いろんな夏

皆さま

こんにちは!

特にどこにも行っていませんが・・・着実に肌が黒くなってきており・・・今年も美白とは無縁の菊地です 😀

 

さてっ!!!

本日から8月ですヽ(´▽`)/

いよいよ夏本番ッ!!海水浴にBBQ!キャンプなどアウトドアが一番楽しいシーズンがきましたね~♫

皆さまは海水浴行かれましたか?私は今年はまだ行けてません(´ε`;)

海水浴と言えば・・・

以前に道の駅メールマガジンにも書かせていただいたのですが、昨年の夏に土井ヶ浜で海水浴を楽しんでいましたら、後方から麦わら帽子をかぶり天然木?の杖をついたおじいさまが砂浜のへ降りて来ました。

 

 

そして私たちの目の前をさーーーーっと通過し・・・

 

 

 

そのまま海の中へΣ(゚д゚lll)

目がくぎ付けです(゚O゚)

『ま・まさか・・・(;゚Д゚)!という不安感と

『か・海水浴?(°д°)??』という気持ちでずーっと見ていました。

そのままそのおじいさまは、肩の高さ付近まで海に浸かった状態で土井ヶ浜の海の中を散歩?

土井ヶ浜は約1キロに渡り続く海水浴場なのですが・・・そのおじいさまは小さく見えなくなるまで、顔だけひょっこりと出したままず~っと遥か1キロ先まで歩き・・・

そしてUターン!

またこちらの方へ戻って来て・・・

ゆ~っくりペースを崩さず海から杖をつきながら姿を現し・・・

洋服から水を滴らせながら・・・

私たちの目の前を横切り、何事もなかったかのように階段を上り・・・

いなくなりました(笑)

暑さをしのぐための行動だったのでしょうね\(//∇//)\

いや~

東北ではまず見られない光景でしたので、唖然としてしまいました(笑)東北では準備体操やストレッチしてから海に入らないと低い水温で体がガチガチになって泳げなくなってしまいますので

天然のタラソテラピーを満喫したその杖をついたおじいさまがまるで『仙人』のように見えたひと時でした(笑)

しかし

昨年の海水浴で感じたことは・・・

水温が高い!!!まるでお湯そして透明度がすごいッ!!!東北の冷た~い夏の海で育った私にとってはもうパラダイスです(笑)

この辺の海水浴場は遠浅になっている場所が多く水温も高いでですが、東北の海は海流の関係で突然深くなる海水浴場が多く、海の水温は深くなればなるほど低く、潜ったりすると海面と海底の温度差に驚きます。岩手にいた頃、夏休みにはもちろん海水浴へ行くのですが・・・毎回鳥肌を立たせくちびるを紫色にさせながら泳いでました( ´艸`)懐かしい・・・

皆さま

話は変わりますが・・・

『やませ』って知ってますか?

東北沿岸部では夏になると海の水温に負けないくらいさぶ~い風の『やませ』が吹きます。この『やませ』がモア~っと出現し始めると・・・楽しい海水浴も一気に撤収モードにでもこの風が吹くと岩手独得の夏を感じるんですよね(笑)

『やませ』ってただの霧ではないんですよ~以前ブログでもスタッフが角島大橋にかかる『霧のイリュージョン』を紹介していましたが・・

やませは『もや~ッではなく、この辺の言い方で言うと『ひやいッなんです。

 

オホーツク高気圧から流れ込む冷たい海霧や下層雲を伴った北東気流ですので、と~ってもヒンヤリとした風なのです。この風が吹くことで農作物などが冷害になってしまうので別名『冷害風』『飢餓風』などと呼ばれることもあります。

上の写真を見てください。

『やませ』がすっぽりと山を覆ってます。『冷害風』『飢餓風』と呼ばれているやませも、こうして見ると幻想的です♫

岩手の夏は梅雨明け後本当にあっと言う間に終わってしまうので、晴れた日はいつも海で遊んでいました(笑)少しくらいの『やませ』だったら、ブルブル震えながらでも・・・夏を満喫してました(笑)

 

それに比べたらこの辺の海沿いは本当にパラダイス←しつこい(笑)

遠方からはるばるこの辺の海水浴場を訪れるお客様の皆さまの気持ちがわかります

本日もたくさんのお客様からお問い合わせいただき海水浴情報や観光案内をさせていただきました。

今後猛暑続きとなり、ますます海水浴場へ足を運ばれるお客様も増えることでしょうね♪きっとお盆期間中はとても賑やかな海水浴場になりそうです

皆さまも・・・豊北町で天然タラソテラピーいかがですか\(//∇//)\

海水浴場情報や豊北町とこの近隣の観光情報を知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいね♪

☆豊北町観光協会(道の駅北浦街道ほうほく 内)
☎ 083-786-0234

☆道の駅北浦街道ほうほく
☎083-786-0111

☆下関市役所豊北総合支所 地域政策課
☎083-782-1914

以上

連日の猛暑っぷりで、岩手のちょっとひや~い夏を懐かしむ菊地がお届けいたしました(´ω`)