はみ出そうなボリューム感 ~ ほうほく梨のパイ ~

こんにちは 中野です

 

今年、 初挑戦した「茄子の辛子漬け」です。

“ 鬼からし👹 ” という、いかにも辛そうな感じの粉辛子を使いました。か、からい  日に日に辛みが落ち着いて、毎日、お茶漬けにして堪能しています

 

*******

さて、特牛港の近くで目撃されていた噂のサバー様。2日くらい前には、下関北高校近くの交差点脇まで移動していました 

毎日通過する交差点で、車を降りて近づいてみることに。こんなに至近距離でサバー様を見学するのは初めてです 長門市の飯山八幡宮から約30km、ここまで順調に移動されています。さぁ、ここからどのルートを辿るのか? 引き続き 注目しましょう!

 

*******

パン工房 ラメールでは、 今シーズンも「ほうほく梨のパイ」(160円)の販売が始まりました

Processed with

今年も 寺畑農園さん(豊北町北宇賀)から梨を調達しています! 

本日の梨は『 明 水(あけみず)』 

写真をご覧のように、 梨がたっぷり入っていて、パイ生地の両サイドから!網目から!今にも はみ出てきそうなボリュームです かぶりついたら、もう、はみ出ますよ( ´艸`)ww

中身の梨は、時期によって品種を変えて登場しますので、ぜひ!「味比べ」もお楽しみください ♪  当面は「明水」「夏しずく」が続きますが、8月中には 「幸水」のパイもお目見えします。

 

 

次は角島 夕やけマラソンで

皆さまこんにちは。政村です。

 

先週の月曜から今日まで1週間晴れ続きの豊北町です。そろそろ降ってくれてもいいような気もします。暑いですし。このへんで一回降っておいて、連休など晴れてくれると非常に嬉しいんですが。

 

昨日、山口県の吹奏楽コンクールに出てきました。豊北町の特牛から今年もしぶとく出場。コンクールに限って言えば豊北吹奏楽団は相変わらず県西部で唯一の生き残りです。こちらの豊北生涯学習センターが拠点です。毎週来てます。ここから周南市までバスで行ってきました。なお、中では現在写真展など開催中です。お気軽にどうぞ。

『空から見た豊北町』豊北生涯学習センターにて上映中

 

次はとりあえず10月8日の夕やけマラソンで演奏の予定です。当日はゴール地点の学校跡でラッパを吹いてると思います。無事開催されるといいですね。なお、マラソンの参加受付は終了しております。

夕やけマラソン当日は角島大橋が一時封鎖され、マラソンコースになります。向かって右の本土から左の角島へ。参加の皆さま、頑張ってください。

※今年のエントリーは締め切りました。

以上、田舎の公民館より生存報告でした。

オクラに願いを

みなさま、こんにちは白石です。

本日8月7日はオクラの日です。

岩手県盛岡市で青果業を営み「やおやささき」の屋号で知られる佐々木雄一、しげ子夫妻が、オクラの切り口が星形をしていることにちなみ、旧の七夕の日とされる8月7日にオクラを食べると短冊に書いた願い事がより叶うのではとの思いから制定しました。また、この時期に旬を迎えるオクラを食べて夏バテを防いでもらいたいとの願いも込められています。

というこで、今回はオクラを紹介したいと思います。

オクラです。

オクラはトロロアオイの一種とされ、オクラもトロロアオイとそっくりの黄色い美しい花を咲かせます。原産地はアフリカ東北部と言われ、古代よりエジプトで栽培されていたそうです。

オクラは一般的にはまだ新しい野菜で、一般市場に流通するようになったのは昭和50年代の事です。日本に入ってきたのは明治時代の様ですが、沖縄や鹿児島など暖かい地方で作られて地元で消費される程度だったようです。

オクラは炒め物や煮物、揚げ物、焼きもの等様々な調理法があります。

ネバネバ野菜として人気の野菜ですので、この機会にぜひいかがでしょうか。

また、本日は花文化の日でもあります。

道の駅北浦街道豊北では、アスターやほおずき等のお花も販売しております。

お盆も近づいてまいりましたので、こちらもお1ついかがでしょうか。

老舗和菓子舗の 極上!抹茶蜜かき氷

こんにちは 中野です

 

