道の駅スタッフブログ(臨時ページ)
 ※現在スタッフブログサイトはサーバー移管を行っております。しばらくお待ちください。
   (移管後はバックナンバーもご覧いただけます)

2018年4月20日 ここでしか買えません!! 角島芋100%焼酎「夢さき」

こんにちは 中野です(^^)
今年は 早咲きかも・・・?という話を耳にしましたので、
おとなり- 豊田町の大藤棚を観に行ってまいりました♪



メインの藤棚のほうは“2~3分咲き”といった印象でしたが、
藤棚へ向かう緩やかな「藤のトンネル」は 見事に咲いていました♪
毎年思うことですが、藤の香りのすばらしいこと・・・
ぜひ 良きタイミングがありましたら、皆さまもお立ち寄りになってみてください(^^)

さて、
昨日-4月19日の各新聞にも掲載していただきましたように、
4月28日(土)より“道の駅豊北でしか買えない”あの☆角島芋焼酎がいよいよ登場!!!


角島産芋-黄金千貫(こがねせんがん)100% 芋焼酎
夢さき 720ml・1580円



原料のサツマイモ(黄金千貫)は、角島の赤崎さんが栽培されています。
昨年はイノシシによる被害が影響して 700本しか生産できませんでしたが、
今年は赤崎さんのイノシシ対策もばっちり☆ 1000本が完成しました!!!

「夢さき」は、スッキリとした口当たり・のどごしのキレが自慢の逸品。
お刺身など魚介類との相性もピッタリで、毎年ご好評いただいております♪

今年もゴールデンウィークの発売に間に合いました☆
豊北町へ帰省される皆さま、ご旅行などをご予定の皆さま、
「夢さき」は、道の駅豊北でしか買えません!!! ・・・ ので、
ご家族やお友達など 大切な方へのお土産に ぜひお買い求めくださいませ☆




2018年4月19日 古賀サービスエリア、リニューアルオープン!

みなさんこんにちは、平田です。
先月よりリニューアル工事のため、仮設営業となっていた
古賀サービスエリア(下り線)が
明日、リニューアルオープンいたします!

本日はそれに先立って、先日行われましたプレオープンの様子を
お届けしたいと思います。

店内にはたくさんのご当地を代表するお土産物がズラリと









さらにはこんな限定商品も






食堂もとっても賑わってましたよ




屋外屋台もおいしそうですね






九州からお越しのお客様はお帰りの際、
そうでないお客様は九州へ行く途中に、立ち寄られてはいかがでしょうか?




2018年4月18日 角島~元乃隅稲成神社へ行こう!やまぐち絶景満喫バス運行中♪

皆さま、こんにちは!
菊地です(*^-^*)

春爛漫ですね♪
回りを見渡すと新緑の中に彩り豊かな花々が
まるで咲き競い合っているかのように鮮やかで美しい姿を見せ始めています。

お隣長門市の絶景スポット「千畳敷」の近くにある「菅無田公園」の“いろどりの丘”の18,000本のキリシマツツジや
俵山シャクナゲ園の170種類30,000本もあるシャクナゲが今見頃を迎えているようですよ~(・∀・)♪

私は残念ながらまだ今年はどちらも行けていませんが
どちらも、ピンク、赤、白、淡いピンクと可憐で美しい色の花々と自然の色合いのコントラストが景観に美しく映え渡ります。





もう少ししたら豊田町の長正司公園の藤の花も見頃を迎える時期ですね♪

見頃になるとライトアップもされるようですので
皆さまも春ならではの花々が織りなす景観をぜひご堪能くださいね(*^-^*)


さて!
ゴールデンウィークももう間もなくやって来ますね!

今も変わらず
角島観光からの~元乃隅稲成神社観光のお問合せが急増中です。

以前より多くなっているのが県外からのお客様からのお問合せ。
その中でも公共の交通機関を利用して行ってみたい!というお客様の声が多くなってきています。

角島も元乃隅稲成神社も素晴らしい絶景スポット!
山口県に来るならば是が非でも立ち寄っていただきい場所なのですが
公共の交通機関の利用だとバスの乗り継ぎ、タクシー手配などがあったりとちょっと難あり・・・(;´・ω・)

「混雑はなるべく避けたい・・・でもせっかく行くならやっぱり角島も元乃隅稲成神社どちらにも行ってみたい!!」
という方に是非利用していただきたいのがこちら!!

