道の駅 北浦街道ほうほく For Foreign Tourists

今月の営業時間

売店・・・・・・・・・・・・・8:30~18:00

パン工房・・・・・・・・・・9:00~17:30(定休日に加えて 6/25・7/9は臨時休業

レストラン・・・・・・・10:00~18:00(オーダーストップ 17:00)

今月の定休日

…定休日 

…臨時休業

※6月25日(火)パン工房のみ臨時休業

※7月9日(火)パン工房のみ臨時休業

newsお知らせ

スタッフブログ 2021.11.10

キーワードは「糖化」

みなさま、こんにちは白石です。

毎月10日は糖化の日です。

老化の原因物質である「AGE(= Advanced Glycation End Products/終末糖化産物)」。その数値を知ることで病気の予防に役立ててもらおうと、医師やエイジングケアに関連する取組を展開している各種企業・団体で構成されたAGE測定推進協会が制定しました。AGEはタンパク質と余分な糖が加熱され「糖化」してできる物質で、年齢とともに体内に蓄積され、皮膚の老化や認知症、血管障害などを引き起こすと言われています。日付は糖化(とうか)の語呂合わせから毎月10日に。

糖分は、人間が生きていくための重要な栄養素です。ブドウ糖の血糖上昇率を100とした場合の、血糖値の上昇する割合を数値化したものをGI値といいますが、GI値の数字が低い食品ほど血糖値が上がりにくく、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいことを意味します。
つまり、できるだけ低GI値の食品を選ぶことが、糖化の抑制につながります。

ということで今回は、糖化の抑制につながる食品を紹介したいと思います。

なめこです。

きのこ類に含まれている食物繊維の一種は、AGEとくっついて体外に排出する作用

があります。

かきです。

かき等に含まれるビタミンCは、抗酸化作用で体の酸化と糖化を防ぎます。

お茶です。

食事のときには、お茶を飲みながら食べるのがおすすめです。お茶の渋みには、ポリフェノールの一種、カテキンが含まれています。このカテキンには、糖質の吸収を抑える働きがあり、AGE化を防ぐことが期待できます。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。