防寒

 

今朝の部屋の温度は10℃でした(-_-;)
昼間も気温は上がらず真冬並みの寒さだそうです。
そろそろ厚手のコートを出そうと思います。
こんにちは。大下田です。

こんな寒い時は
温かいものが飲みたくなりますね。

気軽にお湯を入れるだけで飲めるもの…

インスタントはこういう時には
本当、助かります。

こちら↑はほうほく夢市場で取り扱っている商品です。
もずくスープは好きなので
定期的に飲みたいものの一つです(*´ω`*)

そこでちょっと、もずくの効能について。

・美肌作りにも効果的!ヨウ素
ヨウ素は甲状腺ホルモンの成分になるミネラルで、エネルギー代謝を促進する働きや体の成長を促進する働きがあります。成長期の子どもにも欠かせない栄養素です。甲状腺ホルモンは肌や髪に潤いを与える働きがあるので、不足すると肌がカサつくなどの症状が出る原因にもなります。

・骨粗しょう症の予防に!カルシウム
骨や歯を作るのに欠かせないミネラルです。体内にあるカルシウムの99%は骨と歯に存在しています。また、筋肉を動かしたり、精神の興奮をおさえ安定させるなどの効果もあります。

カルシウムは吸収されにくい栄養素のひとつですが、ビタミンDと一緒にとることで吸収率がよくなります。

・骨の健康を保つ!マグネシウム
マグネシウムはリンやカルシウムと共に働き、歯や骨を作るために必要なミネラルです。また、カルシウムと協力して筋肉の働きを調整する役割もあります。さらに、体内の酵素の働きを助けてエネルギー生産にも関わっています。

・生活習慣病予防の効果も!β-カロテン
β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAは目の機能、皮膚や粘膜の健康を保つために必要なビタミンで、粘膜のダメージを回復する効果や免疫力を高める効果があります。また、肌荒れ予防にも効果が期待できます。

ビタミンAに変換されなかったものは抗酸化物質として働き、動脈硬化やがんなどの生活習慣病の予防や老化防止に効果が期待できると言われています。

・生活習慣病予防に効果的!フコイダン
フコイダンはもずくのぬめりのもとになっている成分で、水溶性食物繊維の一種です。悪玉コレステロールの排出を促す働きや糖質の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防に効果が期待できます。また、がん細胞を死滅させる働きがあることからがん予防にも効果が期待されています。食物繊維は噛み応えがあるので満腹感を感じやすく、しかも低カロリーなので肥満予防にも効果的です。

 

 

寒い日には温かい飲み物が骨身にしみます(*_*)
内臓を温めると身体全体が暖まってきます。
特にお腹を暖めるのがよいとか。。。

 

腹巻とか…。

 

カイロを巻き付けた腹巻とかいいかもしれませんねw
低温やけどにはご注意ください。

今年の冬はすごく寒くなりそうな予感がします。
ただ今、防寒対策に暖かいアウターを求めて模索中です…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です