食べて飲んで元気に

みなさま、こんにちは白石です。

本日11月26日はポリフェノールの日です。

医学、運動生理学、栄養学、工学、農学、薬学など、ポリフェノールに関する幅広い分野の研究者が集う日本ポリフェノール学会が制定しました。国内外の研究でポリフェノールにはさまざまな健康機能があることが明らかになってきたことから、それらの研究成果を社会に還元し、国民の健康維持増進に貢献することが目的です。日付は11と26で「いい(11)ポリフェ(2)ノール(6)」と読ませる語呂合わせから。

ということで、今回はポリフェノールを含む食品について紹介したいと思います。

そもそもポリフェノールとは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分で、自然界に5,000種類以上あると言われています。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に役立つと言われています。

ワインです。

赤ワインはポリフェノールを豊富に含んでいると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

赤ワインのポリフェノールには心臓病のリスクを低下させる効果があることで知られています。

ただし、アルコールにはさまざまな健康のリスクも付いて回ります

多く飲んだからといって健康が促進されるものではないことには十分に留意してください。

お茶です。

緑茶に含まれる「カテキン」という成分の名前を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

カテキンは緑茶の渋みの元となっているポリフェノールで、全部で8種類存在します。

身近な飲み物である緑茶に、これだけさまざまな効果があるなんて驚きです。

ショウガです。

ショウガも、ポリフェノールが多く含まれる食品の一つです。

ショウガには独特の辛味成分があり、食べるとポカポカ温かく感じられます。

冷え性にお悩みの方にとってはショウガは積極的に摂取したい食べ物だといえます。

これから寒さも厳しくなってまいりますので、興味のある方はいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です