ビール純粋令

みなさま、こんにちは白石です。

本日4月23日は地ビールの日です。

日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が平成11年に定めました。この日は、ドイツの「ビール純粋令」が施行された日で、ドイツの「ビールの日」にもなっています。

「ビール純粋令」とは、1516年4月23日、現在のドイツ南部に位置していたバイエルン公国で発布されたビールに関する法令。質の悪いビールが横行していることを憂いたバイエルン候によって、ビールの醸造や販売について細かく定められました。

「ビール純粋令」に書かれてあるのが、「ビール醸造には、大麦、ホップ、水以外の原料を使用しないものとする(16世紀半ばに酵母が追加される)」というビールの原料に関することです。この純粋令は、その後もドイツ・バイエルン地方で継承され続け、発布から500年が経とうとしている今でも、ドイツでは大切に守られビール造りが行われているそうです。

今回は道の駅北浦街道豊北で販売されている地ビールについて紹介したいと思います。

角島ビール

角島ビールにはペールエール・ピルスナー・スタウトの3種類があります。

ペールエールはポップな香りが特徴。ピルスナーはさわやかな飲み口が特徴。スタウトはコクのある黒ビールが特徴です。

ちょんまげビール

ちょんまげビールにはペールエール・アルト・ウィートの3種類があります。

スタンダードなペールエール。重厚な味わいのアルト。フルーティーで飲みやすいウィート。

興味のある方はぜひ飲み比べをされてみてはいかがでしょうか。

ぜひお手に取りご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です