参考までに

今日も良いお天気で暑くなりそうです。
観光日和ですね。こんにちは。大下田です。
この時期過ごしやすいので
お出掛けされる方も多いかと思います。
県外から角島に来られる方でどのように観光したらいいのか
わからないっって話をたまに聞きます。

そこで私が思う
観光コースをご案内いたします。

九州の方面から車で来られると仮定いたしまして
まず、下関の『唐戸市場』で新鮮な魚介を堪能。

191号線を上り『道の駅ほうほく』へ。
ここでお土産を買ったり、少し休憩を。
お食事も『レストランわくわく亭』で新鮮な魚介類を頂けます。

Processed with MOLDIV

展望テラスからは角島大橋が見えます。
角島を眺めながらのお食事は格別です。

そして角島へ。
角島大橋の手前、左側にある少し高台の
『海士ヶ瀬(あまがせ)公園』より
角島とコバルトブルーの海と橋の写真をパチリと。
※駐車場は右側にあります。下の写真は反対側から撮った写真です。

角島でも新鮮な魚介などいただけますし
お土産屋さんもあります。
スィーツなどここでしか食べれないものをいただきます。

一番奥にある灯台に上って角島の全貌を上から眺める。

『牧崎風の公園』で放牧された牛を見物。

夏であれば角島のビーチで海水浴ですね。
『角島サイクルポート』で自転車を借りて
汐風をあびながら島内を自転車でまわるのも
気持ちがいいですね。

角島の次はお隣の長門市の『元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)』へ。
角島から車で45分くらいかかります。
123基の鳥居が100m以上続く景色は素晴らしいです。
角島に来た際には少し遠いですが一緒に見ておくべきだと思います。

お時間に余裕があれば
萩の城下町にも行きたいものです。


萩にはどこまで乗っても¥100の『萩循環まぁーるバス』が
ありますので観光には便利です。^^

萩の道の駅『萩しーまーと』もおススメです。
沢山の海産物・特産品でにぎわっています。
萩まで来たら萩焼も体験したいですね。

帰りに川棚で本場『たかせの瓦そば』いただきます。

以上、簡単ではありますが
私が観光するならこんな感じです。
食いしん坊ですね~w

帰りには体重が2~3㎏増えてるかもしれません。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です