美 豆 、 そ ら 豆

こんにちは 中野です

 

今朝、カモンFMを聴いていましたら、 この時期は 国道2号線(長府)や 国道191号線(山の田・安岡)の 朝の混雑が 通常より少し激しく、年度初めというのも多少影響しているのだろう、というお話をされていました

私も20代の頃に数年ほど電車通勤をしたことがあって、 いつも春になると「何で !?」と不思議に感じていたんですが、、毎年、年度初めは 電車もめちゃくちゃ混んでました  たぶん、日が経つにつれ、 それぞれが 乗降に便利な車両を選ぶので、混雑が落ち着いてくるんでしょうね

 

*******

私は、ほうほく夢市場で購入したお野菜などで作ったメニューをわりとこのブログで紹介しているのですが、「私も こんなの作ってみたのよ!」と声をかけられることが増えました ♪  写真を撮って見せに来てくださる方もいて、 道の駅ブログやFacebookの投稿を通じて お客様とつながっている感じが めちゃくちゃうれしいです

こちらは、 以前にもご紹介したことがありますが、 お客様が豊北町産のセリで作られた 今の時期にピッタリの 旬のセリいなり寿司  です♪  

Processed with MOLDIV

私なんか 「おひたし」くらいしか思い浮かばないんですが笑💦  お客様とお話していると 新発見 が多くて 勉強になります 今朝も ほうほく夢市場には、セリがたくさん入荷していましたよ ♪

 

今日は、セリのすぐ近くに もうひとつ 気になる春の野菜を見つけました! これ、これ、 この可愛らしいフォルム

 豊 北 町 産    そ  ら  豆 

Processed with MOLDIV

豆なんですけど、わかってるんですけど笑、 このマットな美白感がたまりません さやも、服の袖で少しぬぐっただけで こんなにツヤツヤ光ってるんですから、 やっぱり、旬の野菜は 生産地で手に入れるのが一番です !

 

私の場合は、 塩ゆでして、 今の時期は テレビの前で プロ野球を見ながら ビールのおつまみですね笑  ・・・最高

 

 

おそいぞ○○

皆様こんにちは、白石です。

本日4月13日は決闘の日です。

決闘の日は、1612年(慶長17年)4月13日に、「宮本武蔵」「佐々木小次郎」が、「巌流島」という場所で決闘したことに因んでいます。

長門の国「船島」(現在の巌流島)で宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をしました。当時、諸国をまわったのち小倉の細川家に仕え、小倉城下に道場を開いていた佐々木小次郎に、諸国修行中の武芸者宮本武蔵が、細川家の家来であった長岡佐渡を通じて試合を申し込みました。試合場所に指定されたのが、船島(巌流島)でした。
決闘の約束は辰の刻(午前8時)でしたが、武蔵の到着が遅れ島に着いたのは、巳の刻(午前10時)になりました。武蔵は長い木剣で小次郎の頭を打ち砕き、小次郎はばたりと倒れました。
敗者を想う地元の人々は敗れた小次郎の流派をとって後に「巌流島」と呼ぶようになりました。
※武蔵と小次郎の決闘については諸説あります。

ということで今回は、巌流本舗さんの「巌流焼」と「おそいど武蔵」を紹介したいと思います。

巌流焼です。

白餡のドラ焼き「巌流焼」。 厳選された、北海道産のいんげん豆でじっくり練り上げた白餡でこんがりと焼かれた風味の良い皮との絶妙なバランスが特徴です。

おそいぞ武蔵です。

黒餡のドラ焼きが「おそいぞ武蔵」。「巌流焼」の餡を変えただけではなく、研究と試作を重ね他にはないドラ焼きをコンセプトに作られています。また、大きさも「巌流焼」より直径を二まわり小さくし、軽さとソフト感を重視しています。