休日だった昨日、橋本さんからのLINE通知。 ん?何か良からぬことでも起きたのか?とドキドキして開くと、『 ツバメの雛が生まれたよ 』 ・・・ 平和だ~笑。 

店内入り口前・交流ひろばの天井にその姿が見えるようです♪

 

*******

そんな知らせに癒された午後、私は最近すっかりハマっている「ナスの辛子漬け」作りに勤しみました!失敗に失敗と失敗を重ね、最近、ようやく人様に味見をしてもらえるレベルまでになりました笑💦 失敗って大事!

ほうほく夢市場でおよそ2kgのナスを調達して、これは、塩とミョウバンを混ぜて4時間かけて水分を出しているところです🍆

びっくりするくらい水分が出ます!

ネットで検索すると、醤油ベース・味噌ベース・甘酒ベースなどなどいろんなレシピが出てきたんですが、まずは母のレシピ「焼酎ベース」でデビューしました。

ほうほく夢市場で新鮮なナスを安く購入できて本当に助かっています! 酷暑で食欲がない時も、辛子漬けでお茶漬けサラサラ♪ ごはんが進みますよ。

 

 

*******

今シーズン、粟野川の青海苔が不良で、残念ながら「青海苔羊羹」の製造を休止されている『 だるま堂 』さん(豊北町粟野)。食べられなくなると、あの緑色の羊羹がとっても恋しいものです・・・😢

そんな中、SNSで、だるま堂さんで「夏季限定・かき氷を食べた!」という投稿を多数見かけて、たまらず私も行ってきました !!!

 

だるま堂  特製 抹茶のかき氷 

作りたてという抹茶蜜の本格的な香りと味わいに、思わず目を閉じて悶絶してしまいました~✨ そのうえ!氷が極上でした! “ ふわっふわのふわっふわ ”

新型コロナの影響で、一時期はイートインを休止されていましたが、現在は復活しています!

老舗和菓子屋さんならではの「お抹茶かき氷」、推します👍

 

 

Processed with MOLDIV

油谷湾を眺めながら過ごせるイートインコーナーは、落ち着いた和の雰囲気です♪

 

 

8月気になるイベントは?

こんにちは。橋本です

先日のブログで紹介しました「サバー様」「サネモリ様」ですが、昨日の夕方ローカルニュースで放送されていたとの事!だからなのか、昨日の宵の口までいらっしゃった「サバー様」達が今朝はいらっしゃいませんでした。

どうやら夜の間に無事、移動されたようです。

今度はどこで目撃されるのでしょうか?

昨日までであれば、国道191号線の海ルートだと予測されていますが、もしかしたら国道435号線から滝部への山ルートかもしれません。もし見かけたら、地元の方は人知れず宇賀地区の海に向けて移動させてあげてくださいませ。また地元でない方はどうぞその長旅を見守ってあげて下しませ。

 

さて、道の駅豊北は8月は無休で頑張らせていただきます

今月のイベント&お買得情報と8月の月間奉仕品です。

気になるのは、夏休み期間中と言う事で、8月20日(土)・21日(日)にはお子さま(小学生以下)限定のイベントがございます。

道の駅ほうほくでは初めてするイベントなので、どんな催しなのか、私には全然わからない『ガチャガチャくじ』!

交流広場には業者さんが設置しているガチャガチャやクレーンゲームやルーレットゲームがあり、訪れるお子さま達がよくされているのを見かけます。景品もクオリティが高くなっているので大人でもついつい遊んでしまうようです。

『ガチャガチャくじ』!どんなのか今から楽しみです。

20日(土)12時~ 参加無料で小学生以下、先着50名様ですのでどうぞお早めにお越しくださいませ

月間奉仕品はコチラ

 

 

養殖鮮魚予約受付中(8月10日締切)