『やまぐち絶景満喫バス』



昨年に引き続き、今年も4月1日から2019年の3月31日までの土、日、祝日限定で角島から元乃隅稲成神社までを満喫できる観光バスが運行されています☆

何とお一人様からでも受付可能(^^)/


~3名でのご予約の場合は小型タクシー、4~9名はジャンボタクシー、10~24名の場合は小型バスか中型バス、25名以上は大型バス・・・といったように
人数に応じて利用する運送機関も手配してくれますよ!



コースは
湯田温泉から始まりJR新山口駅→道の駅北浦街道ほうほく→角島大橋・角島灯台公園→元乃隅稲成神社→JR長門市駅→長門湯本温泉→JR長門市駅→湯田温泉(終点)

当日の道路状況等で時間調整などもあるかもしれませんが、確実に角島と元乃隅稲成神社の絶景を巡ることができます♪

旅行代金は大人お一人様6,000円、こども3,000円。
申込締切日は旅行当日5日前まで。

角島と元乃隅稲成神社までの旅行を検討されている方
興味のある方は「JTB旅の予約センター」までお問合せくださいね☆

☆JTB旅の予約センター  TEL:0570-052-489







世界が認めたやまぐちの絶景を見にきませんか♪

菊地でした(^^)




2018年4月16日 今年も泳ぎます

こんにちは。
ウチヤマです。

一昨日の土曜に軟式野球の試合観戦をしましたが
もの凄い雨と強風でショートフライが風に流されて
ファーストがキャッチするという予想もつかない
ゲーム展開にハラハラドキドキでした。
どんなスポーツもその日の天候や
コンディションなどにより、
最後まで何が起こるか分からない。
それがまたおもしろいところなのかもしれませんね。


さて、本日は快晴の月曜日!
そんな日に!!!
今日から登場です。



鯉のぼり~(^O^)

さっそく気持ち良さそうに泳いでますよぉ♪
ゴールデンウィークももうすぐ!
今日のようにいいお天気の日には
スタッフと共に鯉のぼりがお出迎えいたしまーす('∀`)
どうぞごゆっくり当店でのひとときをお過ごしくださいませ。




2018年4月15日 豊北町でとれた特産品!!青のり販売開始!!

こんにちは。橋本です。

昨日は雨風が強く、イベント告知のPOPも吹き飛んでいってましたが、今日は若干肌寒いものの雨風はだいぶ落ち着いて日の光も差しています。
昨日お出掛けを取りやめた方、今日はお出掛けしてもいいかもしれませんね~(^O^)
さて今週の10日(火)から漸く、漸く豊北町を流れる粟野川で青のり漁が解禁されました。
今季は雨不足などで川の数量が少なく育成が遅れ平年にくらべ、3か月以上遅れての漁解禁になりました。
まだまだ肌寒い中、川に入り熊手のような『さらえ』と言う道具を使って青のりを書き取り、収穫した青のりはその日の内に真水で洗い
天日干ししていたそうです。





道の駅ほうほくでも先日金曜日から店頭で販売しています。





青のりは、フライパンで軽く温まるくらいに炒ったり、電子レンジで温めてから揉み解して細かくします。
その際、青のり独特の磯の香りが立つのですが、青のりは基本的に気温が上がると品質は落ちるそうで、
今年の青のりはあまり香りが例年に比べて少ないですが、青のり自体はきめ細かく品質は上々です。
ですが、やはり口に入れると、ほんのり磯の香りが香る感じはあり、アツアツごはんにかけて食べると美味しいですよ(^^)
さっそく橋本は昨日の夕飯で食べました~v久しぶりの青のりご飯で箸が進みましたね~(^O^)



青のりと言うとお好み焼きやたこ焼きの上にふりかけたりしますが、
この辺りでは青のりに醤油を垂らして、ご飯のお供にして食べたり、
豊漁だと氷餅(かき餅)を作る際にいれたりしています。←焼くと青のり独特の磯の香りがして美味し!
今年は暖かくなってからの漁なので、品質の事も考えると4月末まで数回の漁になりそうだとのこと。
例年に比べて収穫量も少ないので、価格も高騰しています。
道の駅ほうほくで販売している青のりも例年より価格が少し高くなっていますが、
季節限定、数量限定の豊北町の味!!!ぜひお買い求めくださいませ~!(^^)!




