道すがらの阿川の紫陽花も見ごろ

おはようございます。橋本です

この一週間は梅雨を忘れたいいお天気になっていて、昼間は真夏日のような暑さになっています。この暑さにそろそろ扇風機を出そうかと思っています。

さて、田耕のあじさい園が見ごろを迎えつつあったので、毎年ご紹介している阿川の紫陽花を見に行って来ました。

道の駅ほうほくからは、国道191号線を長門市方面へ車で約10分。阿川のローソンを通り過ぎてガソリンスタンド手前の信号を右折。

踏切を渡ってすぐに二股別れた道を左折して約3分~5分の場所にあります。

例年の6分咲きくらいでしょうか?

見てみる限り、満開の紫陽花もあれば、蕾のものもありますが、花つきが少ないものもあり、例年よりは少ないように思います。

紫陽花は現在、品種改良などにより、2000種類以上の色々な品種がありますが、大きく「ホンアジサイ(テマリ咲)」や「ガクアジサイ」「西洋アジサイ(品種改良)」の3種類に分けらています。

「ホンアジサイ(テマリ咲)」とピンクの花の中に鮮やかだけど可愛い小さな青がある「ガクアジサイ」とそれに似た鮮やかな青一色ですが、真ん中が玉のようになっているアツミシボリ(と思われます。)

色々種類があって、楽しんでみることができると思います。そして紫陽花だけでなく、隙間に菖蒲の花も咲いていています。

駐車場はないので、通りすがりか、周りに迷惑にならない程度に停車してみる程度ですが、この季節ならではの光景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です