みなさま、こんにちは白石です。

いつの間にか8月ですね。暑い日が続くわけです。

さて、本日珍しい魚が入荷されていたので、紹介したいと思います。

ウシノシタです。

ウシノシタは、カレイ目ササウシノシタ科およびウシノシタ科の魚の総称です。ウシノシタ科に属する魚の総称としてはシタビラメ(舌平目)とも称されます。

煮付けや天ぷら、ムニエル等の調理法があるそうです。

お試しにお1ついかがでしょうか。

そして、ただいま道の駅ほうほくでは、お盆に備えて養殖鮮魚の予約受付をいた

しております。

今年もヒラマサ、タイ、シマアジ、ヒラメをご用意しております。

また腹開け、3枚卸、5枚卸、皮はぎについては予約されると無料で行います。
その他刺身3点盛【特牛イカ・タイ・ヒラマサ】(3人前・5人前)
寿司桶(24貫3人前・40貫5人前)などもご用意しております。

8月10日(水)までの受け付けとなりますので、お早めにご予約くださいませ。

ご予約は鮮魚コーナー・情報コーナーで承っております。

お電話でもOKです。 道の駅北浦街道豊北   ℡ 083-786-0111

ご予約分は「店頭受け渡しのみ」とさせていただきます。

お電話やメール等によるお取り寄せ・代金引換などの地方発送は承っておりませんので予めご了承ください。(当日、店頭で購入された商品の地方発送は情報コーナーで受付いたします)

夏の印象

皆さまこんにちは政村です。

 

豊北町は本日も快晴。駐車場からは雲も見えません。出て見上げるとクラっと来るような空です。この真夏日に皆さま本当にようこそ。直射日光と照り返し、そして停めた車内の暑さ。夏の思い出は、いつも熱いアスファルトに挟まれてます。そう考えると逆に、条件反射で駐車場からわくわくするように…なりませんかね。

 

屋内でも汗が滲むこんな日は生簀の魚が目にも涼しく、なんだか羨ましい感じもします。まあ、これから捌かれるんですが。そういえば、お盆の鮮魚予約は8/10締切です。

お盆前といえば精進料理やお供えに、カボチャの入荷が増えました。大小様々で、時には瓢箪型のバターナッツも。私は煮物よりも薄味に、油で炒めたりあんかけにするのが好きです。丸ごとは少し手間ですが、大変お買い得です。

 

最近入荷の多いものでは、いもの茎も沢山ございます。

煮ても焼いてもクセの無い素朴な素材。こう見えて芋本体に負けないくらい栄養豊富な部位だそうです。暑くても、炊いたご飯にかたい野菜など栄養補給は大事です。

 

暑い昼間は道の駅でどうぞごゆっくり。

山口県指定無形民俗文化財「北浦地方のサバー送り」

こんにちは。橋本です。

早くも8月になりました。夏休みも後1ヶ月!夏休みの宿題は終わりましたか?

先日、道の駅豊北に小学生高学年くらいの子が来られたのですが、自由研究で道の駅の事を調べているので教えてください。との事!

最近の小学生の夏休みの自由研究ってすごいなぁと、ちょっとビックリしました。私の小学生の頃は自由研究といったらカブトムシとか朝顔とかの観察だとかだった気がします。

ちゃんと自由研究に相応しい応答ができていたらいいな。とは思いつつも質問に答えさせていただきました・・・・。他の道の駅も調べているみたいでどんな研究発表になるのか頑張って欲しいです。

さて、数日前から豊北町のある場所に来られているサバー様、サネモリ様を発見しました。

『サバー様』『サネモリ様』とは何ぞや????と思われる方が多いかと思います。写真を見ても竹に藁つけた廃棄物のように見えるかもしれませんが、きちんと伝統に則って作成した藁人形です。

『サバー様』『サネモリ様』とは、「サバー送り」と言われる伝統行事になります。

「サバー送り」とは、「虫送り」とも言われ、田植え後に行われる稲の虫除けの習俗のひとつで農作物の害虫被害を防ぐための願掛けの行事でもあり、住民がリレー方式で地域外に送り出していくことで稲の害虫を追い払う伝統行事です。

