大正月から小正月へ

みなさま、こんにちは白石です。

本日1月15日は小正月です。

7日までの松の内を「大正月」といい、15日を「小正月」といいます。松の内を忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、「女正月」という地方もあります。

一般的な小正月の日程は、1月15日、または1月14日~16日の3日間にわたるとされています。

小正月の行事は地域によって正月よりも多種多様だとされています。

小正月の行事で最も知られているのが、「左義長」や「どんど焼き」などと呼ばれる火祭りです。

左義長やどんど焼きでは、正月飾りなどを焼く火で餅や団子を焼いて食べる習慣が見られます。

ということで今回はお餅ではなく「左義長」や「どんど焼き」の時にもピッタリなサ

ツマイモを紹介したいと思います。

鳴門金時です。

昔ながらのホクホクとしていて甘味が強く、特に焼き芋にするとおいしいさつまいもです。

ホクホク食感に少しのしっとり感。スッキリした甘さで、ザ・焼き芋といった味です。

紅はるかです。

紅はるかは近年のやきいもブームを引き起こした火付け役と呼ばれる品種で、しっとりとした肉質とその甘さが人気の秘訣です。

糖の香りが他とは比べ物にならないくらい香ばしく食欲をそそります。

シルクスイートです。

シルクスイートはその名の通りシルクのような滑らかな食感がある品種です。

糖度としては、そのほかの品種よりも低いものの、その滑らかな舌触りによって甘さを感じやすくなっているのが特徴です。

焼き芋の手間が億劫という方には、ほうほくファーマーズサポートさんの石焼き芋が

お勧めです。

ご自身で焼かれてみて、芋の食べ比べ等をされてみてはいかがでしょうか。

また、本日は2023年 年賀状お年玉当選番号の発表予定日です。

道の駅北浦街道豊北では1月21日(土)、22日(日)に独自の年賀状お年玉プレゼン

トを実施します。

該当の年賀状をお持ちの方はぜひ、1月21日(土)、22日(日)にお忘れなくお越し

くださいませ。