ふくを食べよう

皆様こんにちは、平田1号です。

本日は11月29日ということで、
全国的に「いい肉の日」のごろ合わせが有名ですが、
ここ、下関市ではお肉よりもこちらの食材で盛り上がっております!

そう、ふく(河豚)です!

本日下関市では、「いいふくの日」ということで、
日本最大級のふぐの銅像「世界一のふくの像」が見守る下関・亀山八幡宮
などでも、イベントが行われております!

下関市民としてはふぐを”ふく”と呼ぶことには何の違和感もないのですが、
他県の方などにはあまり馴染みがなく、ふく?ふぐじゃないの?
などと言われます。しかしふぐには他にもいろいろな地方名があり、
大阪では、当たるといけないことから”鉄砲”などと呼ばれたり、
当たると十回転んで倒れるほど苦しむことからジュッテントン
なんて呼び方もされているようですね。
どちらかと言えばマイナスなイメージの名前がついていますが、
千葉県では、滅多に当たらないことから”トミ”と富くじから
名づけられたりと、他にも様々な呼び方が存在しています。
これもひとえにふぐの美味しさと当たった際のリスクの強烈さが
イメージとして強く出ているからではないでしょうか。

そんな”ふく”も今では身近に、安全に食べることができ、
道の駅ほうほくにも、多くのふく商品を販売しております!

定番と言えばお刺身ですが、
その他にもから揚げやふく皮、ひれ酒等々
ふくの楽しみ方は色々ですね。
さらにこんな商品もございます。

ふくのだし醤油が作れるというこちらの商品
中にトラフグの骨が入っており、お好みの醤油を中に入れるだけで
ふくのだし醤油を楽しむ事が出来るというもの。
さっそくお醤油をいれて、もうひとつは少しだけ長門ゆずきちを絞り、
酢醤油にしてみました。


少し時間を置くとよりだしが染み出してくるので、ぜひお好みの
ふぐ醤油をお楽しみくださいませ!