2018年4月14日 “待望の・・・”が続々!! 特牛の生ウニも入荷

こんにちは 中野です(^^)

通勤途中、いくつか梨園の横を通るのですが、
白い梨の花が満開で ついついスピードを緩めてしまう毎日です。



実はワタクシ、足腰がいちばん丈夫だった頃に(笑)、
梨の受粉をするアルバイトをしたことがあります☆
傾斜のある場所で、長時間 首を上に傾けての重労働でした(TT)
生産者さんのこうした日々の作業の積み重ねがあってこそ、
毎年おいしい豊北梨を味わうことができるんですね♪


さて、 売店-ほうほく夢市場では、
これまでお問い合わせが多かった“待望の商品”が 4月初旬から 続々と入荷中!

北浦産 天然あかもく(冷凍)



粟野川産 青のり



そして、鮮魚コーナーには・・・

特牛産(こっとい) 生ウニ





この生ウニも毎年たくさんのお問い合わせをいただいております!
あかもくや青のりよりもうんと入荷数量が少ない為、
午前中 早い時間帯に完売することも珍しくありません☆
約100g入で、滅菌海水に浸しておりますので、
お召し上がりになる際は、真水で軽くすすいだ後にキッチンペーパーなどで水気を取ってくださいね。

まずは やっぱり 白いごはんの上にウニをそのままのせて、わさび醤油を“ほんの少し”かけてみてください!!
生粋の豊北町(海側)っ子:橋本さんに聞いてみたところ、“ポン酢をほんの少し”かけてもイケるみたいですよ(^^)




2018年4月13日 岩手県山田町発!手ほぐし鮭フレーク☆大人の味( *´艸`)

皆さま こんにちは!
菊地です☆

今日は下関市いのちの日。
いろんな視点から「命」について考える日です。

今日は滝部小学校での講演会をして来ました。
体育館に集まった生徒たちは時には身を乗り出し
最後までしっかりと話を聞いてくれました。



自由挙手による講演後の感想発表についてもたくさんの生徒が自ら挙手し
自分が感じた事を思い思い発表していて
とても感心しました。

こうして話すことでまた違った視点から命の大切さを考えることのきっかけに少しでも
なってくれたら嬉しく思います。

さて!!
当駅では開業以来東北の復興支援としてたくさんの東北の特産品をこれまで販売し、
現在も東北の特産品や珍しい商品を販売しています。
ほうほく夢市場に新たに登場した菊地一押し商品を今日はご紹介!!



その名も
『手ほぐし鮭フレーク 大人の味 ブラックペッパー入り』

岩手県山田町からやって来ました♪

鮭フレーク自体は有名?と言うかもう定番の食べ物ですが・・・
このブラックペッパーのパンチの効いた味わいの鮭フレークは深みもあり
それでいて手ほぐしなので身がしっかりしていて歯ごたえもGOOD。

あったかい白いご飯の上にトッピングして食べていると少しジワっと汗ばむような
ブラックペッパーの辛味が何とも言えずそれはもう箸が止まりません(笑)



・・・マイルドではなくちょっと大人びたワイルドテイストの手ほぐし鮭フレーク『大人の味』

本当に美味しいです!!

ぜひ
一度お試しくださいね!

私はもう病みつきです( *´艸`)

パスタやサラダなんかにも合いそうですね☆

ブラックペッパーが入っていないベーシックな鮭フレークもあります♪



こちらはワイルドではく
マイルドな味わい☆



食卓のお供にどうぞ(●´ω`●)

菊地でした!




2018年4月12日 ツワブキを食べよう!

みなさんこんにちは、平田です。

昨日、一昨日と曇空が続きましたが
本日は春の快晴、青空が広がる道の駅ほうほく、
店内にもたくさんの春のお野菜が並んでおります!
春の野菜といえば
セリ、ナズナ
ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ
スズナ、スズシロ
これぞ七草、と
小学校ではよくこの時期に七草粥などが給食のメニューにあり、
楽しみにしていたものです。

さて、本日はそんな春の七草……ではないですが
同じくらい美味しいこちら、ツワブキをご紹介!

