癒しのインテリア

みなさま、こんにちは白石です。

昨日は、ほぼ皆既の部分月食でした。

日本全国で観測可能な「ほぼ皆既」の部分月食としては、久しぶりな現象で次回

同じような条件で見られるのは60年以上先だそうです。

お月様を見られましたでしょうか。

さて、本日11月20日は多肉植物の日です。

岐阜県瑞穂市に本社を置き、サボテンや観葉植物、多肉植物の生産加工販売などを行う株式会社岐孝園が制定しました。多肉植物の個性やその魅力をより多くの人に知ってもらうのが目的です。日付は、同社が運営する「さぼてん村」のある岐阜県瑞穂市で多肉植物が美しくきれいに変身するのが霜が降り始める11月20日頃のため。

ということで、今回は多肉植物を紹介したいと思います。

多肉植物は、葉、茎または根の内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している食物の総称です。砂漠や海岸のような乾燥地帯に生育するものが多いです。多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多いです。

また、太陽が大好きで、育てるときは水のやりすぎに気を付け、ムレないように風通

しを良くすることが大切です。

道の駅北浦街道豊北で販売している多肉植物はサザエの殻や可愛らしい雑貨の入れ物

に植えられて販売しております。

また、ガジュマルなどの観葉植物も販売しております。

興味のある方はいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です