お菓子に願いを

みなさま、こんにちは白石です。

本日6月16日は和菓子の日です。

848年(嘉祥元年)の今日、時の仁明天皇が16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったとされます。こうした故事から1979年(昭和54年)に全国和菓子協会が制定しました。

ということで、今回は和菓子などを紹介したいと思います。

おせんべいです。

こちらのおせんべいは、下関の特産品である「とらふく」「たこ」「わかめ」「くじら」をイメージして作ったものになります。

また、こちらのおせんべいは6月の月間奉仕となっておりますので、今月はお買い得と

なっております。

ボーロです。

地元のお菓子屋の吉村菓子舗さんが出されています。

ピーナッツと生姜、ひじきの3種類あり、素朴な味わいです。

月でひろった卵です。

様々な種類の味が販売されており、山口県の定番のお土産の1つです。

現在、道の駅北浦街道豊北では約7種類の月でひろった卵が販売されています。

全ての味を試されてみてはいかがでしょうか。

興味のある方はぜひこの機会にいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です