十五、十三そして、十日夜

みなさま、こんにちは白石です。

昨日は、8年ぶりに満月と重なった「中秋の名月」でした。

満月は見れたでしょうか。

さて、今回は中秋の名月は過ぎましたが、お月見について紹介したいと思います。

そもそもお月見とは、1年の中で最も空が澄みわたる旧暦の8月に、美しく明るい月を眺める行事のことで、「十五夜」ともいいます。

もともと、十五夜は旧暦の8月15日とされていました。

月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている新暦では、1年の始まる日も1年の長さも異なります。
そのため、旧暦と新暦にズレが生じ、実際には、毎年9月中旬~10月上旬の間に十五夜(旧暦8月15日)がくるとされています。

お月見といえば、中秋の名月とよばれる「十五夜」が一般に広く普及していますが、他にも、十三夜や十日夜(とおかんや)というお月見行事があります。
十五夜、十三夜、そして十日夜の3つの月見を合わせて「3月見」といいます。

十三夜とは、十五夜の後にやってくる旧暦9月13日のお月見のことです。

十三夜は中国から伝わった十五夜に対し、日本由来の風習だといわれております。
また、十三夜には、栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

十日夜(とおかんや)とは、旧暦10月10日に行われていた収穫祭のことです。

毎年、十日夜の日にちも変わりますが、お月見がメインではないため、満月かどうかに関わらず新暦11月10日にお祭りを実施するところが多いようです。

十日夜は主に東日本で行われる行事で、西日本では旧暦10月の「亥の子(いのこ)」という行事に当たります。

お月見には、美しい月を眺めるだけでなく、収穫に感謝して、月に見立てたものや収穫物をお供えするという風習もあります。

お団子です。

月に見立てたお団子をお供えすることで、月に収穫の感謝を表します。
十五夜では15個、十三夜では13個を、ピラミッドのように積んでお供えします。

農作物です。

お月見は、豊作を祝う行事でもあります。
里芋、栗、枝豆など、収穫されたばかりの農作物をお供えし、収穫に感謝します。

中秋の名月は終わってしまいましたが、まだまだお月様はキレイです。
興味のある方は道の駅豊北で、お供え物を買われ自分なりのお月見をされてみてはい
かがでしょうか。

やばい!やばい!食欲がとまらない! 新栗ご飯

こんにちは 中野です

 

3連休の初日、

情報コーナーに来られたお客様からこんなご質問がありました。

 

この近くで  鯨汁(くじら汁) が 食べられるお店はありますか?

 

・・・ くじら汁、私は全く知りませんでした💦

お客様に少しお時間をいただいて、鮮魚のスタッフなどに聞いてみると、最近は見かけなくなったが、『くじらの皮(白い脂身がついた皮)の薄切りを野菜と一緒に味噌やしょう油で煮たお汁』であることがわかりました

残念ながら、豊北町など北浦エリアでは提供されているお店がなさそうで、お客様にその旨をお伝えすると、ものすごく残念そうに帰られた姿がしばらく思い浮かび・・・その後、もう少し調べてみると、JR下関駅前の大衆食堂で食べることができるらしい、ところまでたどり着きました。 先日のお客様がこのブログをご覧になっていることを切に願っております🐳

 

*******

さて、皆さまは こちらの道具をご存知でしょうか?

Processed with MOLDIV

ちなみに、工具ではありません。

台所用品、、、と いってもいいでしょう。

 

 

正解は・・・、 この人たちの 皮 む き 器  ↓↓↓

栗が出始めるシーズンになると、我が家で大活躍! 硬い鬼皮も、やねこい渋皮も、両方簡単にむけるので重宝しています☺

 

道の駅の売店・ほうほく夢市場にも、豊北育ちの栗がたくさん並ぶ時期を迎えました🌰

 

 先日さっそく購入して、その日の晩は、炊きたての栗ご飯 ♪

Processed with MOLDIV

 

栗があまりにもおいしそうで、・・・新米まで待てなかったーーーっ笑

よく見ていただくと、栗に渋皮がわりと残っているんですけど、栗ご飯は多少渋皮があるくらいのほうがおいしい!という、ウチはそんな感じです笑

新米ができたら、今度は土鍋で栗ご飯を炊いてみようと思っています!

