歩いて見て聞いた街並み

みなさま、こんにちは白石です。

今回はイベントを紹介したいと思います。

企画展 博学連携事業 地域探求「歩く・見る・聞く-高校生が見た滝部の街並み-」で

す。

豊北歴史民俗資料館は、豊北・下関北高等学校の生徒と一緒に「地域探究」という授

業の中で、昔の滝部の街並みについて調査しました。今回の展示はその中間報告に当

たります。どのようにして今の滝部のマチはつくられてきたのか。高校生たちが滝部

のマチを歩き、見て、地域の人々から聞いた移り変わりゆく滝部のマチの姿を、数々

の懐かしい写真と共にご紹介します。

期間は3月3日(火)→4月19日(日)まで。

場所は下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」二階展示室。

開館時間は9時~17時(入館は16時30分)まで。入館は無料です。

休館日は月曜日(月曜が祝日・振替休日の場合は翌平日)です。

お問い合わせは下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」まで。

℡&Fax083-782-1651です。

興味のある方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です