道の駅ほうほくにも毎日たくさん出荷されているこのツワブキ、
煮物やおひたし、炒め物など様々な料理として食べることができます。
でも中には、
どうやって調理したらいいの?
灰汁を取るのは知ってるけど、やり方がいまいち分からない…
といった方もいると思います。
なので本日はツワブキの調理法をご紹介したいと思います!

まずは皮を剥きますが、そのままでは剥きにくいので
沸騰した鍋に塩を入れ20秒~30秒くらい湯通しします。
我が家の鍋は小さいので切りましたが
大きい鍋だとそのまま切らずにいれても大丈夫ですよ。



湯通しが終わったらザルに上げて皮を剥きます。
これが面白いくらいツツーっと剥けて楽しかったです。



皮を剥いた状態がこちら



皮を剥くととても綺麗な緑色で驚きました。
つわぶきってこんな色だったんですね
皮を一つ剥くたびにふわっと鼻をくすぐる春の香りがたまりません!

そのまま再び沸騰したお湯の中に入れ3~5分ほど煮ます。
この時重曹を使うとより緑色が綺麗になります。

ある程度煮たら冷水に上げ、そのまま寝かしてさらに灰汁を抜けば下ごしらえが完成です。
時間は人によって3~4時間から一晩と様々なようです。



私も今回初めてツワブキを調理してみましたが、感想としては
イメージよりもずっと簡単に調理できるということが分かり、楽しかったです。

さっそくこのツワブキを使い、煮物を作ってみました、



ツワブキの香りと、タケノコの歯ごたえが、とてお美味しい
春の一品が出来ました。

これからもたくさん出る、ツワブキ
みなさんもぜひ、ご賞味くださいませ。




2018年4月11日 東北の牡蠣!北浦のアカモク!販売開始~(^O^)

こんにちは。橋本です。
数日前に肌寒い日があったり、暖かいよりも暑いという日もあったりと中々体調を崩しそうな日が続いています。
今週もまだまだお天気が不安定なようですので、どうぞ皆さまも体調の方お気を付け下さいませ。
因みに数日前に橋本も体調崩していました・・・・(>_<)
さて、数日前にブログでも紹介していましたが、レストランわくわく亭、4月の土日限定の東日本復興支援メニュー『岩手県産 雪解け牡蠣フライ』!
衣はサクサク!中は濃厚!と好評いただいております♪



そんな東北の牡蠣フライですが、もっと食べたい!と言う方に!!
鮮魚コーナーの一角に置いてあるんですよ~~(●^o^●)





橋本も牡蠣大好きなんですが、体調があまり良くなかったこともあってまだ食べていないんですよね~(+_+)
牡蠣は栄養がとてもとても豊富なんですが、体調が優れない時には中りやすいのでお気を付け下さいませ<m(__)m>
健康が万全の時に美味しく食べるのが一番!!!
ぜひこちらもお買い求め頂きまして、お家でも美味しくお召し上がり下さいませ~(^O^)

そして、お問合せが多くあった北浦のアカモク!!
漸く4月から店頭に並びました。





今年は、なかなかアカモクの成長が遅く漁も儘ならなかったようで昨年より値上げになりっております。
北浦産アカモク1袋 120g 270円(税込)
人気の商品でもありますので、お一人様10袋限りともさせて頂いています。
どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。




2018年4月10日 『竜馬がゆく』

こんにちは。
天気がいいと気持ちがいいですね♪
でも花粉症の人にとってはツライ季節なのでしょう。
道の駅豊北、事務所内にも花粉症のスタッフがいますが
それぞれ症状があり辛そうです。
ありがたいことに私は今のところ発症していない
本日のブログ担当ウチヤマです。
さて、ほうほく夢市場では新しい商品が入荷いたしました!
先日のブログでもお伝えしましたが
今年は明治維新150年を記念して、『明治維新150年祭』を開催しています。
高知県から新たな銘菓がやってきましたよ~?
その名も
『竜馬がゆく』




・ 7コ入り  648円
・12コ入り 1,080円

他にも土佐銘菓『土佐日記』





・ 6コ入り  540円
・12コ入り 1,080円
どちらもすごく美味しそうです!




