遅めのお詣りへ

みなさま、こんにちは白石です。

ここ最近は寒さと雪が続く毎日ですね。

さて、この間のお休みに密にならない様に今年も少し遅めの初詣に行ってきました。

初詣の場所は、豊北町滝部にある滝部八幡宮に行って来ました。

境内の木の枝もおみくじや絵馬で飾り付けられていました。

そもそも絵馬とは、神社や寺院に祈願するとき、あるいは祈願した願いが叶ってその謝礼をするときに社寺に奉納する、絵が描かれた木製の板のことです。絵馬は、馬などの絵が描かれて余白や裏面に祈願の内容や氏名などを書くものが、社寺で販売されています。

しかし、かつては神の乗り物としての馬、神馬(しんめ、じんめ)を奉納したとされています。一方、馬を奉納できない人達は次第に木や紙、土で作った馬の像で代用するようになり、現在の様な板に描いた馬の絵が見られるようになりました。

また、今年もおみくじを引いてきました。

皆様は今年はもうおみくじを引かれたでしょうか。

因みに私は今年は大吉でした。

今年も、皆さまにとって素敵な1年になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です