納豆菌

 

本日ユナの入荷がございます。
サッと湯出てポン酢で頂きたいですね。
鮮魚コーナーのぞいてみられてください~
こんにちは。大下田です。

さて
皆さま、納豆好きですか?食べてますか?
無理に食べる必要もないのですが。
好きで毎日食べてた時がありました。
食べ過ぎてあきるパターンです。

 

納豆の栄養について(参考まで)

骨の健康づくりに欠かせない【ビタミンK】
納豆に含まれるビタミンKは、骨の形成に必要であり、骨の健康づくりには欠かせません。ビタミンKは緑黄色野菜や海藻類などにも含まれますが、納豆の含有量は100gあたり600μgとトップクラスです。ビタミンKは通常の食生活を送っていれば不足することがないといわれていますが、納豆や野菜、海藻類を食べないなど食事の偏りがある方は意識して摂りましょう。ビタミンKは脂溶性ビタミンの1種で、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。ですが納豆自体に脂質が含まれるため、無理に油と組み合わせずに、そのまま食べていいでしょう。

血糖値&血中コレステロール値低下を期待【食物繊維】
納豆に含まれる食物繊維を摂ることで、血糖値やコレステロール値のコントロールに役立ちます。納豆には100gあたり食物繊維が6.7g含まれます。食物繊維といえば、レタスやごぼうなどの野菜のイメージがありますが、納豆の食物繊維の量は、レタスの約6.1倍、ごぼうの約1.2倍です。食物繊維は食後の血糖値の急激な上昇を穏やかにしたり、血中コレステロール値を下げたりする働きがあり、生活習慣病の予防に欠かせません。ほかにも腸内環境を整えてくれる働きもあるので、便秘が気になる方にもおすすめです。

貧血予防に欠かせない【鉄】
鉄は鉄欠乏性貧血を防ぐのに欠かせない栄養素で、とくに鉄が不足しがちな女性はしっかり補いたいもの。納豆には100gあたり3.3mgの鉄が含まれます。納豆は毎日取り入れやすい食品でもあるので、鉄の補給にはぴったりです。納豆に含まれる鉄の多くは「非ヘム鉄」といい、動物性たんぱく質やビタミンCと合わせて摂ることで吸収されやすくなります。鉄をムダなく摂るなら、納豆単体でとるよりも、卵や肉、魚などのたんぱく質、野菜や果物などのビタミンCを含む食材と組み合わせてとるのがおすすめです。

👇 こちらの商品、納豆好きとして気になりましたので
購入して食べました。

『納豆おこし』

予想よりも美味しかったので
さらに一袋おかわり買いましたw

納豆の味がして甘くてカリカリの食感!
噛んでいると少し粘りが出てきます。
納豆のクセみたいなものは一切ありませんでした。
納豆嫌いでも美味しくいただけるのではないかと思います。

納豆菌がお菓子で摂取できるとかすごいですね!
これならポケットにいれて
出先でちょっと食べるとかできていいです。

 

ほうほく夢市場にて販売中です

 

納豆菌」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です