興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

海ぞーめん&もずく

こんにちは、橋本です

今日の昼から明日の午前中までは雨ということですが、風も強いので、車のドアの開閉は十分にお気を付けください

さて、今日紹介するのは、数日前から少しずつ鮮魚コーナーに並びはじめたこちらの食材。

特牛産  海ソーメン

海ソーメンはぬるぬるとして独特の食感でほんのり甘みがあります。

鮮度のいいものは生でそのまま水洗いして、ポン酢や柑橘しょうゆなどで食べたり、軽くゆでて酢のものにして食べても美味しいです。後、お好みで生姜を刻んだものを入れるとアクセントになっていいかと思います。その他にもみそ汁、吸いものに入れても美味しいです。

そしてもう一つ紹介する商品は『もずく』

もずくは噛むとワカメのような歯ざわりがありますが、表面がぬるねるとして強い粘りが特徴の触感です。
このぬるぬるの部分に体に良い成分である「フコイダン」、「アルギン酸」が多く含まれています。
また、ミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

日本で消費されているもずくの95%以上が沖縄産もずくで、約9割が養殖ものだそうです。テレビで見た事ある人もいらっしゃるかもしれませんが、養殖もずくの収穫はダイバーが海の中に潜り、掃除機みたいに吸い取って収穫するようですよ。

『絹もずく』は山口県産の天然もので、レストランのお味噌汁の具にもなっています。

そして今回、もずくの新商品が出ました

井上商店さんの『味付もずく』各種です

「真ふぐ」や「焼きサバ」「カニ」に「生姜」を使用したそのままお皿盛って食卓に出せる商品です。

それぞれが味のアクセントになっている一品です。お立ち寄りの際はぜひお買い求め下さいませ。

ちしゃっぱ

皆さまこんにちは。政村です。

本日は大変見晴らしの良いお天気です。角島大橋がはっきりと見えます。角島は左側です。橋の途中の小さいのは無人島の鳩島です。橋はこの鳩島を迂回して緩やかにカーブしています。

今朝はお得な朝市の最終日。九時半ごろの写真ですがかなり減っています。おかげさまで大好評のうちに終わりそうです。ありがとうございました。

同じく交流広場からこちら。

こちら、植えるほうのちしゃです。生きてます。以前にも書いたのですが、レタスの類のことをちしゃと言うそうで。こちらは横文字ならサニーレタスでしょうか。

ところでこの「かいで食べられます。」のコメント。「かいで」という方言、お分かりでしょうか。何となくその動作は浮かびますが、はっきりと意味は言えないような。方言の難しいところです。とりあえず、根こそぎは取らないで収穫する感じでしょうか。うちで聞いた感じですが。

そしてもう一つご紹介。フレンチラベンダーです。

香りは控えめなるも、育てやすい種類とのこと。こちらは色も明るいですね。アロマなんかでは何かと万能なラベンダー。お一ついかがでしょうか。

 

 

 

 

 

泣く子も黙る!? 北浦ちくわパン

こんにちは   中野です

 

つい昨日のお話なんですが、  実は私、カモンFMさんに生出演して10分近くも喋ってしまいました ❕

川上鴻一郎さんがパーソナリティーの「ラジオWAラジオ」、 15時過ぎから電話で登場ということで、 お昼過ぎから明らかに口数が少なくなる私、 それを笑って励ます事務所の仲間、、、笑。

何はともあれ、「生放送」「シナリオのないかけ合い」などなど、 とても勉強になりました  川上さん、ありがとうございました

 

*******

今朝、 鮮魚コーナーに挨拶へ行くと、 これからまさにパックに詰める直前の「特牛産サザエ」の山! コンテナから “ ひっついて離れない ” 活きの良いサザエがたくさんいました

引っ張り合いの末、やっと離れてくれたサザエが ハート形に見えたような気がして、今日はいいことありそうです

 

*******

さて、3月に新登場したン工房 ラメール 北浦ちくわパン

コレが けっこう好評なんですよ  

Processed with MOLDIV

ふっかふかの生地の中には、 山陰ならではの ちくわが1本 丸ごと入ってます!実は、丸ごとなのはちくわだけではありません。ちくわの穴には その端から端まできんぴらごぼうがつめ込んであるんです。

 

食 べ 応 え が ハ ン パ  な い !!

