カリフラワー +ブロッコリー =????

おはようございます。橋本です

ひな祭りも過ぎ、店内入ってすぐにあった雛人形は仕舞われ、立派な兜飾りが飾られました~

だんだんと春に近づいてきてますね~。気温も暖かくなり、早咲き種類の桜も咲き始め、お天気も冬から春への変わり目か、晴れたり曇ったりとどうにもハッキリしない天気になっています。そして、動物も暖かくなってきたせいか姿を現し始めました。一昨日は家の近くに猿!が出てきていてキーキー啼く声と近所の方が竹を鳴らして追い払う音がし、外出先からの帰り道で出てきた小鹿と事故になりそうになりました。

豊北町は海が近いですが、山も多いので、鹿や猿、タヌキにテンにイノシシなどが国道にも出没するので、国道だからと油断せず気を付けて車を運転してくださいませ。

 

さて、道の駅ほうほくの野菜コーナーで面白い野菜を見つけました!!!

その名は!!『カリブロ』!!!!!

出荷者さん曰く、カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせた野菜だそうです。

少し調べてみたところ、『カリブロ』は正式名称『ロマネスコ』と呼ばれるそうで、

その栄養価は1株93gあたり、カロリー(20kcal)、タンパク質(1.88g)、炭水化物(3.9g)、脂肪(0.19g)、食物繊維(2.0g)、ビタミンC(56㎎)があり、

ビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラスですが、ブロッコリーやカリフラワーと比べると若干少なくなります。モロヘイヤ、さやえんどう、ししとうがらしなどと同程度の含有量です。その他にも、ビタミンB群やEなども含まれているそうです。その他にも胃酸の分泌抑制や胃の粘膜の新陳代謝促進などの効果があるとされるビタミンU(キャベジン)を含んでいて、胃潰瘍や胃炎を抑える効果が期待で切るみたいですよ。

『ロマネスコ』にはクロムや微量ですがスルフォラファンが含まれていて、クロムは“代謝のミネラル”とも言われ、糖質・ 脂質などのエネルギー代謝と深い関係があるミネラルです。クロムには血糖値をコントロールするインスリンの働きを高める効果があり、糖尿病予防や中性脂肪、コレステロール値を改善する効果もあります。代謝やコレステロール値の改善効果があるので、ダイエットの強い味方にも・・・。スルフォラファンには解毒効果があり、体内に取り込んでしまった毒物を無毒化、体の外に排出する解毒酵素の生成を活発にしてくれます。肝臓での解毒力が高まるため、カラダの健康増進や美容にも効果が期待されているそうです。

 

出荷者さんのこの時期イチ押しの野菜!!!

栄養価だけでなく、カリフラワーやブロッコリーのような味の癖も少なく、とても優しいマイルドな味で、カリフラワーやブロッコリーが嫌いなお子様でも食べやすい代物だとの事!調理も簡単で電子レンジでチンして温野菜としてマヨネーズや塩で食べれるそうです。

ぜひお買い求めくださいませ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です