作用、血行促進で代謝アップ、冷え性改善
・肩こり、腰痛、神経痛の緩和
・湯上り後もポカポカ

等があります。

お風呂の入れ方は、1個まるまる入れるか、輪切り、もしくは皮のみを中身が出ないよ

うにネットなどに入れてお風呂に入れます。

みかんです。

みかんの効果はゆずと似ており

・血行促進効果
・美肌効果
・リラックス効果

等があります。

お風呂の入れ方は、みかんの皮を洗い、乾かした後ネットなどに入れてお風呂に入れ

ます。

ショウガやゆず、みかん等は道の駅北浦街道豊北でも販売しておりますので、興味の

ある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です