「サバー様」は稲につく害虫「ウンカ」を神格化したもので、「サネモリ様」は「斉藤実盛」の事を示します。「斉藤実盛」は源平合戦で乗っていた馬が稲株に足を取られ転倒したところを敵に打ち取られ無念の死を遂げた為、打ち取られる原因となった稲株を恨み、実盛が稲を食い荒らす害虫(稲虫)になったと言われていて、そのため地域によっては稲虫(ウンカ)を実盛虫とも呼ばれているそうです。

出発は長門市東深川の飯山八幡宮。途中、豊北町に入ると海岸沿いルートと山間ルートと年によってかわるようですが、最終地点は宇賀地区に到着し、最終的に海に流されるそうです。因みに約50㎞の長旅になります。

昔から色々な言い伝えがあり、豊北町では「見つからないように運ぶと不幸にならない」というものがあったり、他の地域では、「ウンカを連れてくるので、見つけたら夜、人知れず動かすこと」「虫を付ける(虫を引き寄せ藁の中に封じる)ものだから1~2日は置いておかなければいけない」「自分の嫌いな人の家の前に置いてくる事」「長く置いておくとその家に不幸ごとが起きるが、早く動かせばその家に幸福が訪れる」などなど。

ただ「サバーさま」「サネモリさま」は誰にも分らないように「誰かの手によって」夜な夜な移動するようです。

色々ありますが、「サバー様」「サネモリ様」を移動せずに置いたまま朽ちさせてしまうと祟りがあるとされています。逸話もあり、朽ちさせた場所の稲が枯れたり、面白半分で悪戯したり蔑ろにした場合、大怪我をしたりと様々です。

害虫を神格化し具現化するこの「サバー送り」の形態は全国的にも珍しく山口県の無形文化財にも指定されています。

もし「サバー様」「サネモリ様」を目撃された方は、どうぞその長旅を見守ってあげて下しませ。

 

贈答用ほうほく梨「地方発送の受付はじめました」

こんにちは 中野です

今朝、白滝山の山頂には薄暗い雲がかかっていたんですが、特牛港へ着く頃には真っ青な空が広がっていました。 台風は近づかなかったはずなのに、昨日から数日ずっと風が強かったり、変なお天気ですね

今朝の特牛港(こっとい-こう)

イカ釣り漁船でしょうか、左手に見える特牛魚市場にはたくさんの船が戻っていました

 

少し近づいてみます 中央あたりが特牛魚市場・その上にあるのが生涯学習センターです。 

生粋の山育ちである私。波がある時は、港にとまって揺れている船を見るだけで酔いそうになりますが💦 今日は港が穏やかだったのでここまで近づけました笑   大きめの漁船がよーけありました

 

*******

売店・ほうほく夢市場では、ひと足お先に ほうほく梨「幸水」の販売が始まりました。形やサイズも様々で、例年通り ご自宅用やちょっとしたお土産用の簡易包装(ナイロン袋入り)で 並んでおります

 

そして、店頭販売とは別に、

本日、8月1日より、贈答用ほうほく梨の地方発送の受付もスタートいたしました !!

情報コーナー前に 地方発送受付コーナーをご用意しました。

ご希望の発送サイズを事前にレジでご精算後、情報コーナーで発送手続きをお願いいたします。(精算用のバーコードカードを置いております)

 

◇ 贈答用ほうほく梨「地方発送」のお知らせ事項 ◇

■ 情報コーナーで所定の申込用紙にて受付後、「豊北梨生産組合」さんから各地へ発送されます。注)道の駅からの発送ではありません。

■ お申込みされた日の直近の選果日が最短の発送日程となります。

大箱は「無地段ボール」での発送、 小箱・中箱は「化粧箱」での発送となります。

■ ご来店ではなくお電話での注文をご希望の場合は、直接、「豊北梨生産組合」さんへご連絡ください。豊北梨生産組合 ℡ 083-782-1503

 

本日より、まずは「幸水」の受付をしております。 すぐにおいでいただければ、最短で8月4日発送の見込みです!

ほうほく梨といえば、「幸水」「豊水」「あきづき」が大変人気の品種。 コロナ禍でなかなか会えていない大切な方への贈り物にもきっと喜ばれると思いますよ~♪