二見夫婦岩  ~新春の風物詩~

みなさん こんにちは!

本日は地元豊北町にあります『二見夫婦岩』を紹介いたします。

豊北と豊浦の境に、響灘を望む古くからの漁師町二見浦があります。

国道191号脇の海岸そばに立つ夫婦岩は、神聖な岩として信仰され、二つの岩をつなぐ

しめ縄は、毎年1月2日に締め込み姿(褌一丁)の青年の手によって張り替えられます。

 

 

 

毎年1月2日の午前10時前には、この伝統の神事を見物するため、県内外からたくさんの

方々が来られます。私も今年(2012年1月2日)初めてこの神事を見物しましたが、地元二見

の男(青年)たちが、厳寒の日本海で身を清め、大注連縄を張り上げる光景に感動しました!

尚、二見夫婦岩までは、JR山陰本線長門二見駅下車徒歩15分。中国自動車道下関IC

から35Km約50分です。

来年もこの神事を是非見に行きたいと思っています…!

以上、青い空・光る海に囲まれた「豊北町」とが大好きな 山本 でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です