 

続きです

今日はとても良いお天気でお出かけ日和ですね^^
3連休中日、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
遠出される方も多いのではないでしょうか。
コロナと車の運転にはご注意ください。こんにちは。大下田です。

今日から発売となりました
こちらの製品、ご紹介いたします。

ほっくんのスマフォスタンドです(*´ω`*)

可愛い❤

 

写真なんか置いてもいいですね(*^^*)

使い方自由ですw

軽いので持ち歩いてもいいかもしれないですね~♪

ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ

話しは変わりまして
前回今が旬のごぼうの商品についてお話したのですが
もう一つ、ご紹介したいと思います。

今回はお取り寄せ致しました。
ちょっとした、贅沢って感じです。

『ごぼううどん』
安富屋さんのネット販売でお取り寄せしました。
美祢の観光パンフレットに掲載されていて
食べてみたかったのでお取り寄せさせて頂きました。
(後で気付きましたが道の駅で販売していましたw)

店舗では冷やしうどん的なざるにのったうどんの紹介でした。(↓mine tabi BooKより)

中身は麺4食分でスープ4つ付いていました。

とりあえず

まずは普通の温かいうどんで頂きます^^

けっこうこしがあります。
うどんのような蕎麦のような中間の麺といった感じします。
ごぼうの風味が良いです(*´ω`*)

更に次の日、

『冷やしごぼううどん』で頂きました。

ネギとワサビでいただきます。

具が何もなかったwww

『うまい!!』(゚∀゚)!

 

私は冷やしうどん派です!

ごぼうの風味が増して美味しい^^?

わさびとのピリ辛と相まって
最高です。

1人前をペロリでしたww

安富屋さんにいった気分です(*´ω`*)

道の駅ほうほくゆめ市場にて販売中ですので

『冷やしごぼううどん』

ぜひ、お試しくださいませ~( *´艸`)

新米でました♪

こんにちは。橋本です

九州、山口は昨日でしたが、皆様、台風の影響は大丈夫でしょうか?

通り過ぎた後も、雨の影響で土砂災害が起こりうることがあります。十分にお気を付けくださいませ

展望テラスからの海も昨日の大雨の影響で沖の方まで濁っています。

 

さてさて、秋の実り!新米が店頭に並びました

袋に輝く「新米」の文字

昨年、山口県は害虫トビイロウンカの影響で坪枯れ被害が多発し収穫も半減していました。地元のお米が店頭にほとんど並びませんでした。今年は農家さんたちも色々対策されたこともあり順調に収穫できているようです

スタッフの中には家で稲作されている方がおり、最初の新米はどうやって食べる?と聞くと、「まず一口目は香りを嗅いで、そのまま食べる」との事。やはり昨年の不作もあるので、今年のお米は一際感謝して食べるそうです。

そして、他のスタッフにも意見を聞くと「やっぱり新米は、新米を味わえるシンプルな塩おにぎりがいいよね」との意見や、「漬物」や「卵かけご飯」、「地元産のきざみワカメ」「生ウニか去年のアルコール漬けのウニ」「新米のおかずは魚の塩焼き」「味の濃くないおかず」などなど色々ありました。

橋本は「きざみワカメ」か「ウニのアルコール漬け」です

皆様は、新米ごはんのお供は何でいただきますか?

 

 

一番うまくて、○○○なもの

みなさま、こんにちは白石です。

毎月17日は減塩の日です。

特定非営利活動法人 日本高血圧学会が制定しました。高血圧の予防や治療において大切な減塩をより多くの人に実践してもらうのが目的です。日付は世界高血圧連盟が制定した「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」の5月17日から、一年を通じて減塩を進めることを目指して毎月17日としたものです。

ということで、今回はあえて塩を紹介したいと思います。

萩の塩です。

「萩の塩」は、山口県萩市街から9km北にある笠山(かさやま)という日本で最も小さな火山のふもと、日本海に突き出た「虎ケ崎」(とらがさき)の海水が原料です。虎ケ崎は2万5千本の椿が自生する10ヘクタールの椿群生林があり、これらの椿が栄養塩類を生み出します。

味はまろやかでコクがあり塩辛さの中に旨味を含みます。

素材本来の味と香りを生かしたシンプルな料理によく合います。

また、ゆず塩は吉田松陰のポテトチップにも使用されています。

 

興味のある方はいかがでしょうか。

【重要】9月17日台風14号接近にともなう営業時間変更のお知らせ

9月17日(金)

台風14号の山口県接近に伴いまして、

15時閉店とさせていただきます。

 

※ レストラン わくわく亭 14時オーダーストップ

※ パン工房 ラメール 14時閉店

 

※9月18日は通常営業いたします。

 

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、

何卒ご理解のほど よろしくお願い申し上げます。

 

 

帰って来た漬物

皆さまこんにちは。政村です。

 

