あえてのお塩

みなさま、こんにちは白石です。

毎月17日は減塩の日です。

特定非営利活動法人 日本高血圧学会が制定しました。高血圧の予防や治療において大切な減塩をより多くの人に実践してもらうのが目的です。日付は世界高血圧連盟が制定した「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」の5月17日から、一年を通じて減塩を進めることを目指して毎月17日としました。

減塩の日という事ですが、今回はあえてお塩について紹介したいと思います。

今回紹介するのは百姓庵さんのお塩です。

百姓庵さんの「百姓の塩」はおにぎりが引き立つ塩10選にも選ばれました。

山口県の日本海側の豊かな森に囲まれた油谷湾の海水で作ります。立体式塩田と平釜で約20日かけて海水を濃縮、結晶化。よく混ぜてミネラル成分を整え、杉だるで3日間寝かせて仕上げます。

油谷湾には川が2本流れ込み、海と森の栄養分が混ざり合う汽水域があります。同じ海水を使っているようでも春には春の野山があるように海もまた四季により異なる味の塩ができるため、春夏秋冬ごとに折々の味があります。

減塩の日ではありますが、普段と違うお塩を味わってみてはいかがでしょうか。

興味のある方はぜひお手に取りご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です