し か も 200 円 と い う 価 格 も 魅 力  !!

 

Processed with MOLDIV

 

忙しくてゆっくりお昼ごはんが食べられない時や、 部活帰りの「腹へったー!」のお子さんにも 必ずや満足していただけるはずと、 ただいま パン工房が自信をもっておすすめしている商品です!

残念ながら、ちくわの数に限りがありますので、 毎日数量限定での販売となります 気になる方は、お見かけになった時に ぜひお買い求めくださいね ♪ 

 

私も 今日のお昼ごはんは この北浦ちくわパン です 笑

 

 

 

 

 

野菜と共に

皆様こんにちは、白石です。

本日4月9日は食と野菜ソムリエの日です。

野菜や果物のある豊かな食生活を提起する日として、日本野菜ソムリエ協会が制定しました。野菜や果物の魅力を伝える人材(野菜ソムリエなど)を通じて、食を楽しむ社会の実現をアピールし、食事に関して考え、家族と食事をする日になどがその目的です。

ということで、今回は野菜等を紹介したいと思います。

わけぎです。

ワケギはネギとタマネギの雑種とされています。

ワケギはクセが少なく、香りもソフトで、ネギ独特の辛味が少なく甘みがあります。

ニンニクの茎です。

にんにくの芽、又は茎ニンニクと呼ばれている物は実際の「にんにくの芽」ではなく、にんにくが花を付けるために伸ばす花茎と呼ばれる部分をさしています。

主な料理としては炒め物が中心になりますが、薄く斜め切りした物でかき揚げにしたり、花の蕾部分は天ぷらなどにも出来ます。

ふきです。

フキはキク科フキ属の多年草です。日本原産で近縁種の少ない独特の野菜の一つです。地上には花芽と葉が出ていますが、茎の部分は地中に伸びています。フキとは、その地下茎からでてきた葉の柄の部分にあたります。また、春一番にフキの地下茎から出てくる花のツボミがフキノトウです。

和え物やおひたし、煮物、天ぷらなどにも出来ます。

興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

花まつりと花

皆さまこんにちは。政村です。

春休みも終わり、少しだけ靜かな朝。豊北町は穏やかな晴れとなりました。本日入学の皆さん、おめでとうございます。

そして4月8日といえば花まつり。お釈迦様が生まれた日。甘茶をかけたり頂いたりするあの行事ですね。また、花まつりは子供の健康を祈る日でもあるそうです。今年もきっと良い新学期となるでしょう。

さて、桜は終わりましたが春の野菜や山菜たちはまだまだ沢山入荷しています。今日は量よりも種類の多さに目が行く感じの並びでしたが、おなじみのタケノコは数もそろっていました。

ちなみに、私の家でも連日タケノコが収穫されていました。祖母が張り切って山へ入っていき、猪と競うように取ってきます。場所や種類、時期など色々あるようですが私にはさっぱりです。

そして只今交流広場で販売中なのがこちら。カサブランカです。

色の違う4種類。写真付きのコーナーです。「大輪です」のコメントが頼もしい。是非一度ご覧下さい。

 

長門市の元乃隅神社参拝再開

おはようございます。橋本です

4月に入ってすぐ最初のツバメが到来していましたが、様子見だったのかそれ以降見なかったのですが、今日は朝から数羽が交流広場の天井を飛んでいます。

今年も巣作りに励むのでしょうか?

ツバメの往来で心配なのが、ツバメの糞。人が行きかう場所の上には巣が出来ないように気を付けていますが、飛来を防ぐ手立てはないので、お客様には上空からの糞の落下には十分お気を付けくださいませ

さて、2020年12月1日より新型コロナウイルスの感染拡大防止にともない参拝を休止していた長門市の『元乃隅神社』ですが、

本日4月7日から参拝再開となりました。

有料駐車場や元乃隅売店は利用できましたが、境内や参道(鳥居)は立ち入り不可となっていました。が、ようやく参拝が可能となりました。

Processed with MOLDIVこれからの季節、海も綺麗な色になっていくので、天気のいい日は青い海に伸びる赤い鳥居の絶景が見れるかと思います。どうぞ足を運んでみてはいかがでしょうか?

