意外と知られていない下関市が水揚げ一位のアノ高級魚!!

おはようございます。橋本です

大型で非常に強い台風10号が近づいてきています。

今のところ豊北町は青空が見えていて、台風接近が嘘のような天気となっています。ですが、山口県に一番近づくのは今日の夜から明日にかけてなので、夕方頃には雨風が強まってくるかもしれません。十分にお気を付けくださいませ。

先日よりお知らせしていますが、大型台風10号の接近に伴い、明日9月7日(月)臨時休業とさせていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

さて、今日は何の日?で検索してみると月日の語呂がいいのか沢山の『〇〇の日』がでてきました。

9(く)と6(ろ(ろく))で黒にまつわるものが多いようで、『黒の日(黒染め)』『黒飴の日』『カラスの日』『黒にんにくの日』『鹿児島黒牛・黒豚の日』『黒い真珠 三次ピオーネの日』『黒豆の日』『のどぐろ感謝の日』などなどがあれば、変わり種で『キョロちゃんの日(森永チョコボールの日)』や何故か誕生日でもないけれど『松崎しげるの日』にもなっています。

この中で今日紹介するのは『のどぐろ感謝の日』です。インターネットなど注釈を読むと、

『のどぐろ感謝の日』は島根県出雲市に本社を置き、寿司や水産加工食品の卸・販売業務、居酒屋の経営などを手がける有限会社日本海が制定した日で、島根県浜田市では「ノドグロ」の名称で市の魚にも指定されているそうです。そして、「赤いダイヤモンド」の異名を持つ高級魚。味は独特の上品な味わいで、焼いても煮ても美味しい。季節を問わず脂が乗っていて、「白身のトロ」と称されることもある。ご飯にもお酒にも相性の良い魚です。

こんな感じで結構、「のどぐろ」=島根県、と思われがちですが、実は、のどぐろの水揚げ全国一位はなんと下関市なんですよ~

なので、下関でも「のどぐろ(下関ではアカムツとも呼んでいます)」の加工食品など数多くあり、道の駅ほうほくでも色々な「のどぐろ」の商品を販売しています。

それがコチラ

「釜飯の素」や「みそ汁」、「お茶漬け」や「出汁塩」「のどぐろ入りの海苔の佃煮」や「せんべい」など「のどぐろ」がギュッとつまった商品です

さらに、「のどぐろ」そのもの!!を一夜干しにした旨みがギュッと詰まった道の駅ほうほくオリジナル商品もご用意しています。

お立ち寄りの際はぜひお買い求めくださいませ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です