秋の気配と台風の気配が日々迫る豊北町ですが、本日は降らない予報です。今朝は花束のススキが良い感じでした。

秋といえば、梨の「あきづき」は来週出荷予定です。明日やって来るらしい台風を無事に乗り切って欲しいところです。

 

さて本日は新商品のご紹介から。

有機たかな漬手づくり奈良漬です。 特に葉物は有機栽培が良いですね。「山口県産」とありますが、すぐ近くの土井ヶ浜農園産ということです。道の駅から約5kmくらいのご近所です。漬物のメーカーは宇部とありました。おかえりなさい。

両方ともカット済みでないホールの状態です。他の食品にも言えますが、やはり食べる直前に切るのが一番ですね。

 

続いて、大きな生姜がありました。これで1個です。もとはこんな大きな塊で土に埋まっているんですね。私は小さい欠片でさえ余らせ気味です。今日も帰ったら冷蔵庫に居ます。とりあえず水を替えます。

 

そして本日もレンコンの出荷が好調です。繋がってます。見ているとプールのコースロープを思い出しました。巻き取ったところのよう。

 

最後に、チシャの苗が時期です。ちしゃなますで御馴染み、山口県の素朴な伝統野菜です。寒い朝に手で収穫する素敵なイメージが浮かびます。

 

 

 

二黄玉販売休止について(当面の間入荷未定)

いつも道の駅北浦街道豊北をご利用いただきまして、

誠にありがとうございます。

 

売店ほうほく夢市場にて販売しておりました二黄玉につきまして、

生産者の都合により

当面の間入荷が未定

 となっております。

 

お客さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが

どうぞよろしくお願い申し上げます

ごぼう

今日は朝から雨で足元がびちょびちょになりました。
靴下も濡れて気持ち悪いです…(*_*;
台風が近付いております。
17日の午後が一番接近するようです。お気を付けください。
こんにちは。大下田です。

『食欲の秋』という事で
今が旬のごぼうを使った商品に注目してみました。

この商品、前々から気になっていました。
美東町特産ゴボウで作られた

『ごぼうせんべい!!!!』(*´▽`*)

ごぼうの風味が凄いです!

カリカリで美味しい!

この歯ごたえクセになりますw

ごぼうの塊が混ざっていてなかなかいい感じです^^


ゴボウパウダーもついているようです。

とにかく”ゴボウ、ゴボウ”してて
ゴボウ好きにはたまりません(´艸`*)

旨みがすごいです(*^^*)

 

近くまでお越しの際は

ほうほく夢市場にて販売しておりますので

どうぞ、ご覧になってみてくださいませ。

 

ふるさとの風景に一筆添えて ~ お元気ですか? ~

こんにちは 中野です

 

つい先日、よく行く文房具店に寄ったところ、私好みの一筆箋シリーズに「山口県◇ご当地バージョン」が出ていました

Processed with MOLDIV

関東へ住む友人に 豊北の梨を送ってみようかと考えていたところでしたから、 「お元気ですか?」と 一筆添えたいと思います 角島大橋をモチーフにしたものはよく出ていますが、 瓦そば が描かれたようなものは珍しいのではないでしょうか?

 

*******

道の駅にも 豊北町の風景をモチーフにした雑貨を置いております♪

手ぬぐいや絵はがきなどをいくつかブログでご紹介したことがありますが、 私がおすすめしたいのは、 日頃からカバンに入れておくと意外と便利な こちらも “ ご当地一筆箋 ”

角島大橋デザインの一筆箋(20枚・250円)

となりの丸いものは、裏面が鏡になっている手のひらサイズの携帯ミラー(500円)です。こちらも角島大橋デザインですが、 私はこのどちらにも書いてある「豊」という文字がとても気に入っています笑

Processed with MOLDIV

 

*******

また、豊北町・福祉作業所 たまねぎハウスの利用者の方々が ひとつひとつ時間をかけて製作されたこちらのご当地キーホルダーも 世界にふたつとない 完全オリジナル品として、道の駅で販売しております!

なしの木キーホルダー(各種380円)

Processed with MOLDIV

ほうほく梨の木を、 枝切り ~ 磨き ~ 絵描き など 全て手づくりにこだわって加工されています。

観光大使のほっくんを描いてくださったり、「梨」と「(事故)ナシ」をかけて ほうほく梨が描かれているものもあります 

私は、国道191号線の「191」が好きです

 

今日ご紹介した一筆箋やキーホルダーは、こうして写真で見るよりも、実際に手に取ってご覧になったほうが よりいっそう愛おしく感じていただけると思います ♪

コロナ禍で 長らく連絡を取っていない方へ ぜひ一筆添えて贈り物をされてみてはいかがですか?