ですが、4月1日(木)~4月23日(金)8:30~17:00(夜間及び日曜日以外の)期間中、元乃隅神社付近で一部道路の工事で通行止めになっています。

他にも、春の陽気の中、ゆっくりと自然を堪能できる場所があります。

『千畳敷』と『菅牟田公園』です。国道191号線から元乃隅神社に行く途中に千畳敷へと登る道があります。

千畳敷はとても広く、山の天辺にあるので、日本海を望む絶景が見どころです。

一帯が芝生で東屋もあるので、ピクニックには最適かと思います。

そして、千畳敷に上る途中にあるのが菅牟田公園です。

菅牟田公園は、丘全体に躑躅が咲き誇り、躑躅と躑躅の間の道を上がっていくことも出来ます。

躑躅は4月下旬頃が見ごろです。花が多い分、ミツバチなども多くいますので、行かれる際には蜂にはご注意くださいませ。

 

重要人物にしては、知られざる存在の話。

こんにちは   中野です

 

昨夜の天気予報では 下関市に「霜注意報」が出ていたので、 しっかりと着込んで布団に入ったのですが、 目覚めてみれば、暑かったのでしょう、、、手も足も しっかりと布団から出まくっていました笑

ですが、 週末は肌寒くなるという話は本当のようですから、皆さまも 体調管理にお気をつけください

 

さて、 今日は、どんな施設にも必ず設置されているこちらのマークのお話を少しご紹介しましょう

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

私も あらためてきちんと知ったのですが、 道の駅北浦街道豊北の店舗内には、 この「非常口」を案内するマークが 11ヶ所 ございます。 火事などが万が一起きた場合に備えて、スタッフがお客様を安全に誘導できるよう、 毎年 防火訓練等を行っております。

ところで、 皆さまは このマークの中の “ 逃げる人 ” に 名前があることをご存知でしょうか? スタッフ数人にもたずねてみましたが、解答率は 見事にゼロでした笑 

 

ピ ク ト   さ ん (ピクトくん)

英語で「絵文字」などを意味する「 pictogram 」が由来しているそうです。 イラストとかアイコン、というイメージですね

検索すると、 なんと 日本ピクトさん学会 まで存在していました

「ピクトさん」とは、指示・注意・警告をメッセージする人物のことである。道路、駅、工事現場、デパート、各種施設。街のいたるところにピクトさんはいる。しかしおそらく多くの人は、ピクトさんがどれほど可哀想な存在であるかには気づいていないだろう。
ピクトさんは、いつも酷い目に遭っている。転んだり、頭を打ったり、転落したり、はさまれたり。自らの体を犠牲にして道ゆく人に危険を知らせてくださっているのである。我々はその痛々しいメッセージを、敬意を持って受け止めなければならない。
※日本ピクトさん学会のHPより引用させていただきました

本日、なにかのご縁で道の駅ブログを読んでくださったことをきっかけに、「 ピクトさん 」を覚えていただけたらうれしいです 

 

 

 

消費期限の誤表記に関するお詫びとお知らせ

いつも 道の駅北浦街道豊北をご利用いただきまして

誠にありがとうございます。

 

令和3年4月5日(月)に 売店・ほうほく夢市場にて販売いたしました ときわ屋「 二見饅頭 」につきまして、消費期限の表記に誤りがあったことが判明いたしました。

 

対象商品

ときわ屋 二 見 饅 頭 (20個入)

 

消費期限の誤表記内容

【誤】 2.4.8

【正】 3.4.8

 

対象商品をご購入いただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

なお、上記商品は本年4月5日に製造されたものであり、品質等に問題なく安心してお召し上げりいただけます。

今後はこれまで以上に品質管理体制を徹底し、再発防止に取り組んでまいります。大変申し訳ございませんでした。