万葉集にも登場! 角島わかめ販売中!

皆様こんにちは、平田1号です。

新元号の発表からしばらくたち、
「令和」の文字をニュース以外の日常でも見かける機会が
少しずつ増えてきましたね。

今回は万葉集からの出典ということで話題になりましたが、
実はこの豊北町にも万葉集と縁のある場所がございます。

角島の迫門(せと)の稚海藻(わかめ)は人のむた
荒かりしかどわがむたは和海藻(にきめ)

そう、角島のわかめを詠んだ歌ですね。

このやわらかなわかめを若い女性に見立てた歌の
歌碑は現在角島小学校の運動場の傍にございます。

豊北町にも令和の波が訪れるでしょうか!?

さて、そんな角島産のわかめは今が旬です!

鮮魚コーナーでも販売していますこちらの
塩蔵わかめは
真水で5分ほど戻してから調理にお使いください。

お刺身のつまやお味噌汁などに入れてもおいしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です