2018年4月9日 『ラ・メール』の黒蜜抹茶あんクロワッサン

皆さま、こんにちは!
菊地です☆

深夜13時半頃に島根県西部で発生した震度5強の地震にはビックリしましたね!
震度5強の揺れ、マグニチュード6.1のエネルギーは凄まじく大きいものです。
東日本大震災で私が体感したのは震度6強でしたが、それはもう地球が壊れるのではないかと思うほどの揺れでした。
下関市では震度3の揺れを観測したようです。(私は気付かず夢の中でしたが・・・)
この度島根県西部を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

今日は春らしく清々しい天気。
ただ当駅から角島の方を見るとPM2.5の影響からか少し霞んでしまっています。

朝は強かった風も午後には落ち着き、参観中止となっていた角島灯台も午後2時過ぎには参観が再開となりました。

先日ブログで当駅のパン工房『ラ・メール』の美味しそうな“あんまん”が紹介されていましたね♪

ラ・メールのパンはどれも美味しくて、ついついいつも買い過ぎてしまうのですが・・・
今私が猛烈にはまってしまっているパンがあるので紹介したいと思います( *´艸`)

それが
こちら!!

黒蜜抹茶あんクロワッサン♡

無類の抹茶好きの私は初めて店頭に並んだのを目撃後、すぐにそのパンの姿にロックオン。
我が子の分と3つ購入し、1つワクワクしながら食べてみたらその美味しさにビックリ!!

クロワッサン生地なので外はパリパリで香ばしく、抹茶が練りこまれている生地からは心地よい『和』の香り♪
ひと口食べてみると・・・
一気に目がハートに♡

外の皮のパリパリ感が嘘のようなしっとり&もちもち感に驚愕!!
中には程よく甘い抹茶のあんこと黒蜜がお待ちかね。
これがまた相性がバツグン!!

『和』と『洋』が絶妙にコラボできてる一品です♡

気が付いたら・・・
子供たちに買った残り2つの黒蜜抹茶あんクロワッサンもペロリ( *´艸`)
・・・別の日にきちんと買って帰りました(笑)

抹茶好きの私の子供たちもやっぱり抹茶が大好き。
家族でこの黒蜜抹茶あんクロワッサンにはまっております♡

抹茶好きの方、和スイーツ好きの方にはぜひぜひ味わってみていただきたいです♪
抹茶好きではない方でも絶対癖になってしまう食感、味わいだと思いますよ(*´▽`*)

今日は外には可愛らしいメダカさんたちの姿も♪






これからメダカさんたちが店頭に並ぶのも多くなりますね~
時々珍しいメダカも並ぶことがありますので要チェックですよ☆

明日も皆さまのご来店お待ちしていますっ٩( ‘’ω’’ )و



2018年4月8日 わくわく亭の“愛されとうふ”

こんにちは 中野です(^^)
先日 車で何気なくFMラジオをつけていたら、ビートルズの“ Hey Jude ”が聴こえてきました♪
とても好きな曲で、気がつけば 最後の『ナ ナ ナ ナ・・・』まで ひとり車中で絶唱していました(笑)
それから数日、絶妙のタイミングで 情報コーナーに届いたパンフレットがこちら
さ★ひーとるす in イルカの見えるレストラン



下関唯一の本格派ビートルズカバーバンド「さ★ひーとるす」さんのディナー付きライブが
海響館内-イルカの見えるレストランで開催されます。
日時 2018年4月13日(金) 19:00~ ディナータイム / 20:00~ ライブ演奏
料金 4000円(予約制 70名まで)
“濁りなくビートルズを愛する”という思い入れがバンド名の由来なんだそうです(^^)
イルカの見えるレストランは 私も以前ランチで利用したことがありますが、
ショーとショーの合間に親子イルカが遊んでいる様子や、
ショーが始まると「演者」に変身する緊張感たっぷりのイルカの動きなどを
目の前で眺めながら食事ができる ものすごく楽しいレストランです♪

さて、海響館のイルカ達は いったいどんな表情でビートルズナンバーに興味を持つのでしょうか?

さて、昨日、レストラン-わくわく亭でお食事をされた女性のお客様から
『ここのざる豆腐が大好きなのよ~』とお声かけいただきました(^^)



海鮮丼やわくわく定食などに付いている人気の“ざる豆腐”は、
食感ががとてもなめらかで、大豆の香りが口の中にふわ~っと広がる上品な味わい。

豊北町粟野の本間豆富店さんのおとうふで、
売店-ほうほく夢市場でも『海士ヶ瀬とうふ』(330円)という商品名で販売しております。



2012年のオープン当初からずっと変わらず、
わくわく亭の人気メニューに寄り添い続けてきた“ざる豆腐”
お土産用に、ご自宅用に、売店でもお買い求めいただけますので、
まずは わくわく亭でお召し上がりになって、
たくさんのお客様を虜にしてきたその味をぜひご堪能くださいませ!




