ヒトからひとへ 遇斯光庵展

みなさま、こんにちは白石です。

今回は、地域のイベントを紹介したいと思います。

遇斯光庵展2019です。陶芸や木器の作品展です。

会期:2019年6月7日(金) → 10日(日)

OPEN:10:00~18:00(最終日は16時まで)

会場:遇斯光庵 下関市豊北町大字滝部5042

お問合せ:黄孫窯 森野清和

tel/fax 083-774-2468 携帯 090-7977-2481

※ネットやカーナビで会場の地図検索をする場合

下関市豊北町大字滝部5038でご検索下さい。

そもそも遇斯光庵(ぐしこうあん)とは豊北町滝部の向坊にある

下関市立美術館元副館長の木本大空(信昭)氏の生家で江戸時代に建てられた家屋を

改修し、陶芸の作業場や灯油窯もあり、地域交流の場として活用されています。

また、同時開催されている「糺の森 Flower&Forest」も展示会と一緒にご覧下さい。

庵周囲に菖蒲畑や花の森を整備しました。

興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

ヒトからひとへ 遇斯光庵展」への1件のフィードバック

  1.  おはようございます。
    初めてコメントをさせて頂きます。
     私は、三隅中学校で木本信昭先生に美術を英語は坂倉先生(ご主人は坂倉秀典先生)に教えて頂きました。
     木本先生や坂倉先生の事は、とても楽しい思い出として鮮明に残っており、ことあるごとに思い出します。
     2020年のイベント予定を教えて頂きたく宜しくお願いします。
    都合をつけてお伺いしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です