今年初めの運試し

みなさま、こんにちは白石です。

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。

皆様はどの様なお正月を過ごされましたか。

初詣の話が続きますが、この間少し遅めの初詣に行ってきました。

初詣の場所は、特に縁も所縁もない豊北町滝部にある滝部八幡宮に行って来ました。

境内の様子はお正月用に飾り付けられていました。

境内の木の枝もおみくじで飾り付けられていました。

おみくじを結ぶ意味は、凶や大凶など良くないおみくじを、境内の木の枝など

に結びつけ、さらなるご加護をお願いするという意味などがあります。

また、運勢の順番は「大吉・吉・中吉・小吉・凶」等の吉凶の語で書かれます。

この順で運勢がよいとするのが基本ですが、「大吉」の次を「中吉」としたり、

区分けを増やして「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶

・半凶・末凶・大凶」とする神社も存在します。

皆様は今年はもうおみくじを引かれたでしょうか。

新たな年を迎えまだ見ぬ新たな神社(豊北町の神社など)で心機一転運勢を占って

みてはいかがでしょうか。

因みに私は末吉でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です