パルフェなデザート

みなさま、こんにちは白石です。

本日6月28日はパフェの日です。

フランス語で「完全な」を意味する「パルフェ」からその名をとったとされるデザートの「パフェ」です。その美味しさ、美しさ、オリジナリティの豊かさをより多くの人と楽しみたいとパフェの愛好家が制定しました。日付は同じように「完全」を意味する「パーフェクトゲーム」がプロ野球史上初めて達成された日(1950年6月28日)にちなんで。パフェに使われるメロンなどの果実が出回る季節でもあるからです。

そもそもパフェやサンデー、アラモードとはどの様なものでしょうか。

諸説ありますが、パフェはフランス生まれのデザートで、アイスクリームにソースや冷やした果物を添えて皿で提供されるデザートです。

日本のパフェはコーンフレークや生クリーム、フルーツなどいろんなものが盛ってありますが、元祖「パルフェ」はあくまでアイスクリームがメインと言われています。

サンデーは1890年頃にアメリカで誕生したデザートで、アイスクリームにソーダの代わりにチョコレートソースをかけたのが始まりのようです。
日曜日にクリームソーダの代わりにサンデーが販売されたのが由来だそうです。

アラモードはフランス語で、「流行」「最新の」「現代風の」「洗練されたもの」という意味を持つ言葉です。
このため、プリンにクリームやフルーツが添えられたプリンアラモードは、出てきた当初は最新流行のスイーツだったためアラモードという名前になりました。
ちなみにプリンアラモードの発祥は日本で、神奈川県横浜市にある高級ホテルのパティシエが考案したデザートと言われています。

今回紹介するのはそんなパフェにピッタリなフルーツです。

道の駅北浦街道豊北初入荷のモモです。

そのまま食べても美味しく、食べた瞬間ジューシーな果汁があふれ出しパフェとの相性も抜群です。

スモモです。

甘味とほどよい酸味のバランスのいい味わい。さらに、引き締まった実と皮も食べられるのも魅力です。

スイカです。

爽やかな後味とアイスクリームと絶妙なハーモニー。見た目も抜群です。

興味のある方はぜひお家でパフェなどを作ってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です