うなる様な美味しさ

みなさま、こんにちは白石です。

本日7月26日はうな次郎の日です。

新潟県新潟市に本社を置き、水産練り製品の製造販売などを手がける一正蒲鉾株式会社が制定しました。うなぎの蒲焼きをイメージした魚のすり身で作った練り製品の「うなる美味しさうな次郎」をより多くの人に味わってもらうのが目的です。日付は7月26日を0726と見立てて「う(0)な(7)次(2)郎(6)」と読む語呂合わせからです。夏の土用の丑の日も近く、「うなる美味しさうな次郎」を食べて、精をつけてもらいたいとの願いも込められています。

ということで、練り製品つながりで練り物を紹介したいと思います。

道の駅北浦街道豊北では色々な練り製品を販売しております。

今回は一部の商品を紹介したいと思います。

奥野寿久商店のふくっ子です。

下関ブランドにも認定されている、下関のお土産の定番です。ふぐスープ仕立てで通常のちくわよりも味が濃くなっています。
小さめの食べやすいサイズでかわいいパッケージに個包装されていますので、お子さんにも大人気です。おやつやビールのおつまみにいかがですか。

村田豊商店のかぐや姫です。

上品で華やかな味わいはかぐや姫の名にふさわしいミニチクワです。周りの焼皮も柔らかく、プリっとした食感が特徴です。おでんや鍋物の具材に使用しても、しっかりとした食感と味が残りますのでおすすめです。

興味のある方はご覧くださいませ。