2018年4月7日 伝統、滝部八幡宮腰輪踊

みなさんこんにちは、平田です。
いきなり冬が舞い戻ってきたかのような気温に強風も重なり
さながら台風のような天候が昨日から続いていますね。
最近は暑いと感じる日が多かったので、暖房器具をしまってしまった、
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今週はずっと曇天模様、風邪も流行っているので体調には気を付けたいです。

さて、先週は7年に一度の民俗祭礼行事『浜出祭』が、
たくさんの地元の方や観光に来られた方に見守られ、無事に行われましたが、
今週末、4月8日(日)には『滝部八幡宮腰輪踊り』(カンコ祭)が行われます。
これは毎年4月の第一日曜日に行われる春祭りで、起りは江戸時代に
疫病退散を祈願し奉納されたものとされています。

滝部八幡宮まで鐘を鳴らしながら歩いて行きます。









地元の子供たちが大人と一緒に輪を作り鐘を鳴らしながら
境内を回り、疫病退散を願います。

この踊りは現在、下関市指定の無形民俗文化財にも指定されています。
10時から滝部八幡宮赤崎神社境内で奉納を開始となっていますので
興味がある方はぜひご覧になってはいかがでしょうか?

余談ですが、実は私もこの地区の出身で、子供のころから現在まで
参加し、踊っております。
少子化の影響で現在も後継者の問題などもありますが
こうした昔からの伝統を少しでも残せたらなと思っています。




2018年4月6日 パン工房ラ・メール、今月は“あんぱん”!

こんにちは。
ウチヤマです。
一週間前に満開の桜を見て感動していたのにもう散り始めてしまい、この雨と強風で見納めになりそうですね。
先週末は私用で野球の試合観戦をしたのですがグラウンド付近の桜の木から風に舞った桜吹雪がそれはそれはとてもキレイでした。

さて、今日はご無沙汰の食いしん坊ネタいきます!
焼き立てパン工房ラ・メールでは今月“あんぱん”を豊富に揃えております!
みんなが大好きなあんぱん?
種類は
▼十勝あんぱん

▼白あんぱん

▼塩豆あんぱん

▼黒豆あんぱん

▼桜あんぱん

▼ずんだあんトッピングパン

あんぱんだけでこーんなにあるんです!
どれを買おうか迷っちゃいますよね♪
お客様お好みのあんぱんがきっと見つかるはず!
ちなみに食いしん坊ウチヤマはどれも好きです((笑))
もちろんあんぱんだけでなくお馴染みのパンもたくさんご用意しておりますので、ご来店の際には
いつものパンに加えあんぱんシリーズもチェックしてみてくださいね。




2018年4月5日 明治維新150年祭!開催中~!!

おはようございます。橋本です。

桜も散り始め、ピンク色の中に新緑の緑色が目立ち始めましたね~。
桜が終わるとシャクナゲやツツジなどが楽しみになって来ます。
毎年、ブログでも紹介している長門市ではありますが、有名な俵山のシャクナゲや菅無田公園のツツジなどの情報を仕入れて紹介したいと思います(^^)

さて、今年は『明治維新150年』!!!!
道の駅ほうほくでも明治維新150年を記念して、『明治維新150年祭』を開催しています。







長州(山口県)からは「長州蒸しきんつば」や「高杉晋作(串長もち)」「明治維新英雄伝」



土佐(高知)から「土佐日記」や「四万十生姜ドレッシング」「芋けんぴん」などなど





鹿児島(薩摩)からは「つけやったもんせ(浅漬けの素)」が並んでいます。
ぜひこの機会に長州だけでなく、土佐や薩摩のお土産をご堪能下さいませ~ヽ(^o^)丿  




2018年4月4日 神様同士の出合祭「浜出祭」無事終了!

