重ねた思い

みなさま、こんにちは白石です。

本日3月4日はバウムクーヘンの日です。

1919年(大正8年)3月4日に広島県でドイツ人のカール・ユーハイム氏がドイツの伝統菓子のバウムクーヘンを出品。これが日本におけるバウムクーヘンの始まりであることから、ユーハイム氏を創業者とする神戸市に本社を置く株式会社ユーハイムが制定しました。ユーハイムのバウムクーヘンはその「まっすぐなおいしさ」と「こだわりの技術と材料」によって多くのファンを獲得しています。

ということで今回は道の駅北浦街道豊北で販売しているバウムクーヘンを紹介したい

と思います。

まずは、鶏卵せんべいでお馴染みの深川養鶏農業協同組合さんの「おすそわけプチク

ーヘン」です。

おすそわけプチクーヘンは平飼いたまごを使用しています。

平飼いたまごとは鶏本来の習性を生かした養鶏方法です。このため、ストレスが少な

く良質な美味しさが特徴となっています。

次に出雲ファームさんの「とりたまバウム」です。

山口県の米粉と農場の卵をたっぷり使って焼き上げた、たまごの風味豊かなバウムク

ーヘンです。

小麦粉は使用していないグルテンフリー商品となっています。

興味のある方はぜひお一ついかがでしょうか。

また、先日道の駅では職員のHACCPについての研修や人間力を高める研修が行われま

した。

Processed with MOLDIV

HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」

「Control(管理)」「Point(点)」という言葉の略語で、食品を扱ううえでの安全を

確保するための管理方法を学びました。

人間力を高める研修では、報告・連絡・相談などの基本的な事や仕事における心構

え、コミュニケーションの大切さについて改めて学びました。

これからもお客様のために精進して参りたいと思います。

宜しくお願い致します。

3月10日(火) 定休日のお知らせ

3月 10日(火)は 定休日 と させていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒 よろしくお願い申し上げます。

 

《2019.3.24 開駅7周年記念式典にて》