皆さま こんにちは!
菊地です☆

先日4月1日は豊北地区最大の民俗祭礼行事『浜出祭』が開催されました。
700年以上もの歴史があり7年に一度行われる伝統ある大祭典。
分かりやすく説明すると・・・
豊北町の海側、神玉地区にある神功皇后(じんぐうこうごう)神社の「男神」と、山側にある田耕(たすき)地区の田耕神社の「女神」が7年に一度出会う『出合祭』
小さなお子様からお年寄りまで早朝から着物の着付けや化粧などの準備から1日が始まり、朝9時には山側の田耕神社、海側の神功皇后神社からそれぞれ花神子(はなみこ)や神輿の行列が出発。

最終目的地の「浜殿祭」の祭場である「土井ヶ浜」へ向かう途中の峠である滝部地区の堀切(ほりきり)で「男神」と「女神」が出合い、山田佐平治組と合流後双方による口上儀礼が行われました。
終了後は隊列を組み直し、大行列となって祭場の土井ヶ浜へ。

山伏や神子(みこ)、槍持や太鼓に鉄砲など、約400人で編成された大行列がそれぞれの役にふんし練り歩く光景はまさに圧巻。






行列の移動中に多々ハプニングがあったため到着時間が遅れていましたが、私は祭場である土井ヶ浜で待機。
遠くから待ちに待った大行列が見えてきた時はその美観を呈す迫力ある姿に感動。
非日常的な光景でありながら700年以上もの歴史があり現世まで引き継がれてきた煌びやかな行列御一行が、豊北町の自然景観の中を700年前と同じように約18kmを練り歩いて来る姿は深い歴史が身近に感じられ神秘的で素晴らしいものでした。









土井ヶ浜に祭場に到着すると浜出祭の一番の見どころ「鰤切)」「蟇目」、結婚式を模した盃事などの神事が古式豊に行われました。
中でも「鰤切」は神玉側(海側)が準備した約12~13kg以上もある大きな鰤を田耕側(山側)の鰤切の氏子が鰤に手を触れることなく箸と包丁だけで捌く迫力ある神事。



鰤切神事では巨大鰤を氏子が箸と包丁だけで持ち上げるのですが、その際は会場からどっと歓声が上がっていました。

奥深い歴史がありこうして7年に一度ではあっても町の皆さまと地域に守られ、続いてきたこの神様同士の出合神事「浜出祭」



少子高齢化など様々な心配も確かにあったりはしますが、この素晴らしい伝統民俗行事が引き継がれまた7年後に無事開催されることを心から願うばかりです。


最後に4月のイベント内容が決まりましたのでお知らせいたします。
(クリックで拡大)


2018年は明治維新から150年目!
明治維新150年祭として山口県、高知県、鹿児島県の銘菓が大集合!
その他楽しいイベントやお買い得商品も盛りだくさんです☆

4月もぜひ当駅でお楽しみくださいませ!!




2018年4月1日 待ってたぜ !? 厳流焼 販売スタート
こんにちは 中野です :-D
冒頭いきなりですが・・・ 最近、鹿 多すぎ
昨日の夜も 急に飛び出してくる彼らに 戦々恐々
さて、
引き続き、開駅6周年感謝祭を開催中の道の駅ほうほくでは、先日から ほうほく夢市場に、 下関を代表する「あの銘菓」 が 新たに加わりました
厳 流 焼 ・ お そ い ぞ 武 蔵



“ 下関でどら焼きといえば ” というくらい、「 厳流焼 」は 50年以上ずっと変わらない味で作り続けられている上品な白餡のどら焼き です 
小学生の頃、社会科見学で 厳流焼の工場に行って、 こんがり焼きたての生地を食べさせてもらったことが懐かしいです(笑)
厳流焼が『伝統の白餡』なら、ちょっと遅れて登場したのが黒餡のどら焼き「おそいぞ武蔵」
この「おそいぞ武蔵」が発売された頃、黒餡派の私はまさに「待ってたぜ!」の心境でしたが(笑)、そういう方、けっこう多いのではないでしょうか♪
厳流焼よりも 軽さとソフト感を重視されているということで、実は直径も厳流焼よりふたまわり小さいんだそうです☆
こうしてまた、道の駅ほうほくで買える下関伝統の銘菓が新しく増えました!
ぜひ ドライブやご旅行のお土産探しにお立ち寄りくださいませ(^^)








道の駅 北浦街道ほうほく
〒759-6121 山口県下関市豊北町大字神田上314番地1 TEL.083-786-0111
Copyright Michinoeki-KitauraKaido HOUHOKU All Right Reserved.